アート作品に「ICタグ付きブロックチェーン証明書」を発行|Startbahnが新サービス

by BITTIMES

ブロックチェーン技術を活用したアート作品の流通・評価インフラ「Startrail(スタートレイル)」を構築している「スタートバーン株式会社」は、2020年3月25日にブロックチェーン証明書とICタグをセットで提供する新サービス「Startbahn Cert.」のベータ版を公開しました。

こちらから読む:TOYOTA×NTT、スマートシティ開発で資本提携「国内ニュース」

「Startbahn Cert.」とは

Startbahn-Cert-logo

スタートバーン株式会社が公開した「Startbahn Cert.」は、アート流通のためのブロックチェーンインフラである「Startrail(スタートレイル)」を利用して構築された"アート作品のためのICタグ付きブロックチェーン証明書発行サービス"であり、アート作品の「Startrailブロックチェーン証明書」と、その情報に紐付いた「ICチップ付き作品管理タグ」を併せて発行・管理できるサービスとなっています。

スマートフォンなどで「証明書情報」を簡単確認

ICタグにはカードとシールの2種類が存在し、アート作品の所有者はスマートフォンなどでタグを読み込むことによって証明書情報を閲覧することができるようになっています。また、アート作品の流通に関わる事業者はウェブ上のインターフェースを通じて証明書の発行・移転を行うことができます。

証明書情報を閲覧するビューアイメージ(画像:Startbahn)証明書情報を閲覧するビューアイメージ(画像:Startbahn)

流通・利用に関する「個別規約の設定」も可能

「Startbahn Cert.」を利用すると、Startrail上で発行されるブロックチェーン証明書とアート作品をICタグで紐付けた状態で管理することができるため、「実空間におけるアート作品の流通状況」と「ブロックチェーン上に存在する証明書の来歴情報」を容易に連携することができるとされています。

Startrailブロックチェーン証明書には、アート作品のタイトルや制作者などの"作品情報"だけでなく、誰が証明書を発行したかを示す"発行者情報"も記録されるため、証明書の信頼性も保証されます。また「制作者への還元金」などといった流通・利用に関する個別規約を設定することもできるため、様々なサービスに応用することができると期待されます。

「Startbahn Cert.」のサービス概要図(画像:Startbahn)「Startbahn Cert.」のサービス概要図(画像:Startbahn)

「オリジナルデザイン」へのカスタマイズも

「Startbahn Cert.」は、国内外のギャラリーや美術系学校などの証明書発行団体向けに販売されます。ICタグは「シールタイプ」と「カードタイプ」の2種類から選択できるため、作品の形状や素材に応じて使い分けることができます。また、どちらのタイプも事業者名やロゴを記載したオリジナルデザインにカスタマイズすることができるため、独自ブランドとして販売・提供することができるようになっています。

なお、販売価格はシール1枚につき3,000円(税別)から、カード1枚につき3,500円(税別)からとなっています。(デザインカスタマイズは別料金)

ICタグの「カード・シールサンプル」と「内蔵されているICチップ」(画像:Startbahn)ICタグの「カード・シールサンプル」と「内蔵されているICチップ」(画像:Startbahn)

スタートバーン株式会社は「Startbahn Cert.」の初期導入として2019年10月に同社が提携を結んだ「東方文化支援財団」に3,000枚のICタグ付きブロックチェーン証明書を有償で供給します。東方文化支援財団は、アーティスト支援活動の一環として「Startbahn Cert.」を必要とする希望者を選考した上でそれらを無償提供するとのことです。

「Startbahn Cert.」は今後もさらに改良や機能拡張行われていく予定となっており、「QRコードによる展示会での情報提供サービス」や「中長距離で読み取れるUHFチップの追加埋め込みによる倉庫管理との連動サービス」などの展開も検討しているとされています。

「Startbahn Cert.」の詳細は以下の公式発表をご覧ください。
>>「Startbahn Cert.」の詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

オンライン銀行アプリ「Revolut」日本で口座開設が可能に|仮想通貨機能は未対応

オンライン銀行アプリ「Revolut」日本で口座開設が可能に|仮想通貨機能は未対応

GMOコイン:暗号資産レバレッジ取引の「現引き/現渡し」サービス終了へ

GMOコイン:暗号資産レバレッジ取引の「現引き/現渡し」サービス終了へ

ブロックチェーンで「音楽作品の独創性」を検証・記録|アリババが米国で特許取得

ブロックチェーンで「音楽作品の独創性」を検証・記録|アリババが米国で特許取得

ブロックチェーンは「チャリティー」をどのように変えるのか?

ブロックチェーンは「チャリティー」をどのように変えるのか?

ビットコインとは何か?「わかりやすく簡単に説明」

ビットコインとは何か?「わかりやすく簡単に説明」

ブロックチェーンとは?仕組みをわかりやすく解説【図解あり】

ブロックチェーンとは?仕組みをわかりやすく解説【図解あり】

注目度の高い仮想通貨ニュース

コインチェック:貸仮想通貨サービスで「BAT・IOST」の貸付募集開始

コインチェック:貸仮想通貨サービスで「BAT・IOST」の貸付募集開始

CoinBest(コインベスト)「暗号資産交換業者」の登録完了|9月下旬に口座開設受付開始

CoinBest(コインベスト)「暗号資産交換業者」の登録完了|9月下旬に口座開設受付開始

SBI VCトレード:イメージキャラクターとして「鷲見玲奈さん」を起用

SBI VCトレード:イメージキャラクターとして「鷲見玲奈さん」を起用

タイムチケットの仮想通貨タイムコイン(TMCN)「BitForex」上場決定

タイムチケットの仮想通貨タイムコイン(TMCN)「BitForex」上場決定

SBI VCトレード:Flare Networksの「XRP保有者に対するSparkトークン付与」対応を検討

SBI VCトレード:Flare Networksの「XRP保有者に対するSparkトークン付与」対応を検討

ConsenSys:香港・タイの「中央銀行デジタル通貨(CBDC)プロジェクト」に参加

ConsenSys:香港・タイの「中央銀行デジタル通貨(CBDC)プロジェクト」に参加

バミューダ証券取引所:NASDAQ×Hashdexの「仮想通貨ETF」を承認

バミューダ証券取引所:NASDAQ×Hashdexの「仮想通貨ETF」を承認

Coincheck「IOST」正式に取扱い開始|貸仮想通貨・つみたてサービスにも対応

Coincheck「IOST」正式に取扱い開始|貸仮想通貨・つみたてサービスにも対応

暗号資産、税金制度変更の可能性は?金融庁「2021年度 税制改正要望項目」を公開

暗号資産、税金制度変更の可能性は?金融庁「2021年度 税制改正要望項目」を公開

eスポーツチームOG:ブロックチェーン企業「DMScript(DMST)」と提携

eスポーツチームOG:ブロックチェーン企業「DMScript(DMST)」と提携

ブロックチェーン基盤の地震対策コイン「ナマズトークン」を発表:ツバイスペース

ブロックチェーン基盤の地震対策コイン「ナマズトークン」を発表:ツバイスペース

仮想通貨都市「AKONCITY」の詳細情報が明らかに|7つの主要地区で構成

仮想通貨都市「AKONCITY」の詳細情報が明らかに|7つの主要地区で構成

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す