The Sandbox「ALPHA SEASON 2」3月3日公開へ|MacOS対応&全ユーザーに解放

by BITTIMES   

メタバース(仮想空間)プラットフォームである「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」は2022年2月26日に、The Sandboxのメタバースを事前体験することができるアルファ版サービスの第2シーズン『ALPHA SEASON 2』を日本時間2022年3月4日00時00分から提供開始することを発表しました。シーズン2は「MacOS」にも対応するとのことで、アカウントを持つ全てのユーザーに対して35以上の体験が提供されると報告されています。

こちらから読む:Everdome、ゲーム内映像を公開「メタバース」関連ニュース

MacOS利用者も含めた「全てのユーザー」に提供

ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)は2022年2月26日に、The Sandboxのメタバースを事前体験することができるアルファ版サービスの第2シーズン『ALPHA SEASON 2』を日本時間2022年3月4日00時00分から提供開始することを発表しました。

「The Sandbox」は仮想空間上の土地や資産を売買したり、それらの土地に独自のゲームやコンテンツを構築したり、仮想空間上に構築されたコンテンツで遊んだりすることができるプラットフォームであり、現在はゲーム内アイテムやゲームを作成することができるクリエイター向けツールである「Game Maker」や「VoxEdit」なども提供されています。

昨年11月に公開された『ALPHA SEASON 1』は"アルファパス"と呼ばれる入場券を入手した一部のユーザーのみが利用可能となっていたものの、『ALPHA SEASON 2』ではThe Sandboxのアカウント持っている全てのユーザーに35以上の体験が提供されるとのことで、「MacOS」の利用者も遊ぶことができると報告されています。

ALPHA SEASON 2 - 3月3日スタート!

🔹35以上の体験が全員に開放されます!
🔹アルファパスを獲得する方法がさらに増えました!
🔹macOSでも遊べるようになりました!

提供される体験としては「シーズン1からアップグレートされた18体験・5つの最新体験・ユーザーが構築した「GameMakerFund」がサポートする4つの体験・3つの新しいIP体験」が用意されていると報告されており、具体的には「著名ラッパーSnoop Dogg氏のNFTコレクション展示イベント」や「4種類のゲーム」なども提供されると説明されています。

また、シーズン2のアルファパスNFTである「Season 2 Alpha Pass」も発行されるとのことで、このパスを持っているユーザーには最大1,000ドル(約11万円)相当のSANDを獲得する機会が与えられるとも報告されています(*1)。『ALPHA SEASON 2』や『Season 2 Alpha Pass』の詳細は以下の公式発表ページで確認することができます。
(*1)日本居住者はアルファパスを獲得することはできません。

>>「The Sandbox」の公式発表はこちら
>>「The Sandbox」の公式サイトはこちら

The SandboxのLANDも購入できる暗号資産取引所Coincheckの新規登録はこちらからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

税金徴収に向け仮想通貨「合法化」へ:ウクライナ政府

税金徴収に向け仮想通貨「合法化」へ:ウクライナ政府

スイス政府所有の郵便会社・通信事業者「ブロックチェーンプラットフォーム」開発へ

スイス政府所有の郵便会社・通信事業者「ブロックチェーンプラットフォーム」開発へ

GMOコイン:1日に最大1億円の日本円を出金できる「大口出金」サービス提供開始

GMOコイン:1日に最大1億円の日本円を出金できる「大口出金」サービス提供開始

米通貨監督庁第32代長官に「Coinbase元幹部」を指名:トランプ大統領

米通貨監督庁第32代長官に「Coinbase元幹部」を指名:トランプ大統領

GUCCI(グッチ)初のNFT作品「Christie's」でオークション販売開始

GUCCI(グッチ)初のNFT作品「Christie's」でオークション販売開始

年間1兆円もコスト削減可能!最大手銀行がブロックチェーンに夢中な理由

年間1兆円もコスト削減可能!最大手銀行がブロックチェーンに夢中な理由

注目度の高い仮想通貨ニュース

Grayscale「新たなイーサリアム先物ETFの申請書類」を米SECに提出

Grayscale「新たなイーサリアム先物ETFの申請書類」を米SECに提出

ジャスティン・サン氏「FTX保有の暗号資産」購入を検討|SOLなど34億ドル相当

ジャスティン・サン氏「FTX保有の暗号資産」購入を検討|SOLなど34億ドル相当

ホンダ・ベンツなどでも仮想通貨決済「FCF Pay」の採用報告続く

ホンダ・ベンツなどでも仮想通貨決済「FCF Pay」の採用報告続く

ARK Investと21Shares「イーサリアム現物ETF」を申請

ARK Investと21Shares「イーサリアム現物ETF」を申請

仮想通貨で成功している億万長者は何人?暗号資産と富裕層に関するレポート公開

仮想通貨で成功している億万長者は何人?暗号資産と富裕層に関するレポート公開

Ponta関連のWeb3プロジェクト「Avalancheサブネット」を採用

Ponta関連のWeb3プロジェクト「Avalancheサブネット」を採用

億万長者のマーク・キューバン氏「約1.28億円相当の暗号資産」盗まれる|被害の原因は?

億万長者のマーク・キューバン氏「約1.28億円相当の暗号資産」盗まれる|被害の原因は?

Tangem × ChangeNOW:仮想通貨取引アグリゲーター「Tangem Express」提供へ

Tangem × ChangeNOW:仮想通貨取引アグリゲーター「Tangem Express」提供へ

Google:一部の「NFTゲーム広告」を許可|暗号資産関連のポリシーを更新

Google:一部の「NFTゲーム広告」を許可|暗号資産関連のポリシーを更新

JPYCで賞金を支払う課題解決プラットフォーム「SPARKN」登場

JPYCで賞金を支払う課題解決プラットフォーム「SPARKN」登場

Meal Match「ASTR報酬受取の申請受付」開始|メタマスクで受け取るための手順も公開

Meal Match「ASTR報酬受取の申請受付」開始|メタマスクで受け取るための手順も公開

Polygon PoSのバリデーターに「Google Cloud」が参加|ネットワーク運営に貢献

Polygon PoSのバリデーターに「Google Cloud」が参加|ネットワーク運営に貢献

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ニアプロトコル(NEAR Protocol/NEAR)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

ニアプロトコル(NEAR Protocol/NEAR)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

イミュータブル(Immutable/IMX)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

イミュータブル(Immutable/IMX)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

イオス(EOS)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

イオス(EOS)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

レンダートークン(Render Token/RNDR)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

レンダートークン(Render Token/RNDR)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Binance Japan(バイナンスジャパン)とは?サービス内容・特徴・取扱う暗号資産などを解説

Binance Japan(バイナンスジャパン)とは?サービス内容・特徴・取扱う暗号資産などを解説

アービトラム(Arbitrum/ARB)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

アービトラム(Arbitrum/ARB)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

人気のタグから探す