サトシ・ナカモトの正体「突き止めるのは簡単だ」ジョン・マカフィー氏が発言

by BITTIMES

ウイルス対策ソフトなどの開発を手掛ける企業「McAfee(マカフィー)」の創業者として知られるJohn McAfee(ジョン・マカフィー)氏が、ビットコイン(Bitcoin/BTC)を作成したことで知られる"サトシ・ナカモト"の正体を『99%の確率で知っている』と述べた上で、『身元を突き止めるのは簡単だ』と語ったことがコインテレグラフのインタビューで明らかになりました。

こちらから読む:Telegramは"BTC取引機能"を導入すべき「仮想通貨」関連ニュース

BTCは「11人のチーム」によって考案された

John McAfee(ジョン・マカフィー)氏は2020年4月26日〜5月2日の期間にかけて開催された国際的なブロックチェーンカンファレンス「Virtual Blockchain Week(バーチャル・ブロックチェーン・ウィーク)」の中で、仮想通貨メディア「コインテレグラフ」のインタビューに答えた際に『99%の確率でサトシ・ナカモトの身元を知っている』と主張したと伝えられています。

サトシ・ナカモトは「個人である」と考えている人も多いですが、マカフィー氏はこのような説は"ナンセンスだ"と否定しており『ビットコインは5年間をかけて11人のチームによって考え出された』と語っています。

彼らがどのようにして"誰が論文を書くか"を決定したかはわかりません。しかし、誰が書いたかを知っている人はいるかもしれません。クレイグ・ライト氏という選択肢もあるでしょう。他の全員の名前をあげるつもりはありませんが、誰かがホワイトペーパーを書きました。

文章スタイルから「イギリス人」だと断定

「サトシ・ナカモト」は日本人の名称なのでその正体も日本人であると考える人も多いですが、マカフィー氏は『ホワイトペーパーの執筆者は"イギリス人"だ』と述べており、文章スタイルの特徴を統計学的に分析して筆者を特定する手法である「スタイロメトリー」を使用してホワイトペーパーを分析するだけでそのことを見抜くことができると説明しています。

ホワイトペーパーを読めば執筆者がイギリス人であることは明白です。イギリスとアメリカでスペルが異なる英語では、全てイギリス英語が使用されています。

ピリオドの後にスペースを2つ打つ人は人口の5%だけです。全ての文章のピリオドの後に2つのスペースがありました。そして、文章の形式は彼が専門的に発表した文章と同じでした。

200ドルのオーサーシッププログラムを購入してホワイトペーパーを所有し、調査すると良いでしょう。彼が発表した論文のうちのどれかを手に入れてみてください。11人全員が論文を書いていますが、99%の確率でサトシだとわかるのは1人だけです。

マカフィー氏が「サトシの正体」を明かさない理由

マカフィー氏は元々"サトシ・ナカモトの正体"を公開する予定だったものの、本人と電話で直接話した後に公開することをやめたと報告されています。

私は彼と電話で話しました。実は彼が誰であるかを明かすつもりでした。なぜかって?このような馬鹿げたことは全て馬鹿げていて、人々が意味もないことで時間を無駄にしていたからです。

そしたら彼は私になんと言ったと思いますか?彼は『わかった。でももし君が間違っていたらどうするだ』と言って『もし君が正しいとしたら、私は50人の警備員を雇って人生を変えないと死んでしまうと言いに行くよ』と言いました。なぜかって?みんなが彼のビットコインを欲しいと思うでしょう。納税を要求する政府も含めてね。

このように語るマカフィー氏は『もしも間違っていたら無実の人の人生を永久に破壊することになり、おそらく彼を死なせてしまうかもしれない』と述べており、そのような考えから自分の口からは"サトシ・ナカモトが誰か"を明かさないことを決意したと伝えられています。

しかし同氏は『どうしても知りたいのであれば自分で調べればいい。それは簡単だ』とも述べています。

マカフィー氏昨年4月にも"サトシ・ナカモトの正体"について言及しており、
・ホワイトペーパーを書いたのはアメリカ在住の人であること
・ホワイトペーパーを書いたのは男性であること
・サトシは中央情報局(CIA)ではないこと
・サトシは政府機関でもないこと
などを含めた「15のヒント」を挙げています。

>>「コインテレグラフ」の報告はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米Kraken:カルダノ(Cardano/ADA)の「ステーキングサービス」提供開始

米Kraken:カルダノ(Cardano/ADA)の「ステーキングサービス」提供開始

BINANCE:アイオータ(IOTA/MIOTA)の「先物取引」提供へ

BINANCE:アイオータ(IOTA/MIOTA)の「先物取引」提供へ

BINANCE「日本語サービス強化」の可能性?カスタマーサポートの担当者を募集

BINANCE「日本語サービス強化」の可能性?カスタマーサポートの担当者を募集

ビットコインで不動産購入「イエリーチBTC決済」公開へ:ネクサスエージェント

ビットコインで不動産購入「イエリーチBTC決済」公開へ:ネクサスエージェント

Mastercard:ブロックチェーンで「食品のサプライチェーン」を可視化

Mastercard:ブロックチェーンで「食品のサプライチェーン」を可視化

ビットバンク:取引所チャートに「指値/逆指値注文の表示機能」追加|キャンセルも簡単に

ビットバンク:取引所チャートに「指値/逆指値注文の表示機能」追加|キャンセルも簡単に

注目度の高い仮想通貨ニュース

NFTアイコン販売サービス「iconee」キャラクター権利元企業からの事前申込受付開始

NFTアイコン販売サービス「iconee」キャラクター権利元企業からの事前申込受付開始

米大手銀行USバンク:機関投資家向けの「暗号資産カストディサービス」提供開始

米大手銀行USバンク:機関投資家向けの「暗号資産カストディサービス」提供開始

Chiliz&Socios:ブラジルの強豪「サンパウロFC」と提携|$SPFCファントークン発行へ

Chiliz&Socios:ブラジルの強豪「サンパウロFC」と提携|$SPFCファントークン発行へ

ビットコイン:BINANCEのBTC/USDTペアで「過去最高値」突破|アルトコイン価格も回復傾向

ビットコイン:BINANCEのBTC/USDTペアで「過去最高値」突破|アルトコイン価格も回復傾向

IOST「日本ブロックチェーン協会(JBA)」の正会員に加盟

IOST「日本ブロックチェーン協会(JBA)」の正会員に加盟

ビットバンク:Symbol(XYM)取引高で「世界1位」を記録

ビットバンク:Symbol(XYM)取引高で「世界1位」を記録

中央銀行に「準備資産としてのビットコイン保有」提案へ:スイスのシンクタンク2B4CH

中央銀行に「準備資産としてのビットコイン保有」提案へ:スイスのシンクタンク2B4CH

Moonstakeウォレット「トロン(Tron/TRX)のステーキング」に対応

Moonstakeウォレット「トロン(Tron/TRX)のステーキング」に対応

米Grayscale:バスケット型仮想通貨投資信託に「UNI・SOL」を追加

米Grayscale:バスケット型仮想通貨投資信託に「UNI・SOL」を追加

SBINFT:仮想空間Cryptovoxelsで「nanakusaのNFTギャラリー」を開催

SBINFT:仮想空間Cryptovoxelsで「nanakusaのNFTギャラリー」を開催

GMOコイン「NEM保有者に対するシンボル(XYM)付与の予定日」を発表

GMOコイン「NEM保有者に対するシンボル(XYM)付与の予定日」を発表

MetaMaskの機関投資家向け部門「仮想通貨カストディ企業3社」と提携

MetaMaskの機関投資家向け部門「仮想通貨カストディ企業3社」と提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す