コインチェック:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」の対応方針を発表

by BITTIMES   

暗号資産取引所「Coincheck(コインチェック)」は2021年2月22日に、「Donnie Finance」が予定しているIOST保有者に対するDonnieトークン(DON)のエアドロップについての対応方針を発表しました。DONのエアドロップを行うためのスナップショットは2021年2月25日17時頃に行われる予定となっているため、IOST価格は現在大幅な上昇を続けていますが、コインチェックは『本エアドロップにおいては参加しない方針です』と報告しています。

こちらから読む:日本銀行、CBDCの実証実験"2021年春"に開始「国内ニュース」

コインチェック「エアドロップには参加しない」と発表

Coincheck(コインチェック)は2021年2月22日に、「Donnie Finance」が予定しているIOST保有者に対するDonnieトークン(DON)のエアドロップについての対応方針を発表しました。

「Internet of Service Foundation Ltd.」と「Donnie Finance」は、2021年2月25日17時頃に実施されるスナップショット時のIOST保有量に基づいて「Donnieトークン(DON)」を配布する予定であることを発表していますが、コインチェックは今回の発表で『本エアドロップにおいては参加しない方針です』と報告しています。

エアドロップに参加しない理由については『エアドロップ実施までの期間等を鑑み、お客様の資産管理が安定的に行えない可能性があると判断した為』だと説明されています。

当社取扱い暗号資産「IOST」において、Internet of Service Foundation Ltd.及びDonnie Financeより2021年2月25日17時頃(※)時点の保有者に対して、トークンをエアドロップすることが発表されております。

本エアドロップでは、2021年2月25日深夜1時頃までに参加を表明した主要な暗号資産取引業者を介して実施されるとされていますが、当社では、エアドロップ実施までの期間等を鑑み、お客様の資産管理が安定的に行えない可能性があると判断した為、本エアドロップにおいては参加しない方針です。

エアドロップされたトークンを受取りたい場合には、お手数おかけいたしますが、「Internet of Service Foundation Ltd.の公式発表」をご確認の上、お客様ご自身でお手続きいただくようお願いいたします。

(※)ブロック高で指定されているため前後する可能性があります。

>>「コインチェック」の公式発表はこちら

「Donnieトークン(DON)のエアドロップ」について

「Donnie Finance」は日本時間2021年2月25日17時頃に実施されるスナップショット時のIOST保有量に基づいて「Donnieトークン(DON)」を配布することを予定しています。

このエアドロップでは「Donnieトークン」の合計供給量の10%が対象となるIOST保有者に無料配布されることになっており、最初は5%のDONを配布して、夏にも同量のDONを配布することによって、合計10%のDONが配布される予定となっています。

エアドロップに参加するためには、自分がIOSTを保有している暗号資産取引所がエアドロップに対応する必要がありましたが、コインチェックは今回『エアドロップには参加しない』との方針を発表したため、IOSTを保有しているコインチェック利用者がDONの配布を受けるためには、スナップショット日までに「別の対応取引所」へとIOSTを送金する必要があります。

現時点では「Huobi Global(フォビグローバル)」などの暗号資産取引所が『DONエアドロップをサポートする』と発表していますが、これまでにも様々なエアドロップをサポートしてきた「BINANCE(バイナンス)」からは今のところDONエアドロップへの対応に関する発表は行われていません。(BINANCEからの公式発表がありましたので以下に追記しています)

なお、日本国内でIOSTを取り扱っている暗号資産取引所は記事執筆時点で「コインチェック」のみとなっています。

>>「DONエアドロップの詳細」はこちら

追記:BINANCE「DONエアドロップ」をサポート

(追記:2021年2月24日)
BINANCE(バイナンス)は2021年2月24日に『IOST保有者に対するDONエアドロッププログラムをサポートする』と発表しました。

同社はIOSTのスナップショットのために『日本時間2021年02月25日16時00分からIOSTの入出金を一時停止する』と説明しており、『スナップショットが完了した時点でIOSTの入出金を再開する』としています。

また「BINANCEへのDON上場」に関しては『BINANCEが他のコイン・トークンに対して行うのと同様の上場レビュープロセスを行う。エアドロップのサポートは"DONの上場"を保証するものではない』と説明されています。

>>「BINANCE」の公式発表はこちら

追記:コインチェック「IOSTの送金」について注意喚起

(追記:2021年2月25日)
コインチェックは2021年2月25日に「IOSTの送金」について発表を行い、『スナップショットの期限が近づくにつれて送金申請が殺到し処理に時間を要する恐れがあるため、送金を予定している場合は"2021年2月25日の午前中まで"に送金することを推奨する』とい注意喚起を行いました。

当社取扱い暗号資産「IOST」では、本日(2021年2月25日)17時頃にInternet of Service Foundation Ltd.及びDonnie Financeによるエアドロップの配布条件となるスナップショットが実施されることが発表されています。

スナップショットの期限が近づくにつれ、送金の申請が殺到し処理に時間を要する恐れがありますので、送金を予定しているお客様におかれましては、本日(2月25日)の午前中までに送金のお手続きをしていただくことを推奨します。

なお、2月22日にお知らせしております通り、当社では本エアドロップに参加しない方針です。詳細は以下をご確認ください。

BINANCEが『DONエアドロップのサポート』を発表したことによって、国内でもバイナンスへとIOSTを送金するユーザーが増える可能性があると予想されますが、送金遅延などでスナップショット期限までにIOSTの送金が完了しなかった場合には、DONエアドロップに参加することができずに、スナップショット後の価格変動などに巻き込まれてしまう可能性なども考えられるため十分注意が必要です。

>>「コインチェック」の公式発表はこちら

スナップショットに向け「IOSTの価格上昇」続く

アイオーエスティー(IOST)の価格はDONエアドロップの影響も受けてここ数日間で大幅に上昇しており、今月15日時点で2.8円ほどだった価格は2021年2月22日時点で6.75円付近まで上昇しています。

コミュニティの間ではコインチェックの発表を受けて『IOSTの売りが増加するのではないか』といった意見も出ていますが、今のところ大幅な下落は見られておらず、記事執筆時点では「1IOST=6.78円」で取引されています。

2020年12月25日〜2021年2月22日 IOSTの価格チャート(画像:CoinGecko)2020年12月25日〜2021年2月22日 IOSTの価格チャート(画像:CoinGecko)

IOSTを取扱っている暗号資産取引所Coincheckの新規登録はこちらからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

金融庁の仮想通貨に対する取り組みに「最高評価」ー 英調査機関

金融庁の仮想通貨に対する取り組みに「最高評価」ー 英調査機関

詐欺集団PlusToken:イーサリアム「115億円相当」を送金|ETH価格は一時下落

詐欺集団PlusToken:イーサリアム「115億円相当」を送金|ETH価格は一時下落

仮想通貨を楽しく学べるマンガ雑誌『週刊少年クリプト』

仮想通貨を楽しく学べるマンガ雑誌『週刊少年クリプト』

コインチェックNEM流出事件:不正交換容疑で「医師・会社役員など約30人」を摘発

コインチェックNEM流出事件:不正交換容疑で「医師・会社役員など約30人」を摘発

Coincheck NFT:The Sandboxの仮想空間土地LAND「7月30日」に追加販売

Coincheck NFT:The Sandboxの仮想空間土地LAND「7月30日」に追加販売

GMOコイン:冠協賛試合のMOM小泉佳穂選手に「1ビットコイン」贈呈

GMOコイン:冠協賛試合のMOM小泉佳穂選手に「1ビットコイン」贈呈

注目度の高い仮想通貨ニュース

人気YouTubeチャンネル乗っ取った「仮想通貨詐欺」に要注意=Googleレポート

人気YouTubeチャンネル乗っ取った「仮想通貨詐欺」に要注意=Googleレポート

【重要】FXcoin「個人向け事業の廃止」を発表|法人向け事業に特化

【重要】FXcoin「個人向け事業の廃止」を発表|法人向け事業に特化

カード型コールドウォレット「Cool Wallet」とは?特徴・メリット・対応通貨などを解説

カード型コールドウォレット「Cool Wallet」とは?特徴・メリット・対応通貨などを解説

EMURGO:カルダノ関連開発企業を支援する「110億円規模の投資ファンド」立ち上げ

EMURGO:カルダノ関連開発企業を支援する「110億円規模の投資ファンド」立ち上げ

米Square「個人・企業向けビットコインマイニングシステムの開発」を検討

米Square「個人・企業向けビットコインマイニングシステムの開発」を検討

ドージコイン共同創設者「DOGE-ETHブリッジ」の構築を計画|NFTが購入可能に?

ドージコイン共同創設者「DOGE-ETHブリッジ」の構築を計画|NFTが購入可能に?

SBINFT:仮想空間Cryptovoxelsで「nanakusaのNFTギャラリー」を開催

SBINFT:仮想空間Cryptovoxelsで「nanakusaのNFTギャラリー」を開催

Steam「仮想通貨・NFT関連のブロックチェーンゲーム配信」を禁止|Epic Gamesは歓迎

Steam「仮想通貨・NFT関連のブロックチェーンゲーム配信」を禁止|Epic Gamesは歓迎

与沢 翼氏:YouTubeで「シンボル(XYM)の魅力に関する動画シリーズ」投稿開始

与沢 翼氏:YouTubeで「シンボル(XYM)の魅力に関する動画シリーズ」投稿開始

IOST「日本ブロックチェーン協会(JBA)」の正会員に加盟

IOST「日本ブロックチェーン協会(JBA)」の正会員に加盟

国税当局「仮想通貨取引の一斉税務調査」を実施|ADAなど14億円の申告漏れが判明=日経報道

国税当局「仮想通貨取引の一斉税務調査」を実施|ADAなど14億円の申告漏れが判明=日経報道

Chiliz&Socios:NBA所属のバスケチーム「Los Angeles Lakers」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属のバスケチーム「Los Angeles Lakers」と提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す