ブロックチェーン導入を進めるマスターカードが描くビジョンは?

by BITTIMES   

ブロックチェーン技術の導入を進めているMastercard(マスターカード)は、ここ最近でさらにその勢いを増しています。新たに公開された特許技術や、新規採用した各分野の専門家などのニュースは、今後のマスターカードの活動に注目をもたらしています。

新たに公開された特許技術

Mastercardから新たに公開された特許出願は、アイデンティティデータを保護する手段としてブロックチェーンを検討していることを表しています。
先週、米国特許商標庁(USPTO)によって公開されたアプリケーションは、マスターカードの「個人または私設のブロックチェーンを使用してIDデータを受信して格納するシステム」について記されています。

Mastercardが2017年9月に提出した申請書では、この技術がシステム内の偽のアイデンティティデータの使用を阻止するのに役立つと述べてられています。

「アイデンティティと信用証明データの保存にブロックチェーンを使用すると、そのようなデータの不変な記憶が提供され、その正確な検証が可能になり、そのようなデータの作成が妨げられる可能性がある」

マスターカードはこれまでにも、いくつかのブロックチェーン関連の特許出願を提出しています。 暗号化利用者の払い戻しサービスを容易にすることができるインフラストラクチャを構想や、瞬時に支払いを処理できるブロックチェーンベースのデータベースなどにより、トランザクション決済時間が大幅に短縮されています。

様々な分野の専門家を雇用

マスターカードは、知的財産の再生に加えて、内部のブロックチェーンの才能を強化する動きもしています。
先週、ダブリンに175人の新規従業員を雇ってアイルランドでのプレゼンスを高めることを発表したマスターカードは、特にブロックチェーンの専門家を探しています。

経費負担の革新を促進するために、同社はブロックチェーンの専門家など幅広い専門家を雇用することを検討しています。
ダブリンの175名の新規従業員には、次のような役割があります。

  • ソフトウェアエンジニア
  • ブロックチェーンスペシャリスト
  • データ科学者
  • プロジェクトマネージャ
  • アナリスト
  • 製品設計者
  • クラウドインフラストラクチャスペシャリスト
  • 情報セキュリティ専門家

新しい仕事は、支払いのイノベーションを促進し、革新的なセキュリティソリューションを設計し、現金を超えた世界に向けて努力するMastercardのコミットメントを表しています。

エンタープライズ・エンタープライズ・イノベーション大臣であるヘザー・ハンフリーズ氏は、この発表を歓迎し次のように述べています。

「ここに拡大するMastercardの決定は重要なランドマークであり、発表に伴い新たな仕事を歓迎する。政府は、知識ベース部門をアイルランド、特にMastercardのような企業のニーズを満たすことができる熟練労働者に引きつけるための適切な条件を確保するために、努力してきました。アイルランドは現在、世界中のFinTechと支払い会社にとって非常に魅力的な場所であり、このような発表は、われわれの政策が目に見える成果を引き続き提供していることを示している」

マスターカードのLeopardstownオフィスには現在380名のスタッフがいます。同社の研究開発拠点であるMastercard Labsのグローバル本社であり、革新的な決済ソリューションを迅速に市場に投入することに専念しています。

Mastercardの新しい技術

Mastercard Labsが作成した新しい技術は、支払いの可能性や更なる限界を押し進めています。
店舗をリビングルームに持ち込む方法を変えるバーチャルで拡張された現実体験、支払い技術でチャットが可能になることにより消費者はメッセージングアプリを利用せずにフライトを予約したり、タクシーを注文することもできます。

ダブリンのチームは、ブロックチェーンソリューションの範囲を探求しているだけでなく、人工知能を使って支払いを確保しています。

開発途上国での支払いを変える可能性のあるQR支払いソリューションはダブリンで創出されただけでなく、太陽光発電の技術によって、現在電力を使わない生活をおくっている何百万人もの人々に電力をもたらすことができます。

オフィスはまた、アイルランドのMastercardのビジネスの中心地であり、銀行やクレジットカード発行会社と協力して、アイルランドの消費者や企業に便利で安全な支払いサービスを提供しています。

関係者からのコメント

Mastercard Labの執行副社長兼マネー・バイス・プレジデントであるケン・ムーア氏は次のように述べています。

「アイルランドは、グローバルなイノベーションの取り組みの中心であり、ダブリンはMastercardを通じて重要な技術の拠点として賞賛されています。世界中のオフィスで 私たちがここで持っている活気のある文化は、これらの高度に熟練した役割のために募集するのに最適な場所です。Mastercardの伝統的な支払い専門知識の外を見ることができ、世界中のお客様に利益をもたらすソリューションを創り出すことができる素晴らしい人材が必要です。私はここで事業を成長させることに興奮しています。

アイルランドのIDAアイルランド代表取締役マーティン・シャナハン氏は、次のように述べています。

「アイルランドの175人の高度に熟練した職種を見つけるためのアイルランドの決定は、アイルランドの事業の継続的な成功とそのチームの革新的なアプローチと専門知識を強調している。今日の発表はまた、アイルランドの支払いやフィンテック企業にとって引き続き魅力的であることを強調している。世界的なブランド認知度を誇るMastercardは、アイルランドに優れたリファレンスを提供しており、アイルランドの先住民およびFDI決済会社の成長と強力なクラスターを持っています。

アイルランドのMastercard IrelandのSonya Geelon氏は次のように述べています。

「アイルランドの存在にさらに投資することは本当に誇りです。ダブリンのオフィスでは、アイルランドだけでなく世界中の未来を形作るイノベーションに取り組んでいます。私たちは、内外の財政的な取り組みを促進するプロジェクトを推進しており、消費者、企業、政府に最も革新的で安全で安全な支払い方法を提供するよう努めています。」

MastercardはLeopardstownのMountainview本部でより多くのスペースを占めており、2026年まで賃貸借契約を締結し、スタッフの増加に対応しています。
2008年のアイルランド事務所の開設以来、ダブリンのMastercardに雇用されている人数は880%増加しました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

NEM新チェーン「シンボル(Symbol/XYM)」待望のメインネット公開

NEM新チェーン「シンボル(Symbol/XYM)」待望のメインネット公開

3Dでビットコイン・ブロックチェーンが確認できる「Symphony 2.0」公開:IOHK

3Dでビットコイン・ブロックチェーンが確認できる「Symphony 2.0」公開:IOHK

イタリアの大学2校:ブロックチェーン「学位証明書」導入へ|情報操作・偽造を防止

イタリアの大学2校:ブロックチェーン「学位証明書」導入へ|情報操作・偽造を防止

中国中化集団「石油取引のブロックチェーン基盤」構築を計画|Shellなどと協力

中国中化集団「石油取引のブロックチェーン基盤」構築を計画|Shellなどと協力

セルビア共和国「暗号資産の取引・発行・マイニング」を合法化|デジタル資産法を発効

セルビア共和国「暗号資産の取引・発行・マイニング」を合法化|デジタル資産法を発効

金融庁:分散型金融システム関連の取り組みをまとめた「特設ページ」を公開

金融庁:分散型金融システム関連の取り組みをまとめた「特設ページ」を公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットバンク:暗号資産の「信用取引サービス」提供へ|ティザーサイト公開

ビットバンク:暗号資産の「信用取引サービス」提供へ|ティザーサイト公開

Eat to Earn採用グルメSNS「シンクロライフ」のSYCトークン、Polygon上で利用可能に

Eat to Earn採用グルメSNS「シンクロライフ」のSYCトークン、Polygon上で利用可能に

Bitget限定特典、友達を招待して200USDTと800BGBをプレゼント

Bitget限定特典、友達を招待して200USDTと800BGBをプレゼント

synschismo株式会社「NFT×ガチャガチャ」の実証実験を実施|福田屋百貨店と提携

synschismo株式会社「NFT×ガチャガチャ」の実証実験を実施|福田屋百貨店と提携

Cardano基盤メタバースに「和風地区」Paviaがトレーラー映像公開

Cardano基盤メタバースに「和風地区」Paviaがトレーラー映像公開

ビットポイント:カルダノ(ADA)の「ステーキングサービス」提供開始

ビットポイント:カルダノ(ADA)の「ステーキングサービス」提供開始

Huobi Japan:ビットコインがもらえる「お友達紹介キャンペーン」開始

Huobi Japan:ビットコインがもらえる「お友達紹介キャンペーン」開始

SBI VCトレード「ADA・DOGE・XLM・XTZ・SOL」取扱いへ

SBI VCトレード「ADA・DOGE・XLM・XTZ・SOL」取扱いへ

米投資アプリ「Robinhood」ユニスワップ(Uniswap/UNI)取扱開始

米投資アプリ「Robinhood」ユニスワップ(Uniswap/UNI)取扱開始

LINEで送れる「キャットNFT」先着60,000名に無償配布:GIFMAGAZINE

LINEで送れる「キャットNFT」先着60,000名に無償配布:GIFMAGAZINE

Solana関連ウォレットの資産流出、原因は「Slope」の可能性

Solana関連ウォレットの資産流出、原因は「Slope」の可能性

分散型音楽配信の「Audius」ハッキング被害で約8億円相当のトークン流出

分散型音楽配信の「Audius」ハッキング被害で約8億円相当のトークン流出

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す