米ウィリストン市:仮想通貨決済で「公共料金の支払い」が可能に|BitPayと提携

by BITTIMES

アメリカ・ノースダコタ州ウィリストン市は2021年5月13日に、光熱費(電気・ガス・水道)などといった公共料金の支払い手段として仮想通貨決済を受け入れることを発表しました。ウィリストン市は大手仮想通貨決済プロバイダーである「BitPay(ビットペイ)」との提携を通じて仮想通貨決済を受け入れており、「Google Pay、Apple Pay、PayPal」などを使用した場合と比べると手数料の削減にもなると報告されています。

こちらから読む:Cardano(ADA)続く価格上昇で"2ドル"突破「暗号資産」関連ニュース

BitPayと提携して「仮想通貨決済」に対応

アメリカ・ノースダコタ州で6番目に大きな都市であるウィリストン市は2021年5月13日に『光熱費(電気・ガス・水道)などといった公共料金の支払い手段として仮想通貨決済を受け入れること』を発表しました。

米国では公共料金の支払い手段として仮想通貨を受け入れる地域が徐々に増えてきていますが、ノースダコタ州の自治体が仮想通貨決済に対応するのは今回が初であり、米国では3番目の事例であると報告されています。

ウィリストン市は仮想通貨決済を受け入れるために大手仮想通貨決済プロバイダーである「BitPay(ビットペイ)」と提携しているため、ビットコイン(BTC)などをはじめとするBitPayがサポートしている複数の暗号資産で光熱費を支払うことが可能だとされています。

BitPayはユーザーが支払った仮想通貨をその時の市場価格に基づいて即座に法定通貨へと変換した上で相手方へと支払う仕組みを採用しているため、ウィリストン市側は仮想通貨の価格変動リスクを気にすることなく仮想通貨決済に対応できるようになっています。

仮想通貨決済の「対応範囲拡大」も計画

仮想通貨で支払うことができるのは現時点で「光熱費の請求書のみ」とされていますが、今後実施される評価でその有用性が確認された場合には、許可証やライセンスなどといったその他の支払いでも仮想通貨が利用可能になる可能性があると伝えられています。

なお、ウィリストン市では2021年6月以降に「Google Pay」や「Apple Pay」での支払いオプションを選択することができるようになるとのことですが、"仮想通貨決済を使用した場合には手数料が安くなる"ということも報告されており、『Google Pay、Apple Pay、PayPalなどの手数料が3%であるのに対して、BitPayの手数料は1%である』と説明されています。

また、公式発表の中では『2021年末までにPayPalVenmoが仮想通貨決済オプションとして追加される可能性がある』ということも報告されています。

>>「ウィリストン市」の公式発表はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ファイルコイン(FIL)メインネット「2020年夏」にも公開へ|Q&Aセッションも開催予定

ファイルコイン(FIL)メインネット「2020年夏」にも公開へ|Q&Aセッションも開催予定

銀行に仮想通貨取引を許可するように強制|イスラエル最高裁

銀行に仮想通貨取引を許可するように強制|イスラエル最高裁

SEBC:暗号資産について無料相談できる「ビットコインの相談窓口」提供開始

SEBC:暗号資産について無料相談できる「ビットコインの相談窓口」提供開始

金融機関の仮想通貨への関心高まる|2018年内にも急増か?

金融機関の仮想通貨への関心高まる|2018年内にも急増か?

人型AIロボット「ソフィア」が作成したNFTデジタルアート作品販売へ

人型AIロボット「ソフィア」が作成したNFTデジタルアート作品販売へ

ゲーム大手Ubisoft:テゾス(Tezos/XTZ)ネットワークに「企業ベーカー」として参加

ゲーム大手Ubisoft:テゾス(Tezos/XTZ)ネットワークに「企業ベーカー」として参加

注目度の高い仮想通貨ニュース

コインチェック:新作映画「新世界」でのNFT活用に向けKIRIYA PICTURESと連携

コインチェック:新作映画「新世界」でのNFT活用に向けKIRIYA PICTURESと連携

コインチェック:Amazonギフト券が当たる「#HowMuch_NFT」キャンペーン開催

コインチェック:Amazonギフト券が当たる「#HowMuch_NFT」キャンペーン開催

英警察:大麻栽培容疑の捜査で「違法マイニング施設」を発見|採掘機器100台を押収

英警察:大麻栽培容疑の捜査で「違法マイニング施設」を発見|採掘機器100台を押収

米コンビニ大手「Sheetz(シーツ)」仮想通貨決済対応へ|BTC・ETHなどを受け入れ

米コンビニ大手「Sheetz(シーツ)」仮想通貨決済対応へ|BTC・ETHなどを受け入れ

金融庁:暗号資産デリバティブ取引所「Bybit(バイビット)」に警告

金融庁:暗号資産デリバティブ取引所「Bybit(バイビット)」に警告

仮想通貨取引における「強気(Bull)」の意味とは?

仮想通貨取引における「強気(Bull)」の意味とは?

Chiliz&Socios:サッカーアルゼンチン代表チームの「$ARGトークン販売」詳細を発表

Chiliz&Socios:サッカーアルゼンチン代表チームの「$ARGトークン販売」詳細を発表

米金融大手「State Street」デジタル通貨専門の新部門設立|トークン化なども視野

米金融大手「State Street」デジタル通貨専門の新部門設立|トークン化なども視野

オランダのドミノ・ピザフランチャイズ「ビットコイン」で給料の受け取りが可能に

オランダのドミノ・ピザフランチャイズ「ビットコイン」で給料の受け取りが可能に

日本銀行の黒田総裁「暗号資産は投機的だが、ステーブルコインは決済手段になり得る」

日本銀行の黒田総裁「暗号資産は投機的だが、ステーブルコインは決済手段になり得る」

Google「仮想通貨の広告掲載ポリシーを明確化」条件満たした場合の宣伝を許可

Google「仮想通貨の広告掲載ポリシーを明確化」条件満たした場合の宣伝を許可

ディーカレット:暗号資産取引所サービスで「Post-Only機能」提供開始

ディーカレット:暗号資産取引所サービスで「Post-Only機能」提供開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す