ビットコイン、抵抗線突破なるか|FRB発表後「75万円」まで回復

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は先日23日に「連邦準備理事会(FRB)」が量的緩和を無制限とすることを決定して以降徐々に回復してきており、現在は前回の抵抗線となっていた76万円の目前まで回復しています。このラインを突破することができれば80万円台への上昇にもつながると予想されるため今後の動きには注目です。

こちらから読む:bitFlyer、BTCがもらえるキャンペーン開催「ビットコイン」関連ニュース

ビットコイン価格「75万円」まで回復

アメリカ中央銀行制度の最高意思決定機関である「連邦準備理事会(FRB)」は、先日23日に臨時の米連邦公開市場委員会(FOMC)を開催し、量的緩和を当面の間無制限とする緊急措置を決定しました。この発表が行われた直後にビットコイン価格はわずか1時間ほどで65万円から73万円付近まで急騰しました。

その後は68万円付近まで下落していたものの、現在は再び回復傾向が見られ始めており、記事執筆時点では「1BTC=75万円」まで回復しています。今月20日の上昇時には76万円付近が抵抗線となっていたため、このラインと突破することができれば、ビットコイン価格は80万円〜85万円付近まで回復できると期待されます。

2020年3月7日〜2020年3月24日 BTC/JPYの1時間足チャート(画像:bitbank)2020年3月7日〜2020年3月24日 BTC/JPYの1時間足チャート(画像:bitbank)

安全資産としての期待高まる

仮想通貨業界では先日からの上昇要因について、今回決定された無期限の量的暖和政策が"通貨価値の減少"に繋がる可能性があるため、そのようなことに対する懸念から一部の資金がビットコインなどの仮想通貨に流れたと考えられています。

また仮想通貨業界では、アメリカ・ミネアポリス連邦準備銀行のNeel Kashkari(ニール・カシュカリ)総裁が新型コロナウイルスによる経済不安を和らげるために『あなたのATM・銀行は安全です。金融システムには十分な現金があり、FRBには無限の現金があります』と語ったことに対しても批判的な意見が多数でており、「無限の供給量を持つ米ドル」と「発行上限が2,100万枚に決められたビットコイン」を比較して"米ドルの価値"を疑問視する投稿がSNS上に多数投稿されているため、これらのことを踏まえてビットコイン買いの兆候が強まっているとも考えられます。

「供給・需要・価格」の関係について聞いたことはありますか?供給量が無限だった場合、価格はどうなるでしょう?

ビットコイン価格は今月13日に重要視されていた70万円付近のサポートラインを下回り、一時的に40万円台まで急落したため、今後のさらなる下落を予想意見も多数でていましたが、現在は伝統的な金融市場とは相関性のない動きの兆候も見られ始めているため、緊急事態が発生した場合に資産を保護図るための「安全資産」として機能することを期待する意見も多く見られ始めています。

下落の可能性は依然として残されているものの、今後の動きを判断するためにもビットコインが76万円のラインと突破できるかどうかには注目が集まります。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

SBI VC Trade:仮想通貨の板取引「VCTRADE Pro」公開|BTC・ETH・XRPに対応

SBI VC Trade:仮想通貨の板取引「VCTRADE Pro」公開|BTC・ETH・XRPに対応

MoneyGram「Ripple製品用いた取引の一時停止」を発表|SEC訴訟の不確実性を考慮

MoneyGram「Ripple製品用いた取引の一時停止」を発表|SEC訴訟の不確実性を考慮

トロン(Tron/TRX):Twitterで「最も話題の仮想通貨」に|価格も「18%」上昇

トロン(Tron/TRX):Twitterで「最も話題の仮想通貨」に|価格も「18%」上昇

仮想通貨決済システムを「世界150カ国」に|主流のPOSレジに技術統合:PundiX(NPXS)

仮想通貨決済システムを「世界150カ国」に|主流のPOSレジに技術統合:PundiX(NPXS)

短期間でビットコイン価格は「200万円」に|ボビー・リー氏が強気予想

短期間でビットコイン価格は「200万円」に|ボビー・リー氏が強気予想

Microsoft「台帳に依存しないトークン発行・管理技術」の特許取得

Microsoft「台帳に依存しないトークン発行・管理技術」の特許取得

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットポイント「恩をADAで返す!総額1億円キャンペーン」開始|約定金額の1%還元

ビットポイント「恩をADAで返す!総額1億円キャンペーン」開始|約定金額の1%還元

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|入金時にはメッセージ入力を

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|入金時にはメッセージ入力を

Bakkt:今月18日に「ニューヨーク証券取引所(NYSE)」上場へ

Bakkt:今月18日に「ニューヨーク証券取引所(NYSE)」上場へ

エルサルバドルの仮想通貨ウォレットユーザー数「銀行の利用者数を上回る勢い」で増加

エルサルバドルの仮想通貨ウォレットユーザー数「銀行の利用者数を上回る勢い」で増加

Chiliz Exchange:Dinamo Zagrebの「$DZGファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:Dinamo Zagrebの「$DZGファントークン」本日取引開始

【重要】FXcoin「個人向け事業の廃止」を発表|法人向け事業に特化

【重要】FXcoin「個人向け事業の廃止」を発表|法人向け事業に特化

ビットバンク「逆指値注文・逆指値成行注文」機能提供へ

ビットバンク「逆指値注文・逆指値成行注文」機能提供へ

国際送金大手マネーグラム「ステラ開発財団」と提携|USDCの即時決済を提供

国際送金大手マネーグラム「ステラ開発財団」と提携|USDCの即時決済を提供

ライブチャット大手「BongaCams」ドージコイン決済に対応

ライブチャット大手「BongaCams」ドージコイン決済に対応

Chiliz Exchange:Atlético Mineiroの「$GALOファントークン」27日に取引開始

Chiliz Exchange:Atlético Mineiroの「$GALOファントークン」27日に取引開始

Chiliz&Socios:NBA所属のバスケチーム「Los Angeles Lakers」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属のバスケチーム「Los Angeles Lakers」と提携

コインチェック:シンボル(Symbol/XYM)の付与「2021年度中」に実施へ

コインチェック:シンボル(Symbol/XYM)の付与「2021年度中」に実施へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す