アート作品に「ICタグ付きブロックチェーン証明書」を発行|Startbahnが新サービス

by BITTIMES

ブロックチェーン技術を活用したアート作品の流通・評価インフラ「Startrail(スタートレイル)」を構築している「スタートバーン株式会社」は、2020年3月25日にブロックチェーン証明書とICタグをセットで提供する新サービス「Startbahn Cert.」のベータ版を公開しました。

こちらから読む:TOYOTA×NTT、スマートシティ開発で資本提携「国内ニュース」

「Startbahn Cert.」とは

Startbahn-Cert-logo

スタートバーン株式会社が公開した「Startbahn Cert.」は、アート流通のためのブロックチェーンインフラである「Startrail(スタートレイル)」を利用して構築された"アート作品のためのICタグ付きブロックチェーン証明書発行サービス"であり、アート作品の「Startrailブロックチェーン証明書」と、その情報に紐付いた「ICチップ付き作品管理タグ」を併せて発行・管理できるサービスとなっています。

スマートフォンなどで「証明書情報」を簡単確認

ICタグにはカードとシールの2種類が存在し、アート作品の所有者はスマートフォンなどでタグを読み込むことによって証明書情報を閲覧することができるようになっています。また、アート作品の流通に関わる事業者はウェブ上のインターフェースを通じて証明書の発行・移転を行うことができます。

証明書情報を閲覧するビューアイメージ(画像:Startbahn)証明書情報を閲覧するビューアイメージ(画像:Startbahn)

流通・利用に関する「個別規約の設定」も可能

「Startbahn Cert.」を利用すると、Startrail上で発行されるブロックチェーン証明書とアート作品をICタグで紐付けた状態で管理することができるため、「実空間におけるアート作品の流通状況」と「ブロックチェーン上に存在する証明書の来歴情報」を容易に連携することができるとされています。

Startrailブロックチェーン証明書には、アート作品のタイトルや制作者などの"作品情報"だけでなく、誰が証明書を発行したかを示す"発行者情報"も記録されるため、証明書の信頼性も保証されます。また「制作者への還元金」などといった流通・利用に関する個別規約を設定することもできるため、様々なサービスに応用することができると期待されます。

「Startbahn Cert.」のサービス概要図(画像:Startbahn)「Startbahn Cert.」のサービス概要図(画像:Startbahn)

「オリジナルデザイン」へのカスタマイズも

「Startbahn Cert.」は、国内外のギャラリーや美術系学校などの証明書発行団体向けに販売されます。ICタグは「シールタイプ」と「カードタイプ」の2種類から選択できるため、作品の形状や素材に応じて使い分けることができます。また、どちらのタイプも事業者名やロゴを記載したオリジナルデザインにカスタマイズすることができるため、独自ブランドとして販売・提供することができるようになっています。

なお、販売価格はシール1枚につき3,000円(税別)から、カード1枚につき3,500円(税別)からとなっています。(デザインカスタマイズは別料金)

ICタグの「カード・シールサンプル」と「内蔵されているICチップ」(画像:Startbahn)ICタグの「カード・シールサンプル」と「内蔵されているICチップ」(画像:Startbahn)

スタートバーン株式会社は「Startbahn Cert.」の初期導入として2019年10月に同社が提携を結んだ「東方文化支援財団」に3,000枚のICタグ付きブロックチェーン証明書を有償で供給します。東方文化支援財団は、アーティスト支援活動の一環として「Startbahn Cert.」を必要とする希望者を選考した上でそれらを無償提供するとのことです。

「Startbahn Cert.」は今後もさらに改良や機能拡張行われていく予定となっており、「QRコードによる展示会での情報提供サービス」や「中長距離で読み取れるUHFチップの追加埋め込みによる倉庫管理との連動サービス」などの展開も検討しているとされています。

「Startbahn Cert.」の詳細は以下の公式発表をご覧ください。
>>「Startbahn Cert.」の詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンで「プラスチックごみ」の問題解決|リサイクル衣類製造会社:Waste2Wear

ブロックチェーンで「プラスチックごみ」の問題解決|リサイクル衣類製造会社:Waste2Wear

Facebookが独自の仮想通貨を発行?|ICOの予定は

Facebookが独自の仮想通貨を発行?|ICOの予定は

お菓子グッズ製造大手「Topps」ブロックチェーントレーディングカード発行へ

お菓子グッズ製造大手「Topps」ブロックチェーントレーディングカード発行へ

Facebook主導ではない、もう1つのリブラ「Open Libra」登場

Facebook主導ではない、もう1つのリブラ「Open Libra」登場

サイバー攻撃倍増「ブロックチェーン・仮想通貨」などがターゲットに|警察庁2018年調査

サイバー攻撃倍増「ブロックチェーン・仮想通貨」などがターゲットに|警察庁2018年調査

韓国は仮想通貨大国になれるのか?2020年キャッシュレス化計画

韓国は仮想通貨大国になれるのか?2020年キャッシュレス化計画

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコイン価格、2021年ピーク時には「5,000万円超え」の可能性も:Dan Morehead

ビットコイン価格、2021年ピーク時には「5,000万円超え」の可能性も:Dan Morehead

eスポーツ×ブロックチェーンのTVアプリ「THETA.tv」Galaxyデバイスに搭載へ

eスポーツ×ブロックチェーンのTVアプリ「THETA.tv」Galaxyデバイスに搭載へ

人気ロックバンドのベーシスト、仮想通貨取引アプリ開発企業「Zumo」に出資

人気ロックバンドのベーシスト、仮想通貨取引アプリ開発企業「Zumo」に出資

ポル「PoL Enterprise」正式リリース|企業のブロックチェーン導入・開発を支援

ポル「PoL Enterprise」正式リリース|企業のブロックチェーン導入・開発を支援

SBI VC Trade「新規口座開設キャンペーン」開催へ|もれなく50XRPプレゼント

SBI VC Trade「新規口座開設キャンペーン」開催へ|もれなく50XRPプレゼント

マインクラフトとブロックチェーンを繋ぐプラグイン「EnjinCraft」公開

マインクラフトとブロックチェーンを繋ぐプラグイン「EnjinCraft」公開

ウォレットを超えたXRP Ledger銀行アプリ「Xumm」を紹介:リップル投資部門

ウォレットを超えたXRP Ledger銀行アプリ「Xumm」を紹介:リップル投資部門

イラン大統領:仮想通貨マイニング関連の「国家戦略策定」を指示

イラン大統領:仮想通貨マイニング関連の「国家戦略策定」を指示

Ripple社「ISO 20022」の標準化団体メンバーに参加【DLT関連企業初】

Ripple社「ISO 20022」の標準化団体メンバーに参加【DLT関連企業初】

Binance Research「Libraは決済業界に革命をもたらす可能性」SpaceX社と比較

Binance Research「Libraは決済業界に革命をもたらす可能性」SpaceX社と比較

ビットコイン争奪対戦ゲーム「ライトナイト」取引可能なNFTアイテム発行へ

ビットコイン争奪対戦ゲーム「ライトナイト」取引可能なNFTアイテム発行へ

ErisX:ニューヨーク州で「仮想通貨交換業ライセンス」取得

ErisX:ニューヨーク州で「仮想通貨交換業ライセンス」取得

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

人気のタグから探す