リップル共同創業者、新型コロナウイルスからの「回復」を報告

by BITTIMES

Ripple(リップル)社の共同創業者であるChris Larsen(クリス・ラーセン)氏は、2020年4月3日に自身が新型コロナウイルス(Covid-19)から回復したことを報告しました。同氏は新型コロナウイルスから回復した人々に対して、抗体の移植に役立つ"献血"に参加することを求めています。

こちらから読む:改正資金決済法の施行日が明らかに「仮想通貨」関連ニュース

回復した人々に「献血への参加」を呼びかけ

Ripple(リップル)社の共同創業者でありながら元CEOでもあるChris Larsen(クリス・ラーセン)氏は、2020年4月3日のツイートで自身が新型コロナウイルスから回復したことを報告し、新型コロナウイルスから回復した人々に対して"献血への参加"を検討するように訴えました。

私たちの安全のために最前線で活動を行なっている方々に心から感謝します。新型コロナウイルスからの回復を報告できたことを非常に嬉しく思います。

新型コロナウイルスから回復した場合は、抗体の移植に役立つ献血を検討してください。

クリス・ラーセン氏は2012年にRipple社の元となる「OpenCoin」を共同設立した後に、会社名を「Ripple Labs Inc.」へと変更し、同社のCEOとして2016年まで勤務しました。同社のCEOをBrad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏が引き継いだ後にクリス・ラーセン氏は会長職を務めていますが、それと同時に慈善活動などにも力を注いでいました。

クリス・ラーセン氏は自身が新型コロナウイルスに感染したことを公表していなかったため、今回のツイートに対しては驚きと喜びのコメントが数多く寄せられています。

米国では新型コロナウイルスの感染者数が2020年4月3日時点で24万人を超えていると報告されており、世界で最も感染者数の多い国となっていますが、最近では「新型コロナウイルスから回復した人々の血液を利用した治療法」が注目を集めており、血液から抽出した血漿(けっしょう)が重症患者の治療に役立つと期待されています。

なお、Ripple社は2020年3月26日に、新型コロナウイルスの拡散を防止するために「Tipping Point Community」の新型コロナウイルス緊急対応基金と「Silicon Valley Community Foundation(SVCF)」の新型コロナウイルス地域対応基金に10万ドル(約1080万円)の寄付を行ったことを発表しているほか、リモートワークを実施していることも明かしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

英クリケットチーム「ブロックチェーンチケット」を導入

英クリケットチーム「ブロックチェーンチケット」を導入

SBI VC トレード:最大10万円相当のXRPがもらえる「取引応援キャンペーン」開催へ

SBI VC トレード:最大10万円相当のXRPがもらえる「取引応援キャンペーン」開催へ

FXcoin:暗号資産現物取引で「最大10万円がもらえるキャンペーン」開始

FXcoin:暗号資産現物取引で「最大10万円がもらえるキャンペーン」開始

アイオータ(IOTA/MIOTA)新ウォレット「Firefly(ファイアフライ)」近日公開

アイオータ(IOTA/MIOTA)新ウォレット「Firefly(ファイアフライ)」近日公開

Bakkt:ビットコインの「現金決済先物」と「オプション取引」を正式リリース

Bakkt:ビットコインの「現金決済先物」と「オプション取引」を正式リリース

カナダ政府機関が「Blockchain Explorer」を発表|イーサリアムの技術を活用

カナダ政府機関が「Blockchain Explorer」を発表|イーサリアムの技術を活用

注目度の高い仮想通貨ニュース

GMOコイン:平日・休日問わず「24時間いつでも最短10分」で口座開設+取引可能に

GMOコイン:平日・休日問わず「24時間いつでも最短10分」で口座開設+取引可能に

BINANCE:EU主要決済ネットワーク「SEPA」からのユーロ入金を一時停止

BINANCE:EU主要決済ネットワーク「SEPA」からのユーロ入金を一時停止

Cardano(ADA)米eToroユーザー間で「最も人気の暗号資産」に=調査報告

Cardano(ADA)米eToroユーザー間で「最も人気の暗号資産」に=調査報告

ジャック・ドーシー氏「Twitterへのビットコイン活用」について決済発表でコメント

ジャック・ドーシー氏「Twitterへのビットコイン活用」について決済発表でコメント

Google:米国で「仮想通貨取引・ウォレットの広告配信」を許可

Google:米国で「仮想通貨取引・ウォレットの広告配信」を許可

資産裏付型STOで「SBI証券・野村證券・三菱UFJ信託銀行・ケネディクス」の4社が協業

資産裏付型STOで「SBI証券・野村證券・三菱UFJ信託銀行・ケネディクス」の4社が協業

日本アニメ・漫画のセル画に特化したNFTマーケットプレイス「楽座」正式リリース

日本アニメ・漫画のセル画に特化したNFTマーケットプレイス「楽座」正式リリース

イタリア国家証券委員会「BINANCE」について一般投資家に警告

イタリア国家証券委員会「BINANCE」について一般投資家に警告

シント=トロイデンVV:ZAIKO運営のNFTマーケット「Digitama」でNFT販売へ

シント=トロイデンVV:ZAIKO運営のNFTマーケット「Digitama」でNFT販売へ

空間が自然増殖する建築NFT「CELLSPACE(セルスペース)」オークション販売開始

空間が自然増殖する建築NFT「CELLSPACE(セルスペース)」オークション販売開始

Bybit(バイビット)「KYCルール」導入へ|2BTC以上の出金で本人確認が必須に

Bybit(バイビット)「KYCルール」導入へ|2BTC以上の出金で本人確認が必須に

シンボル(Symbol/XYM)韓国大手取引所「Bithumb」に上場|価格は一時20円まで急騰

シンボル(Symbol/XYM)韓国大手取引所「Bithumb」に上場|価格は一時20円まで急騰

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す