過去最高額!リップル(XRP)を「サンフランシスコ州立大学」に寄付|Ripple共同創設者

by BITTIMES

Ripple(リップル)社は現在、金融業界での活躍だけに留まらず様々な分野で寄付や支援活動に取り組んでいます。最近の発表では同社の共同設立者兼理事長であるChris Larsen(クリス・ラーセン)氏らがアメリカの「サンフランシスコ州立大学(SFSU)」に対して2,500万ドル(約28億円)相当の仮想通貨XRPを寄付したことが明らかにされています。

こちらから読む:アメリカで関心高まる「Ripple/XRP」関連ニュース

勉強に励む「フィンテック起業家」を支援

Ripple社の共同設立者兼理事長であるChris Larsen(クリス・ラーセン)氏とその妻Lyna Lam(リナ・ラム)氏が「Rippleworks」とともにアメリカの「サンフランシスコ州立大学(SFSU)」に対して2,500万ドル(約28億円)相当の仮想通貨XRPを寄付を行なったことが同大学の公式発表で明らかになりました。

「Rippleworks」は、2015年にラーセン氏らが共同で立ち上げた非営利団体であり、有望な起業家やベンチャー企業などの支援を行なっています。サンフランシスコ州立大学は、今回受け取った寄付金を「地域及び世界的に活躍するフィンテック起業家」を目指して学習に取り組む学生たちを支援するために活用していくと説明しています。

今回送られた寄付金は、米国で大学に対して送られた「仮想通貨による寄付」としては最も大きい金額であると伝えられています。サンフランシスコ州立大学はクリス・ラーセン氏の出身校でもあるため、母校への強い思いも込められているようです。

金融取引だけに留まらない「Ripple社」の取り組み

Ripple社は2018年9月に「科学/工学/数学/フィンテック」などの教育に焦点を当てた社会支援プログラム「Ripple for Good(リップル・フォー・グッド)」を開始することを発表しており、今回の投資にも関わっている「Rippleworks」と連携して複数の有名大学に多額の寄付を行なっています。

またこの他にもRipple社は「University Blockchain Research Initiative」と呼ばれるプロジェクトを通じて世界各国の名門大学にも寄付を行なっており、同社の企業投資部門である「Xpring」は仮想通貨XRPを用いて音楽業界に変革をもたらすことを目指しているスタートアップ企業「Raised in Space Enterprises」や、ブロックチェーンゲーム会社である「Forte」の支援なども行なっています。

最近では金融機関での技術採用が急速に進んでいるだけでなく「大学などでの教育支援」や「音楽ゲーム関連企業との提携」も進み、コミュニティの間でXRPを用いた新しいサービスの開発も進められているため、今後数年間でRipple社や仮想通貨XRPの採用はますます加速していくことになると予想されます。

2019年4月6日|リップル(Ripple/XRP)の価格

リップル(Ripple/XRP)の価格は先日の価格急騰後も価格をキープしており、2019年4月6日時点では「1XRP=40.14円」で取引されています。先日5日には一時的に42円近くまで上昇しています。

2019年3月30日〜2019年4月6日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2019年3月30日〜2019年4月6日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)は仮想通貨取引所Liquidなどから購入することができます。

仮想通貨取引所Liquidの画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Goldman Sachs「ビットコイン価格は下落が続く」仮想通貨ブームにも言及

Goldman Sachs「ビットコイン価格は下落が続く」仮想通貨ブームにも言及

Bitmainは米国に新たなマイニング施設を建設中?

Bitmainは米国に新たなマイニング施設を建設中?

ウエストバージニア州:ブロックチェーンを用いた「選挙投票アプリ」の使用を開始

ウエストバージニア州:ブロックチェーンを用いた「選挙投票アプリ」の使用を開始

仮想通貨詐欺の疑いがある「99のウェブサイト」公開 ー ベルギー

仮想通貨詐欺の疑いがある「99のウェブサイト」公開 ー ベルギー

ジョンマカフィー「リップル買え!」の真相・スマホの販売プロモーションか?

ジョンマカフィー「リップル買え!」の真相・スマホの販売プロモーションか?

米ステーキハウス「ブロックチェーン導入計画」を発表|QRコードで牛肉の情報確認が可能に

米ステーキハウス「ブロックチェーン導入計画」を発表|QRコードで牛肉の情報確認が可能に

注目度の高い仮想通貨ニュース

【重要】bitFlyer:証拠金取引に関するサービスの一部変更を発表|2019年4月22日から

【重要】bitFlyer:証拠金取引に関するサービスの一部変更を発表|2019年4月22日から

TRON財団:ギャンブル系DAppsで「日本IPアドレスのブロック」を提案|国内規制準拠へ

TRON財団:ギャンブル系DAppsで「日本IPアドレスのブロック」を提案|国内規制準拠へ

仮想通貨がユーロ圏で使える「VISAデビットカード」公開|XRPなど7銘柄に対応:2gether

仮想通貨がユーロ圏で使える「VISAデビットカード」公開|XRPなど7銘柄に対応:2gether

エストニアの仮想通貨取引所「OMGFIN」リップル(Ripple/XRP)の取り扱い開始

エストニアの仮想通貨取引所「OMGFIN」リップル(Ripple/XRP)の取り扱い開始

金融庁:仮想通貨取引所の「コールドウォレット管理」社内規則の厳格化求める

金融庁:仮想通貨取引所の「コールドウォレット管理」社内規則の厳格化求める

匿名ブラウザ「Tor」仮想通貨9銘柄による寄付を受入れ|多くのユーザーが要望

匿名ブラウザ「Tor」仮想通貨9銘柄による寄付を受入れ|多くのユーザーが要望

Bosch「ブロックチェーン冷蔵庫」を電力会社と共同開発|エネルギー市場の新たなビジネスモデルへ

Bosch「ブロックチェーン冷蔵庫」を電力会社と共同開発|エネルギー市場の新たなビジネスモデルへ

Coincheck:リップル(XRP)とイーサリアム(ETH)を「大口OTC取引サービス」に追加

Coincheck:リップル(XRP)とイーサリアム(ETH)を「大口OTC取引サービス」に追加

CARDANO創設者「30億人に新たな金融システムを」ADAは次世代の暗号資産に

CARDANO創設者「30億人に新たな金融システムを」ADAは次世代の暗号資産に

ブロックチェーンで「ペット業界」に新たなコミュニティを|スイス企業がアプリ開発

ブロックチェーンで「ペット業界」に新たなコミュニティを|スイス企業がアプリ開発

RippleのILP活用した新技術「Switch」を発表|仮想通貨の即時交換が可能に:Kava Labs

RippleのILP活用した新技術「Switch」を発表|仮想通貨の即時交換が可能に:Kava Labs

コインベース:仮想通貨取引の利用可能地域「53カ国」に|中南米・東南アジアに拡大

コインベース:仮想通貨取引の利用可能地域「53カ国」に|中南米・東南アジアに拡大

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

人気のタグから探す