Cardano「技術開発が最も活発なブロックチェーン」ランキング1位を獲得

by BITTIMES   

仮想通貨市場に関する調査報告を行っている「CryptoDiffer」は、ソフトウェア開発プラットフォーム「GitHub(ギットハブ)」において"2019年に最も開発活動が活発だったブロックチェーン"が「カルダノ(Cardano/ADA)」と「イーサリアム(Ethereum/ETH)」だったと報告しています。

こちらから読む:日銀、スケーラビリティ関連の論文公開「ブロックチェーン」関連ニュース

開発活動が活発なブロックチェーン「TOP20」

仮想通貨やブロックチェーンに関する様々な調査・分析を行っている「CryptoDiffer」は、主流のソフトウェア開発プラットフォーム「GitHub(ギットハブ)」における2019年のブロックチェーンの開発状況を調査した上で、"毎日の平均開発活動が最も活発だったブロックチェーン"の上位20位を公開しました。

GitHubはブロックチェーンを含めた様々なソフトウェアの開発で使用されている世界的に有名なプラットフォームであり、非常に多くのブロックチェーンプロジェクトがGitHubを活用しながら開発を進めているため、今回のデータは技術的な面での活動が活発なプロジェクトを判断するのに役立てることができます。

今回の調査結果は、
1位:カルダノ(Cardano/ADA)
2位:イーサリアム(Ethereum/ETH)
3位:クサマ(Kusama/KSM)
という結果になっており、"第三世代のブロックチェーン"として世界中で注目されているカルダノが最も積極的に開発されていたことが報告されています。

2019年GitHubにおける毎日の平均開発アクティビティ別上位ブロックチェーン

リーダーは「Cardano/ADA」と「Ethereum/ETH」です。カルダノチームは待望の「カルダノShelleyインセンティブ付きテストネット」の準備を進めていました。

水面下で技術開発が進む「Cardano・Ethereum」

今回のツイートで言及されている「カルダノShelleyインセンティブ付きテストネット」は、"カルダノネットワークの分散化"に向けた重要なステップとして知られており、このテストに参加したADA保有者はステーキング報酬を受け取ることができるため、コミュニティの間でも話題となっていました。

また先日は、カルダノが採用している「Ouroboros(ウロボロス)」と呼ばれるコンセンサスアルゴリズムのアップグレードが今年2月に行われる可能性が非常に高いということも明らかにされています。このアップグレードではハードフォークによって「ウルボロス・ビザンチンフォールトトレランス(OBFT)」が実装される予定となっています。

一方、イーサリアムチームは「Ethereum2.0」に向けた技術開発を積極的に進めており、昨年12月には大型アップデートとなるハードフォーク「Istanbul(イスタンブール)」が完了しているため、このようなことも結果に影響していると考えられます。

GitHubは主に開発者の人々が利用しているプラットフォームであるため一般の仮想通貨ユーザーにはあまり注目されていませんが、GitHubにおける開発状況のデータは「プロジェクトの開発がしっかりと進められているかどうか」や「そのプロジェクトがどれくらいの規模で進められているか」などを判断するための材料として捉えることができます。

現時点では開発段階であるため、実際にその結果が目に見えてわかるまでにはもうしばらく時間がかかると予想されますが、今回のデータは今後の仮想通貨市場を考える上で貴重な判断材料の一つになると考えられます。

2020年1月21日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は先月18日に3.4円近くまで下落したものの、その後は順調に回復してきており、2020年1月21日時点では「1ADA=4.95円」で取引されています。

ADAを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年10月23日〜2020年1月21日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2019年10月23日〜2020年1月21日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨データサイト「CoinMarketCap」イスラエルのサッカークラブとスポンサー契約

仮想通貨データサイト「CoinMarketCap」イスラエルのサッカークラブとスポンサー契約

YELLtum:地域通貨活用したデータ分析ツール「見エール」機能実装へ

YELLtum:地域通貨活用したデータ分析ツール「見エール」機能実装へ

OKCoinJapan「暗号資産・日本円の出金手数料」変更へ|サービス一時停止も予定

OKCoinJapan「暗号資産・日本円の出金手数料」変更へ|サービス一時停止も予定

SBI VCトレード「ADA・MATICの入出庫サービス」提供へ

SBI VCトレード「ADA・MATICの入出庫サービス」提供へ

BitPay:XRP決済による「ギフトカード購入サービス」提供へ

BitPay:XRP決済による「ギフトカード購入サービス」提供へ

ビットコイン「価格上昇の時は近い」著名アナリストPlanB氏が予想

ビットコイン「価格上昇の時は近い」著名アナリストPlanB氏が予想

注目度の高い仮想通貨ニュース

Reebok:NFT・メタバース関連の商標出願|マーケットプレイスも展開?

Reebok:NFT・メタバース関連の商標出願|マーケットプレイスも展開?

暗号資産レンディング企業「BlockFi」が破産申請|FTX破綻の影響で

暗号資産レンディング企業「BlockFi」が破産申請|FTX破綻の影響で

Sociosアプリ:様々なトークンを無料で獲得できる「テーマハント」を導入

Sociosアプリ:様々なトークンを無料で獲得できる「テーマハント」を導入

スマホ向け協力・対戦アクションゲーム「GGGGG」ゲーム連動NFTをフリーミントで提供

スマホ向け協力・対戦アクションゲーム「GGGGG」ゲーム連動NFTをフリーミントで提供

ドージコインとBNBが急騰、ビッグアイズコインのプレセールは参加すべきか?

ドージコインとBNBが急騰、ビッグアイズコインのプレセールは参加すべきか?

FTX Japan「暗号資産の出庫・日本円の出金」を一時停止|買収報道についてコメント

FTX Japan「暗号資産の出庫・日本円の出金」を一時停止|買収報道についてコメント

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年11月13日〜19日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年11月13日〜19日

Gate.io:仮想通貨決済ソリューション「Gate Pay」を発表|130銘柄以上に対応予定

Gate.io:仮想通貨決済ソリューション「Gate Pay」を発表|130銘柄以上に対応予定

DEP発行のDEA社:Web3領域における協業推進に向け「楽天」と覚書締結

DEP発行のDEA社:Web3領域における協業推進に向け「楽天」と覚書締結

BitDAO:Alamedaに「BITトークン保持の証拠」求める|アラメダCEOからの回答も

BitDAO:Alamedaに「BITトークン保持の証拠」求める|アラメダCEOからの回答も

暗号資産取引所「Gemini」サービス提供地域を欧州6カ国に拡大

暗号資産取引所「Gemini」サービス提供地域を欧州6カ国に拡大

ビットコインは苦戦、イーサリアムは徐々に回復、ビッグアイズコインはプレセールで992万ドル調達

ビットコインは苦戦、イーサリアムは徐々に回復、ビッグアイズコインはプレセールで992万ドル調達

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す