Charles Hoskinson「Cardanoは氷山のような存在」近日中に重大発表か

by BITTIMES

カルダノ(Cardano/ADA)の共同設立者であるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は2020年2月22日のツイートで、近日公開予定の新たなプロジェクトに取り組んでいることを明かし、今後2ヶ月の間に重大な発表が行われることを示唆しました。

こちらから読む:報酬機能付きウォレットをアップデート「Cardano/ADA」関連ニュース

「今後2ヶ月はワイルドに」チャールズ・ホスキンソン

Charles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は2020年2月22日のツイートで、新たな製品公開に向けてプロダクトマネージャーと話し合いを進めていることを報告し、このプロジェクトに対する強い自信を示しました。

同氏は『カルダノは"氷山"のようなものである』と述べており、『まだ目には見えていない多くのものが今後大きな影響をもたらしていくだろう』と語っています。

私が今一番楽しみにしているのは「進捗状況、新しいアイデア、近日中に市場に登場するもの」などについてプロダクトマネージャーと話をする機会があることです。

カルダノは氷山のようなものです。目に見えない部分はたくさんありますが、すぐに大きな影響を与えることになるでしょう。今後2ヶ月間はワイルドになります!

カルダノプロジェクトは現在も順調に開発が進められており、先日20日にはCardanoが採用しているコンセンサスアルゴリズム「Ouroboros(ウロボロス)」が「OBFT(Ouroboros Bizantine Fault-Tolerant Consensus Protocol)」へと正常にアップデートされたことも発表されています。

さらにカルダノは技術開発以外の分野にも力を入れており、最近ではカルダノブロックチェーンの商用化に向けて世界4大会計事務所の1社として知られる「PwC」と連携していくことや、Cardanoを基盤とした新たな金融商品の展開に向けてスイスの金融機関「GenTwo AG」と協力していくことなども発表されています。

現時点ではホスキンソン氏がどのようなプロジェクトに取り組んでいるかについては明らかにされていませんが、近日中には新たな発表が行われると予想されるため、今後の発言にも注目が集まっています。

2020年2月24日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は今月17日に6.32円付近まで下落したものの、その後は横ばいの状態が続いており、2020年2月24日時点では「1ADA=6.82円」で取引されています。

ADAを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2020年1月25日〜2020年2月24日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2019年1月25日〜2020年2月24日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインの検索量は減少してもビヨンセよりも大きい

ビットコインの検索量は減少してもビヨンセよりも大きい

【Cardano/ADA】Goguen期の「ロードマップ」公開|ERC-20コンバーターなどの紹介も

【Cardano/ADA】Goguen期の「ロードマップ」公開|ERC-20コンバーターなどの紹介も

ビットポイント「最大11,000円相当のBATがもらえる」上場記念キャンペーン開催

ビットポイント「最大11,000円相当のBATがもらえる」上場記念キャンペーン開催

トロン(TRON/TRX)DApps開発促進に向けた「支援プログラム」を開始

トロン(TRON/TRX)DApps開発促進に向けた「支援プログラム」を開始

仮想通貨マイニング機能搭載!格安スマホ「M1」発表:エレクトロニウム

仮想通貨マイニング機能搭載!格安スマホ「M1」発表:エレクトロニウム

TRON CEO:環境問題訴えるグレタ・トゥーンベリ氏に「1億円」を寄付

TRON CEO:環境問題訴えるグレタ・トゥーンベリ氏に「1億円」を寄付

注目度の高い仮想通貨ニュース

【BINANCE】株式トークン取引サービス「Stock Tokens」提供開始|Tesla株から取扱い

【BINANCE】株式トークン取引サービス「Stock Tokens」提供開始|Tesla株から取扱い

ビットコイン価格「30分で100万円近く急落」主要アルトコインも大幅下落

ビットコイン価格「30分で100万円近く急落」主要アルトコインも大幅下落

FXトレーダーが次々と仮想通貨に参入する理由と仮想通貨トレードの魅力

FXトレーダーが次々と仮想通貨に参入する理由と仮想通貨トレードの魅力

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

カルダノ財団×セーブ・ザ・チルドレン×COTI「ADA Pay」でアフリカの子どもたちを支援

カルダノ財団×セーブ・ザ・チルドレン×COTI「ADA Pay」でアフリカの子どもたちを支援

double jump.tokyo:Flowブロックチェーン関連で「DapperLabs」と提携

double jump.tokyo:Flowブロックチェーン関連で「DapperLabs」と提携

Coinbase Pro:ステーブルコイン「Tether(USDT)」取扱いへ|合計6ペアを追加

Coinbase Pro:ステーブルコイン「Tether(USDT)」取扱いへ|合計6ペアを追加

Coincheck NFT × CryptoSpells「50枚限定のゴールドカード」5月13日に販売開始

Coincheck NFT × CryptoSpells「50枚限定のゴールドカード」5月13日に販売開始

米TIMEマガジン「暗号資産の説明動画制作」でGrayscaleと提携|BTC保有の報告も

米TIMEマガジン「暗号資産の説明動画制作」でGrayscaleと提携|BTC保有の報告も

デジタル通貨・CBDCをテーマにした「無料オンライン特別講座」開催へ:コインチェック

デジタル通貨・CBDCをテーマにした「無料オンライン特別講座」開催へ:コインチェック

米金融大手State Street:暗号資産取引プラットフォーム「Pure Digital」に技術提供

米金融大手State Street:暗号資産取引プラットフォーム「Pure Digital」に技術提供

シカゴ・マーカンタイル取引所「マイクロビットコイン先物(MBT)」提供開始

シカゴ・マーカンタイル取引所「マイクロビットコイン先物(MBT)」提供開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す