オランダカンナビノイド協会:ブロックチェーン基盤の「CBD製品追跡ツール」公開

by BITTIMES

オランダカンナビノイド協会(CAN)は2020年8月6日に、ブロックチェーンを基盤としたカンナビジオール(CBD)製品の追跡ツール「CanCheck.org」を公開しました。この追跡ツールは、公式サイトで"CAN品質マーク"のラベル情報を入力することによってCBD製品の様々な情報をオンライン上で簡単に確認することができるツールとなっています。

こちらから読む:VeChain"食品安全ソリューション"公開「ブロックチェーン」関連ニュース

オランダカンナビノイド協会(CAN)とは

オランダカンナビノイド協会(CAN)は、大麻に含まれる有効成分である「カンナビノイド」に関連した製品の品質基準管理や法的根拠の実現などに向けた活動を行なっているオランダの団体であり、これらの目的を実現するために年に数回、オランダ国内外の様々な省や姉妹組織と建設的な協議を行なっています。

カンナビノイド成分の1つである「カンナビジオール(CBD)」はリラックス効果などを持つ有効成分として知られており、「抗ガン効果・抗炎症効果・抗不安効果・鎮痛効果・神経保護効果・抗酸化効果・抗菌効果」などといった様々な効果を持っているとして注目されています。

CBD製品の種類は豊富で「オイル・ベイプ・食品・サプリメント・ペット用オイル」などといった様々な製品がありますが、「オランダカンナビノイド協会(CAN)」はそのような製品のための厳格な品質ガイドラインを設けており、要件を満たした製品に「CAN品質マーク」をラベル付けすることによって、EUに承認された製品であることを保証しています。

なお「オランダカンナビノイド協会(CAN)」は、カンナビノイド政策に関するオランダ政府のアドバイザーであり、CBD製品のCAN品質マークは、科学専門家の専門委員会によってチェック・発行されていると伝えられています。

カンナビノイド製品の情報を「オンラインで簡単確認」

CANが新たに公開した「CanCheck.org」は、オンライン上でカンナビノイド製品を追跡することができるブロックチェーン基盤の追跡ツールとなっており、利用者は公式サイトでCAN品質マークのラベル情報を入力することによって、大麻の栽培段階から店頭の棚に並ぶまでの様々な工程を簡単に確認することができるようになっています。

オランダカンナビノイド協会(CAN)のCEOであるMark Reinders氏は『CanCheck.orgを利用すると、大麻由来のカンナビジオール製品を種の状態から棚に届くまで完全に追跡することができるため、消費者の保護に役立つだろう』と語っています。

大麻の情報管理にブロックチェーン技術を活用する動きは別の国などでも進められており、今年6月にはウルグアイの医療用大麻関連企業である「UruguayCan(ウルグアイキャン)」から、医療用大麻の生産工程を追跡できるようにするためのブロックチェーンアプリをリリースすることなども発表されています。

>>「CanCheck.org」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン活用で「食料品の売上増加」スーパーマーケット大手:カルフール

ブロックチェーン活用で「食料品の売上増加」スーパーマーケット大手:カルフール

NEM(XEM)の報酬システムがさらに平等に|カタパルトアップデートで「PoS+」実装

NEM(XEM)の報酬システムがさらに平等に|カタパルトアップデートで「PoS+」実装

ブロックチェーンでシェアするギャラリーアプリ「Portaly」クローズドβ版サービス開始

ブロックチェーンでシェアするギャラリーアプリ「Portaly」クローズドβ版サービス開始

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年10月6日〜12日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年10月6日〜12日

ビットコイン「1,000億円相当」が謎のウォレットに大量移動|Bakkt関連の可能性も

ビットコイン「1,000億円相当」が謎のウォレットに大量移動|Bakkt関連の可能性も

Steve Wozniak「ブロックチェーン企業とマルタで起業するかもしれない」

Steve Wozniak「ブロックチェーン企業とマルタで起業するかもしれない」

注目度の高い仮想通貨ニュース

クリプトアーティスト登録制のNFTマーケットプレイス「nanakusa」公開へ

クリプトアーティスト登録制のNFTマーケットプレイス「nanakusa」公開へ

暗号資産取引所FTX「FTX Foundation」設立|手数料収入の1%を慈善団体に寄付

暗号資産取引所FTX「FTX Foundation」設立|手数料収入の1%を慈善団体に寄付

無期限契約、先物、契約、、難解な用語ばかりで混乱していますか?

無期限契約、先物、契約、、難解な用語ばかりで混乱していますか?

エンタメ特化ブロックチェーン「パレット」テストネット運用開始|合計13社が参画

エンタメ特化ブロックチェーン「パレット」テストネット運用開始|合計13社が参画

マウントゴックスの再生計画案「投票期日」が決定|債権者集会は2021年10月を予定

マウントゴックスの再生計画案「投票期日」が決定|債権者集会は2021年10月を予定

OKCoinJapan「イーサリアムクラシック(ETC)」取扱いへ|APIではPythonもサポート

OKCoinJapan「イーサリアムクラシック(ETC)」取扱いへ|APIではPythonもサポート

TAOTAO:法改正に伴い「レバレッジ倍率変更・追加証拠金制度導入」など複数の変更

TAOTAO:法改正に伴い「レバレッジ倍率変更・追加証拠金制度導入」など複数の変更

MicroStrategy:ビットコイン「約16億円相当」を追加購入|保有量は10万BTC近くに

MicroStrategy:ビットコイン「約16億円相当」を追加購入|保有量は10万BTC近くに

Ubisoft × Sorare:NFTカード用いたサッカーゲーム「One Shot League」を開発

Ubisoft × Sorare:NFTカード用いたサッカーゲーム「One Shot League」を開発

Twitter CEO:史上最古の歴史的ツイートを「NFT」として発行・販売

Twitter CEO:史上最古の歴史的ツイートを「NFT」として発行・販売

米SEC委員長候補ゲンスラー氏:公聴会で「暗号資産関連の取り組み」について発言

米SEC委員長候補ゲンスラー氏:公聴会で「暗号資産関連の取り組み」について発言

MicroStrategy「ビットコイン買い増し」へ|600億円相当の転換社債発行を予定

MicroStrategy「ビットコイン買い増し」へ|600億円相当の転換社債発行を予定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す