Cardano財団:ADA建て金融商品展開に向け「GenTwo AG」と協力

by BITTIMES   

カルダノ財団(Cardano Foundation)の会長であるNathan Kaiser(ネイサン・カイザー)氏は、2020年1月23日にスイス・チューリッヒに拠点を置く金融機関「GenTwo AG」と協力して"新たな金融商品"を展開していく計画を明らかにしました。

こちらから読む:技術開発ランキングで"1位"獲得「Cardano/ADA」関連ニュース

「ADA建てストラクチャード・ファイナンス製品」提供へ

「カルダノ財団(Cardano Foundation)」と「GenTwo AG」は、スイスで開催された世界経済フォーラム(WEF)で話し合いを行い、Cardanoの技術に基づいた基本的なインフラストラクチャを作成して、新しい金融商品を市場に投入していく目的で協力していくことを決定したと伝えられています。

先日23日にYouTubeに投稿された動画の中でNathan Kaiser(ネイサン・カイザー)氏は次のように語っています。

カルダノは"ADA建てのストラクチャード・ファイナンス製品(*1)"提供に向けた第一歩を踏み出しました。可能性のある証券化の仕組みについて「GenTwo」と話し合いを行なった結果、"将来展開されるADA関連製品のための基礎構造を構築する"という結論に至りました。
(*1)ストラクチャード・ファイナンス:証券化などの仕組みを利用して資金調達を行う手法のこと。

カルダノ財団が協力する「GenTwo AG」とは

GenTwo-AG-logo

「GenTwo AG」は、新しいアプローチを取ることによって従来の金融商品の問題点を解決するための取り組みを行なっている企業であり、銀行の資産を含めた様々な資産を証券化しつつ、発行者が最小限の価格・リスクでそれらの証券を発行できる環境を構築しています。

「カルダノ財団」と「GenTwo AG」が行なっていく今後の取り組みの具体的な内容などについては明らかにされていないものの、「GenTwo」との協力によって今後はCardanoの技術を活用した金融関連商品が展開されていくことになると期待されます。

Cardanoはここ数ヶ月間で様々な業界に進出しており、昨年10月に世界的に有名なシューズメーカーである「New Balance(ニューバランス)」と協力して"真贋判定用システム"のテストを開始したことが発表されているほか、Cardanoの公式商業化部門である「EMURGO(エマーゴ)」の取り組みによって、ゲーム業界でCardanoの技術を導入していくことなども発表されています。

>>「GenTwo AG」の公式サイトはこちら

2020年1月27日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は先月18日に3.43円近くまで下落したものの、その後は順調に回復してきており、2020年1月27日時点では「1ADA=4.89円」で取引されています。

ADAを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年11月28日〜2020年1月27日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2019年11月28日〜2020年1月27日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

大手ファンドMorgan Creekが「XRP・XLM」を除外する理由|Mark YuskoCEOが説明

大手ファンドMorgan Creekが「XRP・XLM」を除外する理由|Mark YuskoCEOが説明

仮想通貨交換業者「Bitgate」を子会社化:株式会社D.H.G

仮想通貨交換業者「Bitgate」を子会社化:株式会社D.H.G

ブロックチェーンスマートフォン「XPhone」を発表 ー PundiX

ブロックチェーンスマートフォン「XPhone」を発表 ー PundiX

カナダ天然資源省:ブロックチェーン基盤の「電気自動車充電管理プロジェクト」に資金提供

カナダ天然資源省:ブロックチェーン基盤の「電気自動車充電管理プロジェクト」に資金提供

シンボル(Symbol/XYM)スナップショット&公開日「2021年1月」に決定【NEM/XEM】

シンボル(Symbol/XYM)スナップショット&公開日「2021年1月」に決定【NEM/XEM】

Twitterアカウントで「送金相手の事前確認」が可能に:Unstoppable Domains×Chainlink

Twitterアカウントで「送金相手の事前確認」が可能に:Unstoppable Domains×Chainlink

注目度の高い仮想通貨ニュース

米SEC:暗号資産の証券登録に「3年間の猶予期間」与える提案の最新版を公開

米SEC:暗号資産の証券登録に「3年間の猶予期間」与える提案の最新版を公開

Ripple社:東南アジアで事業拡大へ|国際送金企業「Tranglo社」の株式40%を取得

Ripple社:東南アジアで事業拡大へ|国際送金企業「Tranglo社」の株式40%を取得

NFTを活用したいクリエイターを全面支援「NFT Infinity」開始:80&Company

NFTを活用したいクリエイターを全面支援「NFT Infinity」開始:80&Company

CoinBest(コインベスト)「iPhone版の暗号資産取引アプリ」提供開始

CoinBest(コインベスト)「iPhone版の暗号資産取引アプリ」提供開始

Jump Trading:スポーツ関連仮想通貨プロジェクト「Chiliz」に投資|CHZ価格も上昇

Jump Trading:スポーツ関連仮想通貨プロジェクト「Chiliz」に投資|CHZ価格も上昇

【Coincheck NFT】The Sandboxの仮想土地「LAND」発売へ|合計33個を販売予定

【Coincheck NFT】The Sandboxの仮想土地「LAND」発売へ|合計33個を販売予定

ビットポイント:トロン(Tron/TRX)がもらえる「口座開設キャンペーン」開始

ビットポイント:トロン(Tron/TRX)がもらえる「口座開設キャンペーン」開始

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アメリカ最古のワインショップ「仮想通貨決済」対応へ|BTC・ETH・DOGEなど7銘柄

アメリカ最古のワインショップ「仮想通貨決済」対応へ|BTC・ETH・DOGEなど7銘柄

BINANCE:コインベースの株式トークン「Coinbase Stock Token(COIN)」取扱いへ

BINANCE:コインベースの株式トークン「Coinbase Stock Token(COIN)」取扱いへ

Facebook利用者5億人分の個人情報が「ネット上で無料公開」仮想通貨保有者も要注意

Facebook利用者5億人分の個人情報が「ネット上で無料公開」仮想通貨保有者も要注意

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年3月21日〜27日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年3月21日〜27日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す