ブロックチェーン用いた「医療用大麻の情報追跡アプリ」今夏公開へ:ウルグアイ企業

by BITTIMES   

ウルグアイの医療用大麻関連企業である「UruguayCan(ウルグアイキャン)」が、医療用大麻の生産工程を追跡できるようにするためのブロックチェーンアプリを2020年夏頃にリリースする予定であることが明らかになりました。このアプリは「エターニティ(Aeternity/AE)」と呼ばれるブロックチェーン技術を用いて開発されています。

こちらから読む:BMW、BC基盤の報酬プログラムを発表「ブロックチェーン」関連ニュース

医療用大麻の情報追跡アプリ「2020年夏」公開へ

ウルグアイの医療用大麻関連企業である「UruguayCan(ウルグアイキャン)」は、医療用大麻の生産工程を追跡できるようにするためのブロックチェーンアプリを2020年夏頃にリリースする予定だと伝えられています。

このアプリはオープンソースのブロックチェーンプラットフォームである「エターニティ(Aeternity/AE)」を用いて構築されており、医療用大麻の購入者がスマートフォンなどで簡単に製品の起源を詳しく調べることができるように設計されているとのことです。

具体的には、大麻を栽培する際に記録される「温室の場所・湿度・温度・光量・処理方法・施肥方法」などといった栽培時のデータから、実際に収穫してパッケージングするまでの様々なデータがブロックチェーン上に記録される仕組みとなっているとされています。

Aeternityは『このプラットフォームが公開されることによって、栽培・収穫・包装・流通までに至る医療用大麻の完全なるトレーサビリティが可能になる』と語っています。

ブロックチェーン開発グループ「Inmind」によって作成されたこのプラットフォームは、栽培から収穫・包装・流通までに至る医療用大麻の完全なトレーサビリティを可能にします。この取り組みは、国際品質の農産物の安全基準を引き上げることを目的としています。

今後の開発では「Oracle」や「State Channels」などといったAeternityの技術の高度な機能を活用する予定です。

Aeternityによると「UruguayCan」はこのアプリを大麻植栽シーズンである2020年6月〜7月頃にリリースすることを予定しているとのことで、アプリはオープンソースになるため他の作物に応用することもできるとされています。

大麻の情報管理にブロックチェーン技術を活用するプロジェクトは一部地域で以前から進められており、昨年7月には大麻関連企業である「TheraCann」と「TruTrace」が、ブロックチェーン技術を活用してDNAデータなどを保存したタグを大麻製品に対して発行し、サプライチェーンを追跡することに成功したことを発表しています。

(参照:Aeternity

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Sologenic:XRP Ledger基盤トークンと互換性のある「証券取引所リスト」を公開

Sologenic:XRP Ledger基盤トークンと互換性のある「証券取引所リスト」を公開

伝説のエンジェル投資家「仮想通貨経済は数兆ドル規模のイノベーション機会」

伝説のエンジェル投資家「仮想通貨経済は数兆ドル規模のイノベーション機会」

bitFlyer Blockchain「Miyabi」のブランドリニューアル|Miyabi Explorerを一般公開

bitFlyer Blockchain「Miyabi」のブランドリニューアル|Miyabi Explorerを一般公開

トルコのサッカークラブ「Galatasaray SK」公式仮想通貨発行へ|Socios.comに参加

トルコのサッカークラブ「Galatasaray SK」公式仮想通貨発行へ|Socios.comに参加

Chainalysis「DASH・Zcashの追跡ツール」提供へ|匿名性に関する誤解について説明

Chainalysis「DASH・Zcashの追跡ツール」提供へ|匿名性に関する誤解について説明

中央銀行デジタル通貨「サンドドル」バハマ全国で利用可能に【世界初の正式展開】

中央銀行デジタル通貨「サンドドル」バハマ全国で利用可能に【世界初の正式展開】

注目度の高い仮想通貨ニュース

Pepeの高騰でミームコインの復活が期待、マルチチェーンのDOGEVERSEはプレセール最終段階へ

Pepeの高騰でミームコインの復活が期待、マルチチェーンのDOGEVERSEはプレセール最終段階へ

「仮想通貨支持派ならドナルド・トランプに投票すべき」選挙演説で様々な支持発言

「仮想通貨支持派ならドナルド・トランプに投票すべき」選挙演説で様々な支持発言

コインチェック:LSK保有者に対するKLYトークン(Klayr)エアドロップの対応方針を発表

コインチェック:LSK保有者に対するKLYトークン(Klayr)エアドロップの対応方針を発表

クリプタクト:対応コインが「20,000種類」突破|ミームコインなど50銘柄に新規対応

クリプタクト:対応コインが「20,000種類」突破|ミームコインなど50銘柄に新規対応

Shibariumがさらに高速&低コストに?5月2日に「大型アップグレード」を予定

Shibariumがさらに高速&低コストに?5月2日に「大型アップグレード」を予定

コンビニ決済で「JPYC」が利用可能に?電算システムと業務提携

コンビニ決済で「JPYC」が利用可能に?電算システムと業務提携

「ビットコイン価格は簡単に100万ドルを超える」著名アナリストのウィリー・ウー氏が予想

「ビットコイン価格は簡単に100万ドルを超える」著名アナリストのウィリー・ウー氏が予想

BCG大手MOBOX、今月中にDragonverseNeo(ドラバネオ)をリリース予定!独自UGC、3Dゲームエンジンに加え、ゲーム専用BTC L3のMOSE Chain公表

BCG大手MOBOX、今月中にDragonverseNeo(ドラバネオ)をリリース予定!独自UGC、3Dゲームエンジンに加え、ゲーム専用BTC L3のMOSE Chain公表

米SEC、仮想通貨投資アプリ「ロビンフッド」に証券法違反の警告

米SEC、仮想通貨投資アプリ「ロビンフッド」に証券法違反の警告

OKCoinJapan:ソラナ(SOL)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

OKCoinJapan:ソラナ(SOL)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

Pepeの価格が30%急上昇、ダックスフンドの取引ボットWienerAIはプレセールで200万ドルを突破して対抗

Pepeの価格が30%急上昇、ダックスフンドの取引ボットWienerAIはプレセールで200万ドルを突破して対抗

チリーズ関連ファントークンが日本でも取引可能に?SBI × Chiliz「合弁会社」設立へ

チリーズ関連ファントークンが日本でも取引可能に?SBI × Chiliz「合弁会社」設立へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す