エルサルバドル:独自のステーブルコイン「コロン・ドル」の発行計画か=報道

by BITTIMES

エルサルバドル政府が「Colón-Dollar(コロン・ドル)」と呼ばれる独自のステーブルコイン発行を計画している可能性があることが地元メディア「El Faro」の報道で明らかになりました。このステーブルコインは2021年末までに発表される可能性があると伝えられています。

こちらから読む:BINANCE、株式トークンサービス終了へ「暗号資産」関連ニュース

独自のデジタル通貨「コロン・ドル」発行か

エルサルバドルは「ビットコインを国の法定通貨として認める法案を可決したこと」で注目を集めていましたが、最近の報道では「エルサルバドル政府は独自のデジタル通貨"Colón-Dollar(コロン・ドル)"を発行する可能性がある」と伝えられています。

地元メディア「El Faro」の報道によると、エルサルバドルのナジブ・ブケレ大統領の兄弟であるイブラヒム・ブケレ氏とユセフ・ブケレ氏は投資家向けプレゼンテーションの中で独自のステーブルコイン「Colón-Dollar(コロン・ドル)」を2021年末までに発表する可能性があると語ったと報じられています。

Colón(コロン)は2001年に撤廃されたエルサルバドルの法定通貨のことを指していますが、コロン・ドルは米ドルを裏付けとして中央銀行によって発行されるデジタル通貨で、政府が無償提供する仮想通貨ウォレット「Chivo」でも保管することができるようになる予定だと報告されています。

なお「El Faro」は記事の中で『エルサルバドル政府の報道官は"コロン・ドルの計画は破棄された"と語ったが、別の情報筋は"独自のデジタル通貨を発行する計画は今も残っている"と語った』とも報告しているため、現時点でこれらの情報は不確実なものとなっています。

また、記事の中ではプレゼンテーションの対象投資家陣の中に「カルダノ(Cardano/ADA)」や「アルゴランド(Algorand/ALGO)」の代表が含まれていたことなども報告されています。

報道によると、Cardanoは2021年6月初旬に仮想通貨取引所・ウォレット・NFTマーケットプレイス・アルゴリズム取引システムなどを提供している「WhizGrid」と共にエルサルバドル政府に対して『ステーブルコインやその他のブロックチェーンプロジェクトにコンサルティングサービスを提供すること』を提案していたとのことです。

エルサルバドルでは2021年9月7日に「ビットコイン法」が施行される予定となっていますが、今回の報道では『9月7日までにAndroid/iOSと互換線のあるウォレット、POSインフラ、コロン・ドルを開発することが望まれている』とも報告されています。

>>「El Faro」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

あなたのアルトコインは大丈夫?開発の進捗が見られない「デッド通貨」1,240銘柄公開

あなたのアルトコインは大丈夫?開発の進捗が見られない「デッド通貨」1,240銘柄公開

BITPoint:仮想通貨取引・送受金など「全てのサービス」を一時停止

BITPoint:仮想通貨取引・送受金など「全てのサービス」を一時停止

ロシア中銀:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の試験運用4月から開始

ロシア中銀:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の試験運用4月から開始

著名トレーダーが語る「2021年注目のアルトコイン」DeFi・WEB3.0・ゲームなど

著名トレーダーが語る「2021年注目のアルトコイン」DeFi・WEB3.0・ゲームなど

MicroStrategy:ビットコイン購入に向けた資金調達を完了「10億ドル相当の株式売却」も計画

MicroStrategy:ビットコイン購入に向けた資金調達を完了「10億ドル相当の株式売却」も計画

パレット(Palette)「メインネット正式稼働」発表受けPLT価格も上昇中

パレット(Palette)「メインネット正式稼働」発表受けPLT価格も上昇中

注目度の高い仮想通貨ニュース

テレグラムで「深刻な脆弱性」報告|利用者が行うべき対応は?

テレグラムで「深刻な脆弱性」報告|利用者が行うべき対応は?

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

エドワード・スノーデン氏「ビットコイン急落」を一蹴|BTCはすでに底打ち状態?

エドワード・スノーデン氏「ビットコイン急落」を一蹴|BTCはすでに底打ち状態?

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

ジャスミー × パナソニックAD「Web3プラットフォーム創造」に向けて協業

ジャスミー × パナソニックAD「Web3プラットフォーム創造」に向けて協業

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

Solanaの新しいミームコインSlothanaが革新的なプレセールを開始、数時間で50万ドルを調達

Solanaの新しいミームコインSlothanaが革新的なプレセールを開始、数時間で50万ドルを調達

稲垣組・もぐら組が誕生?コインチェック「新テレビCM」全国放映へ|記念キャンペーンも

稲垣組・もぐら組が誕生?コインチェック「新テレビCM」全国放映へ|記念キャンペーンも

自民党web3PT「2024年版のweb3ホワイトペーパー」公開|税制改正など様々な要望を記載

自民党web3PT「2024年版のweb3ホワイトペーパー」公開|税制改正など様々な要望を記載

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す