Ripple社CTO「私はサトシ・ナカモトではない」と説明|BTC売却しているとの発言も

by BITTIMES

Ripple(リップル)社の最高技術責任者(CTO)であるDavid Schwartz(デイビッド・シュワルツ)氏は、2020年6月29日に投稿された一連のツイートの中で「自分がサトシ・ナカモトではないこと」や「保有しているビットコインを少しずつ売却していること」などを明らかにしました。

こちらから読む:2020年〜2033年の価格予想など「暗号資産」関連ニュース

「2011年までビットコインを知らなかった」と説明

ビットコイン(BTC)の発案者である「サトシ・ナカモト」の正体は依然として明らかにされていないため、仮想通貨業界ではその正体を予想する様々な意見が出ており、一部ではRipple社のCTOであるDavid Schwartz(デイビッド・シュワルツ)氏を候補として挙げる意見も出ていました。

しかしシュワルツ氏は2020年6月29日に投稿されたツイートの中で『私は2011年までビットコインを知らなかった』と語り、自分自身がサトシ・ナカモトではないことを説明しました。

私を「サトシだ」と言うよりも「関与した人々の1人だった」と言う方がはるかに説得力があります。私は確かに関係者の1人だったかもしれません。しかし残念ながら私は2011年までビットコインについて知りませんでした。

「シュワルツ氏がサトシ・ナカモトではない」ということに関しては、同氏と20年以上共に働いているというRipple社のエンジニアNik B.(@nbougalis)氏も同意しており『本人も公に否定しているし、コードの書き方もサトシの書き方とは全く一致しない』と説明しています。

「サトシ・ナカモトは複数人存在する説」を支持

シュワルツ氏は「サトシ・ナカモトの正体」について『実際には1人ではなく"少数のグループ"だったのではないか?』と考えていることも明かしています。

幅広いスキルセットと実行された作業量を考慮すると「サトシは少数からなるグループである」と考えるのがもっともらしいのではないかと思います。サトシが1人である可能性もありますが、私としてはその可能性は低いと思います。

「サトシ・ナカモトは複数の人物によって構成されたグループである」という考えは別の著名人からも出ており、『99%の確率でサトシ・ナカモトの身元を知っている』と主張しているサイバーセキュリティの専門家John McAfee(ジョン・マカフィー)氏も『ビットコインは5年間をかけて11人のチームによって考え出された』と語っています。

ビットコインには強気だが「少しずつ売却」

David Schwartz(デイビッド・シュワルツ)氏は一連のツイートの中で「数百万ものBTCは保有していないが、早い時期からBTCを保有している」ということも明らかにしています。

しかし同氏は「保有しているBTCを少しずつ売却している」ということも明かしており、ビットコインのサイドチェーン技術を活用した取引所間決済ネットワーク「Liquid Network」を開発・運営している「Blockcstream社」のAdam Back(アダム・バック)CEOから『XRPをBTCに交換しているか?』という質問を受けたのに対して『いいえ、私は過去数年間をかけてゆっくりとビットコインを売却してきました』と回答しています。

なおシュワルツ氏はこのツイートの補足として『あくまでもリスク面でBTCを売却しているだけであり、私はまだビットコインに強気だ』とも説明しています。

「サトシ・ナカモトの正体」は依然として不明のままですが、ジョン・マカフィー氏からは以前に「サトシ・ナカモトの正体を知るための複数のヒント」なども提示されています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Coinbase Commerce:仮想通貨決済の処理総額「200億円」を突破

Coinbase Commerce:仮想通貨決済の処理総額「200億円」を突破

当選したら「毎月1,000ドル分のビットコイン支給」Jameson Lopp氏、大統領選出馬を検討

当選したら「毎月1,000ドル分のビットコイン支給」Jameson Lopp氏、大統領選出馬を検討

世界各国の「ビットコイン導入率」を可視化|最もユーザー数が多い地域は?

世界各国の「ビットコイン導入率」を可視化|最もユーザー数が多い地域は?

中古車販売店カーチス「仮想通貨決済」を試験導入|ビットポイントと提携

中古車販売店カーチス「仮想通貨決済」を試験導入|ビットポイントと提携

中国ビットコイン取引所、規制解除を公式発表

中国ビットコイン取引所、規制解除を公式発表

ぐるなびがビットコイン決済導入へ 2020年の東京オリンピックまでに5万店が目標

ぐるなびがビットコイン決済導入へ 2020年の東京オリンピックまでに5万店が目標

注目度の高い仮想通貨ニュース

全ての準備金を「法定通貨→ビットコイン」に交換:カナダの地中海料理レストラン

全ての準備金を「法定通貨→ビットコイン」に交換:カナダの地中海料理レストラン

Hyperledgerメンバーに「VISA・EMURGO」など8社が新規参加

Hyperledgerメンバーに「VISA・EMURGO」など8社が新規参加

コインチェック「NFTマーケットプレイス」立ち上げを計画|参加企業の募集も開始

コインチェック「NFTマーケットプレイス」立ち上げを計画|参加企業の募集も開始

DeFi+CeFiの「ハイブリッド型金融サービス」暗号資産取引所で導入進む

DeFi+CeFiの「ハイブリッド型金融サービス」暗号資産取引所で導入進む

BINANCE:トルコ向けの暗号資産取引所「Binance TR」公開

BINANCE:トルコ向けの暗号資産取引所「Binance TR」公開

ビットバンク「ステラルーメン(XLM)」取扱い開始|手数料無料キャンペーンも開催

ビットバンク「ステラルーメン(XLM)」取扱い開始|手数料無料キャンペーンも開催

コインチェック:暗号資産「アイオーエスティー(IOST)」取扱いへ【日本国内初】

コインチェック:暗号資産「アイオーエスティー(IOST)」取扱いへ【日本国内初】

LINE「LINK Rewards Program」提供開始|LINKリワードが貰えるキャンペーンも開催

LINE「LINK Rewards Program」提供開始|LINKリワードが貰えるキャンペーンも開催

暗号資産取引所「DeCurret(ディーカレット)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「DeCurret(ディーカレット)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

BINANCE:P2P取引所サービスで「WEB経由の広告投稿」をサポート

BINANCE:P2P取引所サービスで「WEB経由の広告投稿」をサポート

bitFlyer Europe:PayPal(ペイパル)を介した「ユーロ入金」に対応

bitFlyer Europe:PayPal(ペイパル)を介した「ユーロ入金」に対応

Crypto.com:日本市場のゼネラルマネージャーに「ナガハマ ノブユキ氏」を任命

Crypto.com:日本市場のゼネラルマネージャーに「ナガハマ ノブユキ氏」を任命

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す