ビットコインデビットカード初心者に最適なVANDLE CARD(バンドルカード)

by BITTIMES   

VANDLE CARD(バンドルカード)とその他の「ビットコインデビットカード」との大きな違いは「登録が簡単」「登録無料」「アプリダウンロード」と「SMS認証ですぐに使える」という点でしょう。さらに、リアルカードもわずか「300円」で発行できるのもバンドルカードの大きな強みです。(その他のデビットカードは発行手数料として2,000円ほどかかります。)また、登録者限定で「紹介料が貰えるキャンペーン」もあるので非常にオススメです。

VANDLE CARD(バンドルカード)

VANDLE CARD(バンドルカード)は、特に「本人登録なし」でビットコインデビットカード(Bitcoin Debit Card)が作れるのフットワークの軽さという点で、今の時代に非常にマッチしています。このフットワークの軽さからバンドルカードには様々なメリットがあるので、まさに「これから」ビットコインを使用していく「ビットコインデビットカード初心者」にとって最高のカードです。
発行会社が「日本企業」というのも安心できますね。

まずは簡単にバンドルカード情報を下記にまとめます。

  • バンドルカード
  • カード発行国:日本
  • 運営会社:株式会社カンム
  • 年会費:無料
  • 発行手数料:無料(バーチャルカード)
  • 発行手数料:300円(リアルカード)
  • 送金手数料:0.5%
  • 対応仮想通貨:ビットコイン/BTC
  • 最低入金額:1,000円
  • 1回チャージ限度額:30,000円
  • 月間入金額上限額:120,000円
  • カード残高上限:100,000円
  • 退会手数料:退会時のカード残高

バンドルカードは、アプリダウンロード→登録(SMS認証)ですぐに発行できます。
ただし、アプリSMS認証だけだと利用できるのは「バーチャルカード」のみで、物理的なカード「リアルカード」に関しては登録後に「300円」を支払えば受け取れます。
バーチャルカードはVISA加盟店のオンライン決済が可能で、リアルカードはそれにプラスVISA加盟店の実店舗まで利用することができます。
バーチャルカードはスマートフォンを持って入れば「年齢制限なし」で誰でも発行でき、未成年でも使用できます。これによって未成年でもビットコイナーとしてビットコイン決済ができるわけです。時代を感じますね。

なぜバンドルカードは簡単に登録できるのか?

バンドルカードが本人認証を必要としない理由は、正確にはデビットカードではなく「プリペイドカード」として位置付けられているからです。
そのため、チャージ限度額や月の限度額が設定されているわけですが、日常で使用するカードとして上限の「120,000円」の範囲で十分だと思われます。カード発行手数料が300円しかかからないのも良いですね。

バンドルカードチャージ手数料

バンドルカードにかかる手数料は、送金時にかかる「0.5%」のみです。海外発行のカード決済手数料が「3〜5%」であることを考えると「6分の1〜10分の1」の手数料しかかからないことになります。これは驚異的ですね。
カード決済手数料もかからず、円建てで行われるため為替手数料もかかりません。つまり本当に「送金手数料の0.5%だけ」ということです。

バンドルカードと税金

2017年7月1日から仮想通貨が非課税になることが決定しました。
この非課税の範囲ですが「取得時にかかる消費税」と現状位置付けられているので、商品購入時の消費税はかかるようですね。(複数の取引所と税理士事務所考察の結果)
この場合、ビットコインをビジネスなどで直接受け取ったり、トレードの利益をそのままカードにビットコインで補充すればほぼ無課税で商品購入ができることになります。
ただし、政府から8〜9月に調整が入る予定になっていますので、購入時の消費税に関してはまだ様子を見る必要がありそうです。

バンドルカードの発行方法

VANDLE CARDの画像

それでは実際にバンドルカードの登録方法をご紹介します。
まずはアプリダウンロード画面に飛んでいきます。
>> バンドルカード公式サイト

こちらからiPhone版、Android版の対応している方をダウンロードします。

ダウンロード後にアプリを開くと「ハローバンドル!」のメッセージが出てきますので「アカウントを登録」をタップ。

VANDLE CARDの画像

「アカウントの登録」の画面に移りますので
「ユーザーID」
「パスワード」
「招待コード(w8aykr)」
を入力します。(招待コード入力のご協力をお願いします。)

VANDLE CARDの画像

入力が完了すると「アカウント登録」の画面に映りますので「生年月日」「性別」の設定を行います。(未成年の方は「保護者の同意を得ています」のチェックを入れてください。)

VANDLE CARDの画像

続いて「電話番号」を入力します。こちらは「SMS認証」に必要なステップなので気にせず入力を行なっていきます。

VANDLE CARDの画像

電話番号入力後に「SMS」で「認証番号」が届きますので入力します。

VANDLE CARDの画像

「SMS」認証が完了すると最後の確認画面に映るので「登録」で完了します。

VANDLE CARDの画像

「バーチャルカードを発行中です」の画面が出てきますのでしばらく待ちます。

VANDLE CARDの画像

「発行完了!」が出てきたら登録完了です。早速「はじめる」をタップ。

VANDLE CARDの画像

こちらの画面が表示されたら無事登録が完了したことになります。これでバーチャルカードが使用できるようになりました。

VANDLE CARDの画像

バンドルカード(リアルカード発行)

VANDLE CARDの画像

バンドルカードは、アプリだけのままだと実店舗での利用が不可のため「リアルカード」を発行します。
アプリ画面の「カード」→「リアルカード発行」→「発行する」で自動的に発行手数料の300円が決済され、約1週間ほどでリアルカードが到着します。
カードは真っ白い封筒で届き、上記のような説明書とリアルカードが同封されています。

バンドルカード決済

VANDLE CARDの画像

リアルカードが届いたので、早速カードを使いたいと思います。
今回は「セブンイレブン」と「スターバックスコーヒー」にてカードを使用しました。
上記画像のように利用した順番にアプリの「明細」に金額が項目別で表記されます。カード利用時にはサインなども不要でしたので、手間がかからず利用しやすいカードだと思います。またお気づきになったかのしれませんが、バンドルカードは「カードの決済手数料」が「無料」です。これはかなりお得感がありますね。
バンドルカードは「円建て」でカードに入金されるので、ビットコイン独特の「資産の上下」が無く心置き無く使えるのも良ポイントですね。
今後はバンドルカードをどんどん使用して使用可能な店舗とそうでない店舗を詳しく追記していきたいと思います。

バンドルカードが使えるお店・使えないお店一覧はこちら

バンドルカードまとめ

バンドルカードは難しい登録なしで、無料で使用できカード発行手数料も入金手数料も安く、またキャッシュカードからの入金なども可能であり、まさに「ビットコインデビットカード初心者」にとって「最高のビットコインデビットカード」だと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

BINANCE(バイナンス)「本人確認手続き」の完了方法|手順を画像付きで解説

BINANCE(バイナンス)「本人確認手続き」の完了方法|手順を画像付きで解説

XRP銀行アプリ「XUMM」iOS・Android版リリース【日本でも利用可能】

XRP銀行アプリ「XUMM」iOS・Android版リリース【日本でも利用可能】

カンボジア中央銀行:CBDC「Bakong(バコン)」運用開始|日本企業が共同開発

カンボジア中央銀行:CBDC「Bakong(バコン)」運用開始|日本企業が共同開発

Twitterでビットコインが送れる拡張機能「Android・iOS」にも対応へ:Tippin

Twitterでビットコインが送れる拡張機能「Android・iOS」にも対応へ:Tippin

ビットポイント「Apple Watchアプリ」公開|暗号資産の価格・チャートを簡単確認

ビットポイント「Apple Watchアプリ」公開|暗号資産の価格・チャートを簡単確認

注目度の高い仮想通貨ニュース

コインチェック:NFT事業でファッションブランド「TOMO KOIZUMI」と連携

コインチェック:NFT事業でファッションブランド「TOMO KOIZUMI」と連携

LINE BITMAX Wallet:NFTマーケットβ版に「二次流通機能」を実装

LINE BITMAX Wallet:NFTマーケットβ版に「二次流通機能」を実装

ライブチャット大手「BongaCams」ドージコイン決済に対応

ライブチャット大手「BongaCams」ドージコイン決済に対応

エルサルバドルで法定通貨化控えるビットコイン「5万ドル突破」価格変動にも要注意

エルサルバドルで法定通貨化控えるビットコイン「5万ドル突破」価格変動にも要注意

Twitter「ビットコインの投げ銭機能」まもなく導入へ|Lightning Networkも活用

Twitter「ビットコインの投げ銭機能」まもなく導入へ|Lightning Networkも活用

認証されたカルダノ関連アプリが探せる「Plutus dAppStore」近日発表へ

認証されたカルダノ関連アプリが探せる「Plutus dAppStore」近日発表へ

パレットトークンの公式ウォレットアプリ「PLTウォレット(iOS・Andoird版)」公開

パレットトークンの公式ウォレットアプリ「PLTウォレット(iOS・Andoird版)」公開

Crypto.com「パリ・サンジェルマンFC」と提携|NFTのリリースも予定

Crypto.com「パリ・サンジェルマンFC」と提携|NFTのリリースも予定

アメリカで最も仮想通貨フレンドリーな州は「カリフォルニア州」Crypto Head調査

アメリカで最も仮想通貨フレンドリーな州は「カリフォルニア州」Crypto Head調査

OKCoinJapan:500 IOSTが50名様に当たる「フォロー&RTキャンペーン」開始

OKCoinJapan:500 IOSTが50名様に当たる「フォロー&RTキャンペーン」開始

仮想通貨積立の始め方まとめ「おすすめの方法・取引所」も紹介

仮想通貨積立の始め方まとめ「おすすめの方法・取引所」も紹介

動物保護団体「PAWS Chicago」仮想通貨の寄付を受け入れ|BTC・ETH・DOGEなど

動物保護団体「PAWS Chicago」仮想通貨の寄付を受け入れ|BTC・ETH・DOGEなど

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す