米マイアミ市長:ビットコインによる「給料支払い・納税受け入れ」などを検討

by BITTIMES   

アメリカ・フロリダ州マイアミの市長が『市の財務資金の一部を仮想通貨ビットコイン(BTC)で保有して、市の職員の給与をBTCで支払ったり、市の手数料や税金の支払いで暗号資産決済に対応したりすること』を検討していることが「Forbes」の報道で明らかになりました。

こちらから読む:GMOコイン、クアンタム取扱い開始「暗号資産」関連ニュース

マイアミ市長「ビットコイン・仮想通貨の採用」を検討

アメリカ・フロリダ州マイアミのFrancis Suarez(フランシス・スアレス)市長は米国メディア「Forbes」のインタビューに応じた際に『市の財務資金の一部を仮想通貨ビットコイン(BTC)で保有して、市の従業員の給与をBTCで支払ったり、公共料金や税金の支払いで暗号資産決済に対応したりすること』を検討していることを明かしたと伝えられています。

「Forbes」の報道によると、フランシス・スアレス市長はビットコインに優しい環境を構築するために以下3つの取り組みを行うことを検討していると報告されています。

  • 市の職員にビットコインで給与を支払う機会を与えること
  • 市の手数料や税金をビットコインや他の暗号資産で支払える仕組みを導入すること
  • 市の財務機関の投資資金の一部をビットコインに投資すること

なお、実際にマイアミ市が投資資金の一部をビットコインに投資することになった場合は、米国の主要都市で初めての事例になるとも説明されています。現在マイアミ市の財務機関は金融商品を保有していないとのことで、現金または現金同等物を保有しているだけだとされています。

具体的な投資額などは明かされていないものの『そのような取り組みを行う場合には官民パートナーシップを通じてファンドを構築し、民間パートナーも報酬を受け取ることができるようにしたい』と考えているとも報じられています。

「イベント開催・BTCによる選挙資金調達」も検討

フランシス・スアレス市長は、仮想通貨関連カンファレンスである"ビットコイン 2021"をマイアミで開催することも目指しているとのことで、次のマイアミ市長選挙ではビットコインで選挙資金を調達することも検討していると報じられています。

また、先進的な仮想通貨規制を導入していることで知られるワイオミング州のような法律をフロリダ州に取り入れるための努力も行っているとのことで、ワイオミング州がブロックチェーン関連法を構築する際に助言を行なったCaitlin Long(ケイトリン・ ロング)氏とも連絡を取り合っていると報告されています。

フランシス・スアレス市長が検討している取り組みが実現すれば、マイアミ市で仮想通貨やビットコインがより広く普及する可能性があり、その他地域でのビットコイン採用にもつながる可能性があるため、今後の具体的な取り組みなどにも注目が集まります。

>>「Forbes」の報道はこちら

追記:マイアミ市「ビットコイン採用案」を可決

(追記:2021年2月14日)
Francis Suarez(フランシス・スアレス)市長が提出していたビットコイン関連の決議案が市委員会で4-1で可決されたことが明らかになりました。これにより、マイアミ市の職員はBTCで給料を受け取ることができるようになり、マイアミ市民は市の関連手数料や固定資産税をBTCで支払うこともできるようになると伝えられています。

スアレス市長は今回の結果を受けて『委員会が決議案を支持し、職員が給料の一部をビットコインで受けとれるようにするためにベンダーを確保できたことに感謝する』とコメントしています。

>>「スアレス市長の報告」はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Sociosアプリに「ゲームと報酬・特別優待」機能追加|観戦チケットのランダム抽選会も

Sociosアプリに「ゲームと報酬・特別優待」機能追加|観戦チケットのランダム抽選会も

CoinTrade(コイントレード)PC版取引ツール提供開始|チャート分析・描画機能も

CoinTrade(コイントレード)PC版取引ツール提供開始|チャート分析・描画機能も

ビットコイン価格下落再び、44万円以下の可能性も|Weiss Ratings「買われ過ぎ」と警告

ビットコイン価格下落再び、44万円以下の可能性も|Weiss Ratings「買われ過ぎ」と警告

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年6月28日〜7月4日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年6月28日〜7月4日

Grayscale親会社「約270億円分のビットコイン投資信託(GBTC)購入」を計画

Grayscale親会社「約270億円分のビットコイン投資信託(GBTC)購入」を計画

次世代型「ヘルスケア・ブロックチェーン」構築へ|医療用画像などを共有:Bitfury

次世代型「ヘルスケア・ブロックチェーン」構築へ|医療用画像などを共有:Bitfury

注目度の高い仮想通貨ニュース

GMOコイン「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|NEM保有者へのXYM付与も実施

GMOコイン「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|NEM保有者へのXYM付与も実施

ヘルスケアAIロボットGrace「カルダノブロックチェーン」を採用

ヘルスケアAIロボットGrace「カルダノブロックチェーン」を採用

Mastercard:ブロックチェーン・仮想通貨分析企業「CipherTrace」の買収を完了

Mastercard:ブロックチェーン・仮想通貨分析企業「CipherTrace」の買収を完了

【重要】FXcoin「個人向け事業の廃止」を発表|法人向け事業に特化

【重要】FXcoin「個人向け事業の廃止」を発表|法人向け事業に特化

カルダノのカタリスト提案を日本語で確認できる「Project Catalyst Voter tool」公開

カルダノのカタリスト提案を日本語で確認できる「Project Catalyst Voter tool」公開

Chiliz&Socios:トルコのサッカークラブ「Gaziantep F.K.」と提携|$GFKファントークン発行へ

Chiliz&Socios:トルコのサッカークラブ「Gaziantep F.K.」と提携|$GFKファントークン発行へ

世界最大のビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換|Grayscaleが正式に申請

世界最大のビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換|Grayscaleが正式に申請

ポルカドット(DOT)「パラチェーンオークションの日程」を提案|投票受付開始

ポルカドット(DOT)「パラチェーンオークションの日程」を提案|投票受付開始

Huobi Japan「独自通貨HTの実需決済」を開始|六本木焼肉MASUでHT決済が可能に

Huobi Japan「独自通貨HTの実需決済」を開始|六本木焼肉MASUでHT決済が可能に

米SEC「ProSharesのビットコイン先物ETF」を承認|BTC価格は700万円台まで回復

米SEC「ProSharesのビットコイン先物ETF」を承認|BTC価格は700万円台まで回復

カード型コールドウォレット「Cool Wallet」とは?特徴・メリット・対応通貨などを解説

カード型コールドウォレット「Cool Wallet」とは?特徴・メリット・対応通貨などを解説

中国マクドナルド:新本社ビルオープン記念NFT「Big Mac Rubik's Cube」を発行

中国マクドナルド:新本社ビルオープン記念NFT「Big Mac Rubik's Cube」を発行

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す