米ウィリストン市:仮想通貨決済で「公共料金の支払い」が可能に|BitPayと提携

by BITTIMES

アメリカ・ノースダコタ州ウィリストン市は2021年5月13日に、光熱費(電気・ガス・水道)などといった公共料金の支払い手段として仮想通貨決済を受け入れることを発表しました。ウィリストン市は大手仮想通貨決済プロバイダーである「BitPay(ビットペイ)」との提携を通じて仮想通貨決済を受け入れており、「Google Pay、Apple Pay、PayPal」などを使用した場合と比べると手数料の削減にもなると報告されています。

こちらから読む:Cardano(ADA)続く価格上昇で"2ドル"突破「暗号資産」関連ニュース

BitPayと提携して「仮想通貨決済」に対応

アメリカ・ノースダコタ州で6番目に大きな都市であるウィリストン市は2021年5月13日に『光熱費(電気・ガス・水道)などといった公共料金の支払い手段として仮想通貨決済を受け入れること』を発表しました。

米国では公共料金の支払い手段として仮想通貨を受け入れる地域が徐々に増えてきていますが、ノースダコタ州の自治体が仮想通貨決済に対応するのは今回が初であり、米国では3番目の事例であると報告されています。

ウィリストン市は仮想通貨決済を受け入れるために大手仮想通貨決済プロバイダーである「BitPay(ビットペイ)」と提携しているため、ビットコイン(BTC)などをはじめとするBitPayがサポートしている複数の暗号資産で光熱費を支払うことが可能だとされています。

BitPayはユーザーが支払った仮想通貨をその時の市場価格に基づいて即座に法定通貨へと変換した上で相手方へと支払う仕組みを採用しているため、ウィリストン市側は仮想通貨の価格変動リスクを気にすることなく仮想通貨決済に対応できるようになっています。

仮想通貨決済の「対応範囲拡大」も計画

仮想通貨で支払うことができるのは現時点で「光熱費の請求書のみ」とされていますが、今後実施される評価でその有用性が確認された場合には、許可証やライセンスなどといったその他の支払いでも仮想通貨が利用可能になる可能性があると伝えられています。

なお、ウィリストン市では2021年6月以降に「Google Pay」や「Apple Pay」での支払いオプションを選択することができるようになるとのことですが、"仮想通貨決済を使用した場合には手数料が安くなる"ということも報告されており、『Google Pay、Apple Pay、PayPalなどの手数料が3%であるのに対して、BitPayの手数料は1%である』と説明されています。

また、公式発表の中では『2021年末までにPayPalVenmoが仮想通貨決済オプションとして追加される可能性がある』ということも報告されています。

>>「ウィリストン市」の公式発表はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨が貯まるキャッシュバックサイト「COINCOME」がオープン

仮想通貨が貯まるキャッシュバックサイト「COINCOME」がオープン

キプロス:ブロックチェーン開発促進に向け「VeChain財団」とMoU締結

キプロス:ブロックチェーン開発促進に向け「VeChain財団」とMoU締結

仮想通貨取引所「bitbank(ビットバンク)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

仮想通貨取引所「bitbank(ビットバンク)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ブロックチェーン関連の国際ネットワーク「BGIN」発足|金融庁・開発者などが集結

ブロックチェーン関連の国際ネットワーク「BGIN」発足|金融庁・開発者などが集結

二次元特化のNFTマーケットプレイス「PolkaFantasy」公認クリエイター20名を募集

二次元特化のNFTマーケットプレイス「PolkaFantasy」公認クリエイター20名を募集

Bakkt CEO「アルトコインは取扱う予定だが、XRPはサポートしない」と発言

Bakkt CEO「アルトコインは取扱う予定だが、XRPはサポートしない」と発言

注目度の高い仮想通貨ニュース

スイスアルプスの5つ星高級ホテル「仮想通貨決済」に対応:The Chedi Andermatt

スイスアルプスの5つ星高級ホテル「仮想通貨決済」に対応:The Chedi Andermatt

米Coinbase:元Facebook幹部が「最高マーケティング責任者」に就任

米Coinbase:元Facebook幹部が「最高マーケティング責任者」に就任

仮想通貨レンディング(貸出)の始め方まとめ「各取引所のメリット・デメリット」も紹介

仮想通貨レンディング(貸出)の始め方まとめ「各取引所のメリット・デメリット」も紹介

日本円ステーブルコインJPYC「QUOカードPayとの交換機能」提供へ

日本円ステーブルコインJPYC「QUOカードPayとの交換機能」提供へ

製薬大手Rocheも参加する「dHealth Network」Occamを通じてカルダノエコシステムに参加

製薬大手Rocheも参加する「dHealth Network」Occamを通じてカルダノエコシステムに参加

Perfume(パフューム)NFTアート第2弾「NFT Experiment」で本日販売開始

Perfume(パフューム)NFTアート第2弾「NFT Experiment」で本日販売開始

パルマ・カルチョ1913:NFTマーケットプレイス運営の「Gravity Sport」と提携

パルマ・カルチョ1913:NFTマーケットプレイス運営の「Gravity Sport」と提携

【重要】Liquid by Quoine「ビットコインの入出金」を再開|入庫アドレスは変更に

【重要】Liquid by Quoine「ビットコインの入出金」を再開|入庫アドレスは変更に

暗号資産取引所「Coinbase(コインベース)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Coinbase(コインベース)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

BINANCE「シンガポール関連サービスの提供」停止へ|スマホアプリも削除

BINANCE「シンガポール関連サービスの提供」停止へ|スマホアプリも削除

米Coinbase:BTC・ETH・PoS・DeFi関連の暗号資産に「5億ドル」投資へ

米Coinbase:BTC・ETH・PoS・DeFi関連の暗号資産に「5億ドル」投資へ

Liquid by QUOINE「暗号資産流出事件の詳細」を発表|被害総額は100億円以上に

Liquid by QUOINE「暗号資産流出事件の詳細」を発表|被害総額は100億円以上に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す