仮想通貨取引所FCoin「サービス再開」に向けた方針を発表

by BITTIMES

経営状況の悪化によって顧客資産の返済に1年〜3年ほどの期間がかかると発表していた中国の仮想通貨取引所「FCoin」は、2020年2月27日に"事業再開"に向けた取り組みを行なっていく方針を明らかにしました。

こちらから読む:京都府警、仮想通貨関連で会社員の男性逮捕「仮想通貨」関連ニュース

FCoin・FMex再開に向け「事業再開グループ」立ち上げ

FCoinは今月14日に財務上・システム上の問題が重なったことなどによって同社が経営難に陥っていることを報告し、顧客から預かっている仮想通貨の返却に1〜3年ほどの期間がかかる可能性があることを報告していましたが、本日27日に公開された記事では停止されている仮想通貨取引プラットフォーム「FCoin」と「FMex」のサービス再開に向けた作業を進めていく方針が明かされています。

具体的な取り組みとしては「会社の委員会メンバー」や「コミュニティメンバー」を中心に構成された"事業再開グループ"を立ち上げた後に最適な技術ソリューションを使用してできるだけ早く「FCoin」と「FMex」の運用を再開し、顧客資産の問題に関する対応をいち早く策定してコミュニティに公開すると説明されています。

また、これらの作業が完了した後には「FCoin」のWebサイト運営自体をコミュニティに完全移管するとも説明されています。

「FCoin」は今後の取り組みを通じて返却できていない顧客資産を全額返却していく意思を語っていましたが、今月18日頃には顧客資産の出金ができなくなっている状況の中で同社のコールドウォレットに保管されていたビットコインが複数の取引所に出金されていたことが発覚していたため、一部では「投資家の資金を持ち逃げする"出口詐欺"の可能性がある」と指摘する意見も出ていました。

しかし今回の発表では、同社の"サービス再開を目指す姿勢"が示されているため、今後も継続的にプロジェクトの進捗が報告されていくと予想されます。「FCoin」の対応に関する最新情報は以下の公式サイトで確認することができます。
>>「FCoin」の公式発表ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

CoinGecko:カルダノ上のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」の情報追加

CoinGecko:カルダノ上のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」の情報追加

「ビットコインは詐欺ではない。しかし心配だ」グリフィン氏

「ビットコインは詐欺ではない。しかし心配だ」グリフィン氏

ブロックチェーンで暴動のない大統領選の実現へ|ケニア選挙管理委員会(IEBC)

ブロックチェーンで暴動のない大統領選の実現へ|ケニア選挙管理委員会(IEBC)

XRPを購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

XRPを購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

コインチェック:暗号資産積立の「法人向けサービス」提供開始

コインチェック:暗号資産積立の「法人向けサービス」提供開始

Magic Eden:イーサリアムNFT利用者に「ダイヤモンドリワード」を配布

Magic Eden:イーサリアムNFT利用者に「ダイヤモンドリワード」を配布

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説