高級盆栽のオーナーになれる支援型NFTプロジェクト「THE BONSAI」開始

by BITTIMES

盆栽生産者のマーケティング支援を行う「盆栽エージェンシー」は2022年9月22日に、棚や畑の盆栽から収益を産み出し盆栽産業を持続可能にすることを目的として、ブロックチェーン証明付き高級盆栽のオーナーになれるNFTプロジェクト『THE BONSAI』を開始したことを発表しました。

こちらから読む:Coincheck NFT、3D Generativemasks取扱いへ「国内ニュース」

松盆栽生産日本一の高松から世界に向けて

盆栽生産者のマーケティング支援を行う「盆栽エージェンシー」は2022年9月22日に、棚や畑の盆栽から収益を産み出し盆栽産業を持続可能にすることを目的として、ブロックチェーン証明付き高級盆栽のオーナーになれるNFTプロジェクト『THE BONSAI』を開始したことを発表しました。

『THE BONSAI』はだれでも高級盆栽のオーナーになれる支援型NFTプロジェクトであり、2022年9月22日から公式Twitterで年内販売予定のNFT情報や生産者や産地の様子を発信しています。同プロジェクトには高松市鬼無町で100年以上続く老舗盆栽園である「北谷養盛園」の参加が決定しており、今後は高松市内の他の盆栽園にも参加を呼びかけていくと説明されています。

THE BONSAIに登場するすべての本物の盆栽にはNFTが発行され、作品に関わる様々な情報が記録される仕組みとなっています。このプロジェクトでは、アート作品の真正性の担保を目的にスタートバーン株式会社が開発した「Startrail PORT」のNFCタグが利用されており、本物の盆栽とNFTが紐付けられているため、web環境があれば誰でもNFTに記録されている情報を閲覧することができます。

盆栽界には昔から自分の盆栽を生産者に預けたままにする「あずけ盆栽」という楽しみ方がありましたが、『THE BONSAI』でも盆栽の管理をプロに任せることができるため、誰でも安心して盆栽のオーナーになることが可能で、年に数回だけ自分の盆栽を見に行くことも可能、普段はSNSやDiscordで自分の盆栽に触れることができるようになっています。

NFTホルダーと生産者の関係(画像:盆栽エージェンシー)NFTホルダーと生産者の関係(画像:盆栽エージェンシー)

高松市にある盆栽畑(画像:盆栽エージェンシー)高松市にある盆栽畑(画像:盆栽エージェンシー)

また、所有方法としては「一人で所有できるタイプ」に加えて「複数人で所有するタイプ」も用意、各所有方法やサービスの概要については以下のように説明されています。

【一人で所有】
1本の盆栽を一人で所有するタイプ。基本は1年、2年などの所有期間を設けます。NFTホルダーにはTwitterのヘッダー画像等にも使える特別なNFTをプレゼント予定。また期間内であれば転売も可能です。
価格:0.5ETH〜(1年間)※価格は変更の可能性があります
対象盆栽:成長が期待できる黒松、五葉松、赤松など(高級盆栽)

【複数人で所有】
1本の盆栽を複数人で所有するタイプ。盆栽園の看板木と言える超高級盆栽のオーナーになれます。転売も可能。生産者がさらに盆栽を良くして展覧会に出品するなどの目的を設定したクラウドファンディングにも近い。実際はユーザーの声を聴きながら柔軟にサービスを設計していく予定。盆栽の価値が高まれば、NFTの2次流通での取引増も期待できます。
価格:未定
発行数:未定
対象盆栽:盆栽園の看板木といえる黒松、五葉松など(超高級盆栽)

盆栽エージェンシーは同プロジェクトの今後の展望について次のようにコメントしています。

「盆栽を持続可能な産業にする。」必要なのは作って売るだけのフロー型ビジネスから新たな価値を創造するストック型ビジネスへの転換です。棚や畑にある盆栽から収益を生むことで経営が安定し、より選択と集中が可能になり生産効率は高まります。一方で新たな盆栽ファンの獲得も急務です。盆栽が現在の住環境に合わないのは明白なうえ、管理面のハードルの高さが参入障壁になっています。これらの課題に対し「THE BONSAI」は解決策になり得ます。これまでの常識にとらわれず 、新たな価値作りにチャレンジしていきたいと思います。

>>「盆栽エージェンシー」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Chiliz Exchange:eスポーツ団体「Endpoint CeX」の$ENDCEXファントークン本日取引開始

Chiliz Exchange:eスポーツ団体「Endpoint CeX」の$ENDCEXファントークン本日取引開始

セルビア共和国「暗号資産の取引・発行・マイニング」を合法化|デジタル資産法を発効

セルビア共和国「暗号資産の取引・発行・マイニング」を合法化|デジタル資産法を発効

XANALIA:NFT技術導入で「Chainlink(チェーンリンク)」と提携

XANALIA:NFT技術導入で「Chainlink(チェーンリンク)」と提携

Tesla(テスラ)「ビットコイン決済」に正式対応|支払われたBTCはそのまま保有

Tesla(テスラ)「ビットコイン決済」に正式対応|支払われたBTCはそのまま保有

Walmart「200台のビットコインATM」を試験導入|Coinstar端末でBTCの購入が可能に

Walmart「200台のビットコインATM」を試験導入|Coinstar端末でBTCの購入が可能に

コンサル大手「PwC」もメタバース参入|The Sandboxの土地LANDを購入

コンサル大手「PwC」もメタバース参入|The Sandboxの土地LANDを購入

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコイン価格「10,000ドルまで下落する可能性がある」と予想:Mark Mobius氏

ビットコイン価格「10,000ドルまで下落する可能性がある」と予想:Mark Mobius氏

ビッグアイズ - Cosmosプロジェクト超えを目指すイーサリアム上に構築された価格予測に優れた新しいミームプロトコル

ビッグアイズ - Cosmosプロジェクト超えを目指すイーサリアム上に構築された価格予測に優れた新しいミームプロトコル

日本の3プロジェクト、XRPLでNFTリリースへ「xrp.cafe」で販売

日本の3プロジェクト、XRPLでNFTリリースへ「xrp.cafe」で販売

トルコ金融犯罪調査委員会「FTX関連の資産差し押さえ」を発表

トルコ金融犯罪調査委員会「FTX関連の資産差し押さえ」を発表

MetaTokyo「Village Vanguard・ケシオン」と提携|Web3エンタテインメント事業展開へ

MetaTokyo「Village Vanguard・ケシオン」と提携|Web3エンタテインメント事業展開へ

カルダノ・エイダ(ADA)暗号資産取引所「Coinbase Japan」に上場

カルダノ・エイダ(ADA)暗号資産取引所「Coinbase Japan」に上場

BINANCEの業界復興イニシアチブ「Polygon・Aptos・Animoca Brands」などが参加

BINANCEの業界復興イニシアチブ「Polygon・Aptos・Animoca Brands」などが参加

ゲーム専門NFTローンチパッド「Zaif INO」公開|第1回販売は2022年11月21日から

ゲーム専門NFTローンチパッド「Zaif INO」公開|第1回販売は2022年11月21日から

Genesis:暗号資産取引所「Gemini」に9億ドルの債務|FTX破綻の影響広がる

Genesis:暗号資産取引所「Gemini」に9億ドルの債務|FTX破綻の影響広がる

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

GMOコイン:貸暗号資産プレミアムで「年率40%」のETH貸出募集|11月9日まで

GMOコイン:貸暗号資産プレミアムで「年率40%」のETH貸出募集|11月9日まで

Trust Wallet(トラストウォレット)とは?特徴・使用方法などを初心者向けに解説

Trust Wallet(トラストウォレット)とは?特徴・使用方法などを初心者向けに解説

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す