Cardano(ADA)強気のサイン?カルダノ関連の「偽アカウント・詐欺師」が増加

by BITTIMES

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の開発者であるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は、先日のツイートで"カルダノ関連の偽アカウント"が増加していることを報告し、Twitterユーザーに注意を促しました。しかし、同氏はそれと同時に「詐欺師の増加はADAの強気な兆候を示している」とも語っています。

こちらから読む:ダイダロスウォレットの"実験版"公開「Cardano」関連ニュース

カルダノ関連の「偽アカウント」が増加傾向

Charles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は2020年4月22日のツイートで、カルダノプロジェクトのアンバサダーやホスキンソン氏自身になりすました"偽アカウント"が増加してきていることを報告しました。

カルダノ関連の偽アカウントや詐欺師が増加してきていることは「Cardano Community」や「EMURGO」などの公式Twitterアカウントからも報告されており、『詐欺の被害に巻き込まれないように』と注意喚起がなされていましたが、ホスキンソン氏はそれと同時に『詐欺アカウントの増加はADAの強気な兆候を示している』とも語っています。

アンバサダーや私自身の偽アカウントが再び増加し始めています。これはADAにとって非常に強気なサインです!

一般的に"偽アカウント"を作成する人々は、業界に影響力のある著名人になりすますことによってユーザーを集め、詐欺プロジェクトに参加させたり、資金を騙し取ったりすることを目的としていますが、ホスキンソン氏の言うようにこのような詐欺師達は「Cardanoプロジェクトが注目を集め、市場が強気になっていること」を踏まえてカルダノコミュニティをターゲットにしていると考えられます。

実際に"第三世代の仮想通貨"として注目されているカルダノエイダコイン(ADA)は世界中で人気があり、米国の格付け機関「Weiss Ratings(ワイスレーティングス)」による最新の格付けでも総合評価「B-」、技術面では「Excellent(優秀)」という非常に高い評価を獲得しています。

(画像:Weiss Ratings)(画像:Weiss Ratings)

初心者を狙う詐欺師に要注意

ADAはその他の仮想通貨に比べると価格も安値なため投資もしやすく、最近ではADAを保有してネットワーク運営者に投票するだけで報酬を受け取ることができる「ステーキング」のテストなども実施されているため、投資家にとって魅力的な通貨の一つとなっていますが、ステーキングに参加する手順などは初心者にとってやや複雑でもあるため、詐欺師たちはそのような初心者投資家を狙っていると予想されます。

カルダノプロジェクトは近い将来正式にステーキング機能などをリリースすることを予定しているため、今後はさらに注目されることになると予想されますが、それと同時に現在報告されているような詐欺アカウントもさらに増加する可能性があるため、アカウントをフォローする際や、関連サイトにアクセスする場合、ADAを送金する場合などには十分注意する必要があります。

なお、これまでに報告されているカルダノ関連詐欺行為の例としては、
・ホスキンソン氏の偽アカウント
・カルダノ関連メンバーの偽アカウント
・カルダノ関連の偽サイト
・「少額のADAを送金したら、その数倍のADAを返却する」と謳う詐欺
などが挙げられます。

2020年4月24日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は先月13日に2円台まで下落したものの、その後は順調に回復してきており、2020年4月24日時点では「1ADA=4.65円」で取引されています。

ADAを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2020年2月24日〜2020年4月24日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2020年2月24日〜2020年4月24日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ドイツ老舗銀行:ステラ(XLM)の技術でユーロ建ステーブルコイン「EURB」発行へ

ドイツ老舗銀行:ステラ(XLM)の技術でユーロ建ステーブルコイン「EURB」発行へ

Gemini:支払う度に仮想通貨が貯まる「ジェミナイ・クレジットカード」リリースへ

Gemini:支払う度に仮想通貨が貯まる「ジェミナイ・クレジットカード」リリースへ

BINANCE:暗号資産3銘柄を「Apple・Amazon・Google」と比較|残された成長の可能性

BINANCE:暗号資産3銘柄を「Apple・Amazon・Google」と比較|残された成長の可能性

ブロックチェーンは「e-Sports」をどのように変えるのか?

ブロックチェーンは「e-Sports」をどのように変えるのか?

コインベース:仮想通貨学習サービス「Coinbase Earn」のサービス強化へ

コインベース:仮想通貨学習サービス「Coinbase Earn」のサービス強化へ

【ロシア】プーチン大統領「暗号資産関連法案」に署名|仮想通貨の決済利用は禁止に

【ロシア】プーチン大統領「暗号資産関連法案」に署名|仮想通貨の決済利用は禁止に

注目度の高い仮想通貨ニュース

フランスの小売大手カジノグループ「テゾス基盤のステーブルコイン」導入か

フランスの小売大手カジノグループ「テゾス基盤のステーブルコイン」導入か

OKCoinJapan「ビットコイン建て現物取引サービス」提供へ|新たに4通貨ペアを追加

OKCoinJapan「ビットコイン建て現物取引サービス」提供へ|新たに4通貨ペアを追加

コインチェック:5万円相当のENJが当たる「Enjin Coinプレゼントキャンペーン」開始

コインチェック:5万円相当のENJが当たる「Enjin Coinプレゼントキャンペーン」開始

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

三井住友信託銀行「国内初のデジタル証券」月内発行の可能性=日経報道

三井住友信託銀行「国内初のデジタル証券」月内発行の可能性=日経報道

ビットポイント:トロン(Tron/TRX)がもらえる「口座開設キャンペーン」開始

ビットポイント:トロン(Tron/TRX)がもらえる「口座開設キャンペーン」開始

Grayscale:FIL・MANA・BATなど「アルトコイン5銘柄の投資信託」提供開始

Grayscale:FIL・MANA・BATなど「アルトコイン5銘柄の投資信託」提供開始

暗号資産全体の時価総額「2兆ドル」を突破|XRP価格も1ドルまで回復

暗号資産全体の時価総額「2兆ドル」を突破|XRP価格も1ドルまで回復

米TIMEマガジン「暗号資産の説明動画制作」でGrayscaleと提携|BTC保有の報告も

米TIMEマガジン「暗号資産の説明動画制作」でGrayscaleと提携|BTC保有の報告も

トークン交換機能「MetaMask Swaps」Android・iOS最新版アプリで利用可能に

トークン交換機能「MetaMask Swaps」Android・iOS最新版アプリで利用可能に

ロバート・キヨサキ氏:ビットコイン価格「今後5年で1億3,000万円になる」と予想

ロバート・キヨサキ氏:ビットコイン価格「今後5年で1億3,000万円になる」と予想

Morgan Stanley:富裕層向けの「ビットコイン投資商品」提供へ|米大手銀行で初

Morgan Stanley:富裕層向けの「ビットコイン投資商品」提供へ|米大手銀行で初

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す