Cardano「技術開発が最も活発なブロックチェーン」ランキング1位を獲得

by BITTIMES

仮想通貨市場に関する調査報告を行っている「CryptoDiffer」は、ソフトウェア開発プラットフォーム「GitHub(ギットハブ)」において"2019年に最も開発活動が活発だったブロックチェーン"が「カルダノ(Cardano/ADA)」と「イーサリアム(Ethereum/ETH)」だったと報告しています。

こちらから読む:日銀、スケーラビリティ関連の論文公開「ブロックチェーン」関連ニュース

開発活動が活発なブロックチェーン「TOP20」

仮想通貨やブロックチェーンに関する様々な調査・分析を行っている「CryptoDiffer」は、主流のソフトウェア開発プラットフォーム「GitHub(ギットハブ)」における2019年のブロックチェーンの開発状況を調査した上で、"毎日の平均開発活動が最も活発だったブロックチェーン"の上位20位を公開しました。

GitHubはブロックチェーンを含めた様々なソフトウェアの開発で使用されている世界的に有名なプラットフォームであり、非常に多くのブロックチェーンプロジェクトがGitHubを活用しながら開発を進めているため、今回のデータは技術的な面での活動が活発なプロジェクトを判断するのに役立てることができます。

今回の調査結果は、
1位:カルダノ(Cardano/ADA)
2位:イーサリアム(Ethereum/ETH)
3位:クサマ(Kusama/KSM)
という結果になっており、"第三世代のブロックチェーン"として世界中で注目されているカルダノが最も積極的に開発されていたことが報告されています。

2019年GitHubにおける毎日の平均開発アクティビティ別上位ブロックチェーン

リーダーは「Cardano/ADA」と「Ethereum/ETH」です。カルダノチームは待望の「カルダノShelleyインセンティブ付きテストネット」の準備を進めていました。

水面下で技術開発が進む「Cardano・Ethereum」

今回のツイートで言及されている「カルダノShelleyインセンティブ付きテストネット」は、"カルダノネットワークの分散化"に向けた重要なステップとして知られており、このテストに参加したADA保有者はステーキング報酬を受け取ることができるため、コミュニティの間でも話題となっていました。

また先日は、カルダノが採用している「Ouroboros(ウロボロス)」と呼ばれるコンセンサスアルゴリズムのアップグレードが今年2月に行われる可能性が非常に高いということも明らかにされています。このアップグレードではハードフォークによって「ウルボロス・ビザンチンフォールトトレランス(OBFT)」が実装される予定となっています。

一方、イーサリアムチームは「Ethereum2.0」に向けた技術開発を積極的に進めており、昨年12月には大型アップデートとなるハードフォーク「Istanbul(イスタンブール)」が完了しているため、このようなことも結果に影響していると考えられます。

GitHubは主に開発者の人々が利用しているプラットフォームであるため一般の仮想通貨ユーザーにはあまり注目されていませんが、GitHubにおける開発状況のデータは「プロジェクトの開発がしっかりと進められているかどうか」や「そのプロジェクトがどれくらいの規模で進められているか」などを判断するための材料として捉えることができます。

現時点では開発段階であるため、実際にその結果が目に見えてわかるまでにはもうしばらく時間がかかると予想されますが、今回のデータは今後の仮想通貨市場を考える上で貴重な判断材料の一つになると考えられます。

2020年1月21日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は先月18日に3.4円近くまで下落したものの、その後は順調に回復してきており、2020年1月21日時点では「1ADA=4.95円」で取引されています。

ADAを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年10月23日〜2020年1月21日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2019年10月23日〜2020年1月21日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

規制準拠した「仮想通貨デリバティブ取引所」設立を計画|米フィンテック企業trueDigital

規制準拠した「仮想通貨デリバティブ取引所」設立を計画|米フィンテック企業trueDigital

仮想通貨Libraの発行「延期・中止」の可能性も|Facebookの提出書類で判明

仮想通貨Libraの発行「延期・中止」の可能性も|Facebookの提出書類で判明

FCバイエルンの「クリスマス限定NFTカード」を販売:ブロックチェーンゲームstryking

FCバイエルンの「クリスマス限定NFTカード」を販売:ブロックチェーンゲームstryking

BINANCE:ネオ(NEO)の「先物取引」提供へNEW

BINANCE:ネオ(NEO)の「先物取引」提供へ

中国初の「ブロックチェーンETF」を申請:大手資産管理会社Penghua Fund

中国初の「ブロックチェーンETF」を申請:大手資産管理会社Penghua Fund

仮想通貨市場:近い将来「核の冬」に突入する可能性|Civic CEO ヴィニー・リンガム

仮想通貨市場:近い将来「核の冬」に突入する可能性|Civic CEO ヴィニー・リンガム

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE:コスモス(Cosmos/ATOM)の「先物取引」提供へ

BINANCE:コスモス(Cosmos/ATOM)の「先物取引」提供へ

BINANCE:ベーシック・アテンション・トークン(BAT)の「先物取引」提供へ

BINANCE:ベーシック・アテンション・トークン(BAT)の「先物取引」提供へ

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年2月9日〜15日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年2月9日〜15日

コインチェック:スマホアプリのダウンロード数で「国内1位」獲得

コインチェック:スマホアプリのダウンロード数で「国内1位」獲得

Tron財団:Steem基盤の分散型SNS「Steemit」と戦略的提携|サービス統合へ

Tron財団:Steem基盤の分散型SNS「Steemit」と戦略的提携|サービス統合へ

【重要】BINANCE:日本ユーザーの「取引機能制限」を告知

【重要】BINANCE:日本ユーザーの「取引機能制限」を告知

BINANCE:チェーンリンク(Chainlink/LINK)の「先物取引」を新規追加

BINANCE:チェーンリンク(Chainlink/LINK)の「先物取引」を新規追加

レアル所属のGareth Bale選手、eスポーツチーム「Ellevens Esports」立ち上げ

レアル所属のGareth Bale選手、eスポーツチーム「Ellevens Esports」立ち上げ

日本銀行:中央銀行デジタル通貨の「国際共同研究グループ」を設立

日本銀行:中央銀行デジタル通貨の「国際共同研究グループ」を設立

道路情報共有者への「IOTA/MIOTA報酬」提供を計画:ジャガーランドローバー

道路情報共有者への「IOTA/MIOTA報酬」提供を計画:ジャガーランドローバー

旅行予約で仮想通貨が使える「TravelbyBit」エクスペディアと提携し、対応ホテルを拡大

旅行予約で仮想通貨が使える「TravelbyBit」エクスペディアと提携し、対応ホテルを拡大

企業向けブロックチェーンサービス「Blockset」を公開:仮想通貨ウォレットBRD

企業向けブロックチェーンサービス「Blockset」を公開:仮想通貨ウォレットBRD

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

人気のタグから探す