ビットコイン決済で「新型コロナウイルスの抗体検査」が可能に:Progressive Care

by BITTIMES

アメリカ・フロリダ州に本社を構える医療サービス組織「Progressive Care」は2021年6月4日に、新型コロナウイルス(COVID-19)抗体検査キットの支払い手段としてビットコイン決済を受け入れ始めたことを発表しました。マイアミでは先日まで大規模なビットコインカンファレンスが開催されていたため、BTC決済に対応したことによってそのような旅行者の間でも新型コロナの検査が迅速に進むことになると期待されています。

こちらから読む:人気ゲーム"GTA6"でビットコイン登場か「暗号資産」関連ニュース

旅行者の「新型コロナ抗体検査」を促進

アメリカ・フロリダ州に本社を構える医療サービス組織「Progressive Care」は2021年6月4日に、新型コロナウイルス抗体検査キットの支払い手段としてビットコイン決済を受け入れ始めたことを発表しました。

ビットコイン決済はフロリダ州ノースマイアミビーチにある薬局「PharmcoRx」で受け入れられているとのことで、仮想通貨決済用のQRコードも導入されていると報告されています。

マイアミでは現地時間2021年6月4日〜5日にかけて大規模なビットコインカンファレンスである「Bitcoin 2021」が開催されていますが、ビットコイン決済への対応はこのカンファレンスの前に決定されたとのことで、世界中からイベントに訪れた50,000人以上の訪問者の新型コロナウイルス検査をより迅速に進める狙いがあるとされています。

ビットコインカンファレンスのためにマイアミを訪れた人々の多くはビットコインを保有していると予想されるため、ビットコイン決済で新型コロナのテストが行えるようにすることによって、米ドルに換金することなくスムーズに検査を実施できると期待されます。なお「PharmcoRx」の公式サイトによると、この検査キットを使用すると15分〜20分ほどで陽性・陰性の結果を得ることができるとされています。

「Progressive Care」のCEO兼会長であるAlan Jay Weisberg氏は、今回のビットコイン決済対応について次のようにコメントしています。

私たちはブロックチェーン技術の未来を信じており、市場をリードする迅速な新型コロナウイルス抗体検査キットをビットコイン決済を希望する人々に拡大したいと考えています。これはパンデミック後に海外から訪れる旅行者の人々にとって優れた選択肢となります。

なお「PharmcoRx」は"2018年に薬局サービスで仮想通貨決済を受け入れた最初の薬局である"とも報告されており、今回発表された新型コロナ検査キットでのビットコイン決済対応は、一連の取り組みを拡大するものであると報告されています。

米国では仮想通貨決済の導入が進んでおり、先月は「ノースダコタ州ウィリストン市が"公共料金の支払い"で仮想通貨決済に対応したこと」や「米国で600以上の店舗を展開している大手コンビニチェーン"Sheetz(シーツ)"が仮想通貨決済に対応したこと」なども報告されています。

>>「Progressive Care」の公式発表はこちら
>>「PharmcoRx」の公式サイトはこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

カナダの仮想通貨取引アプリ「Coinberry」リップル(Ripple/XRP)の取り扱いを開始

カナダの仮想通貨取引アプリ「Coinberry」リップル(Ripple/XRP)の取り扱いを開始

【無料プレイ可能】TRON(TRX)ブロックチェーンゲーム「HyperSnakes」ベータ版公開

【無料プレイ可能】TRON(TRX)ブロックチェーンゲーム「HyperSnakes」ベータ版公開

ウクライナ大統領「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の発行」を正式に許可

ウクライナ大統領「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の発行」を正式に許可

SBI VCトレード:マイナス手数料などを採用した「取引所サービス」提供へ

SBI VCトレード:マイナス手数料などを採用した「取引所サービス」提供へ

仮想通貨の時価総額は将来220兆円を超える【2028年予想】

仮想通貨の時価総額は将来220兆円を超える【2028年予想】

XRP価格「100円付近まで高騰」の可能性|本格的な強気相場突入か【アナリスト予想】

XRP価格「100円付近まで高騰」の可能性|本格的な強気相場突入か【アナリスト予想】

注目度の高い仮想通貨ニュース

元素騎士オンライン「GENSOメタバース」をオープン化|第1段連携はClimbers

元素騎士オンライン「GENSOメタバース」をオープン化|第1段連携はClimbers

Uniswap「スワップ機能」の使い方|仮想通貨を交換する方法を解説

Uniswap「スワップ機能」の使い方|仮想通貨を交換する方法を解説

米大統領候補のVivek Ramaswamy氏「仮想通貨の寄付受け入れ」を発表

米大統領候補のVivek Ramaswamy氏「仮想通貨の寄付受け入れ」を発表

食事記録でASTR報酬を獲得できる、食のマッチングアプリ「Meal Match」公開

食事記録でASTR報酬を獲得できる、食のマッチングアプリ「Meal Match」公開

中国国営テレビの「暗号資産ニュース」が話題に|香港の新ルール導入について報道

中国国営テレビの「暗号資産ニュース」が話題に|香港の新ルール導入について報道

Symbol活用のファイルセキュリティシステム「JUGGLE」リニューアル版の販売開始

Symbol活用のファイルセキュリティシステム「JUGGLE」リニューアル版の販売開始

SHIB:The Metaverse「Rocket Pond」のティザー動画公開|ゲームビルダーの紹介も

SHIB:The Metaverse「Rocket Pond」のティザー動画公開|ゲームビルダーの紹介も

専門家がアルトシグナルのプレセールをAI仮想通貨市場における次のビッグウェーブと位置付ける理由

専門家がアルトシグナルのプレセールをAI仮想通貨市場における次のビッグウェーブと位置付ける理由

日本居住者は「Binance.com」を利用できなくなるのか?今後の対応などを調査

日本居住者は「Binance.com」を利用できなくなるのか?今後の対応などを調査

米大統領選の選挙活動で「ビットコインの寄付」受け入れ:ロバート・ケネディ・Jr氏

米大統領選の選挙活動で「ビットコインの寄付」受け入れ:ロバート・ケネディ・Jr氏

Tether社「ビットコイン・金の保有量」が明らかに|準備資産に関する報告書を公開

Tether社「ビットコイン・金の保有量」が明らかに|準備資産に関する報告書を公開

LINE独自の暗号資産LINK、フィンシア(FINSCHIA/FNSA)に名称変更

LINE独自の暗号資産LINK、フィンシア(FINSCHIA/FNSA)に名称変更

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

XDC Network(XDC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

XDC Network(XDC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?特徴や機能をわかりやすく解説

PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?特徴や機能をわかりやすく解説

PROJECT XENO・GXEとは?基本情報・特徴・取扱う暗号資産取引所などを解説

PROJECT XENO・GXEとは?基本情報・特徴・取扱う暗号資産取引所などを解説

Uniswap(ユニスワップ)とは?特徴や機能をわかりやすく解説

Uniswap(ユニスワップ)とは?特徴や機能をわかりやすく解説

価格上昇で注目が集まるミームコイン「PEPE」とは?基本情報・特徴など

価格上昇で注目が集まるミームコイン「PEPE」とは?基本情報・特徴など

クリプトGPT(CryptoGPT/GPT)とは?基本情報・特徴などを解説

クリプトGPT(CryptoGPT/GPT)とは?基本情報・特徴などを解説

人気のタグから探す