非代替性トークン(Non-Fungible Token/NFT)とは?基礎知識・活用事例などを解説

by BITTIMES

暗号資産(仮想通貨)業界で近年急速に人気を高めている「非代替性トークン(Non-Fungible Token/NFT)」に関する基礎知識・活用事例・メリット・デメリット・購入方法などを初心者向けにわかりやすく解説します。

こちらから読む:NFT関連の記事を新着順で確認「NFT」関連ニュース

Non-Fungible Token(NFT)とは?

Non-Fungible-Token-NFT

非代替性トークン(Non-Fungible Token/NFT)とは、ブロックチェーン技術を用いて発行される固有の価値を持った唯一無二のデジタルアイテム・デジタルデータ・デジタル資産の総称です。NFTはイーサリアムなどのブロックチェーン技術を用いて発行されており、現在は「アート作品、音楽作品、ゲーム内アイテム、写真」などといった様々な作品がNFTとして発行されています。

アート・音楽作品・動画・写真・ゲーム内アイテムなどのデジタルデータは基本的に無限に複製することができますが、NFT形式でそれらのデジタルデータを発行すると「発行者・販売者・購入者・取引履歴」などの様々な情報を改ざん不可能な状態で記録することができるため、NFT保有者は"自分が保有しているNFT作品が本物であること"を証明することができるようになっています。

例えば「有名画家Aがアート作品を画像ファイルとして限定販売する」という場合には、購入者Bが『本人から直接1万円で買ったアート画像だ!』と主張したとしても、友達から『ネットで拾った画像じゃないの?証拠は?』と言われる可能性があります。

しかし「有名画家Aが"NFT形式"でアート作品を限定販売する」という場合には、画像ファイルに『有名画家A限定販売して、購入者Bが1万円で購入した』という情報を紐づけて改ざん不可能な形で記録することができるため、購入者Bさんは自信を持って友人に作品を自慢することができます。

Fungible(代替可能)とNon-Fungible(代替不可能)

Fungible(代替可能)とは「同じ物として交換できるもののこと」を指し、Non-Fungible(代替不可能)は「同じ物として交換できないもののこと」を指します。具体的な例を挙げると「500円玉などの法定通貨は"代替可能"」「購入されたコンサートチケットなどは"代替不可能"」となります。

500円玉はエラー通貨などでない限りは基本的に"500円の価値があるコイン"として使用されるため、『僕の500円玉と君の500円玉を交換して』と言われて断る人はいないでしょう。しかし、コンサートチケットには「開催日時・座席番号・購入者の名前」などの情報が含まれているため、同じライブのチケットでも「同じ物」として交換することはできません。

Non-Fungible Token(NFT)の活用事例

Non-Fungible Token(NFT)は「これまで価値を持たせることができなかったものに価値を持たせることができる技術」として世界的に注目されており、現在は以下のような様々な分野でNFTが発行されています。

アート・芸術作品

アート業界はNFTが活用されている代表的な分野の1つです。アート業界では既に世界中の有名アーティストが「NFT形式のデジタルアート作品」を発売しており、デジタルアートだけでなく「NFT形式のデジタル証明書が付属した現物アート作品」なども販売されています。

音楽作品

音楽業界も同様にNFTが活用されている代表的な分野の1つです。音楽業界でも既に世界中の有名アーティストから「NFT形式の音楽作品」がリリースされており、一部のNFTは数百万円以上の高値で取引されています。

ゲーム内アイテム

ゲーム業界はNFTの活用が期待される代表的な分野の1つです。現在プレイされているゲームの多くでは「武器・防具・回復薬・アバター・モンスター・モーション」などといった様々なものが"ゲーム内アイテム"として売買されていますが、NFT形式でこれらのアイテムを発行すればそれぞれのアイテムに希少価値が生まれ、インターネット上で他のプレイヤーと売買することも可能になります。

現在は既に「ゲーム内でNFTアイテムを獲得できるFPSゲーム」なども開発されているため、今後は"ゲームで集めたNFTをネット上で売買する"といった事例が一般的になっていくと期待されています。

動画・写真などのコンテンツ

NFTは動画・写真などのコンテンツでも活用することができます。また、動画・写真などのNFTも世界中のアーティストによって発行されており、一部のミュージシャンなどは動画と音楽を組み合わせたPVのNFTなども発行しています。

ライセンス・所有権・使用権

NFTは「ライセンス・所有権・使用権」などを付与する際にも活用することができます。NFTを活用すれば、アート作品の使用権などを部分的に許可することもできるため、『NFT購入者が様々な形でそのNFTを活用したビジネスを行い、NFTを発行したメインのアーティストにも報酬を継続的に還元する』といったことも可能となります。

Non-Fungible Token(NFT)のメリット

merit

所有権の証明

NFTを活用すると「アート作品を実際に購入・所有していること」を証明することができるようになります。NFTの取引記録などは基盤となるブロックチェーンに改ざん不可能な形で記録されるため、情報が勝手に変更・修正される可能性が極めて低く、パソコンやスマートフォンなどで簡単にそれらのデータを確認することもできるようになっています。

アーティストへの報酬還元

アート作品・音楽作品などの販売には様々な仲介業者が入るため「最終的にアーティストに支払われる報酬が少ない」といった問題が発生していましたが、NFTは個人でも比較的簡単に発行することができるため、「アーティスト自身が個人でNFTを発行・販売して、購入者は直接アーティストに代金を支払う」といったことが可能になります。また、NFTを活用すれば「二次創作時に報酬の一部をメインのアーティストに還元する」といったことも可能になります。

ネット上で自由に売買できる

NFTは基本的にインターネット上で自由に売買することができるため、ゲーム内で獲得したNFTアイテムを世界中のプレイヤー間で売買することも可能になります。発行枚数が限られている"レアアイテム"などは高値で取引されるケースも多いため、ゲームをプレイしてお金を稼ぐということがより身近になる可能性もあると期待されます。

Non-Fungible Token(NFT)のデメリット

Demerit

規制環境が整っていない

Non-Fungible Token(NFT)は比較的新しい技術であるため「規制環境が整っていない」のいうのが現状です。規制環境が整っていない市場では詐欺などが増加する傾向もあるため、NFT購入時には注意が必要となりますが、現在は世界中でNFTの可能性が注目されてきているため、今後はNFT関連の規制も整備されていくと期待されます。

詐欺などに注意が必要

NFTは比較的簡単に発行することができるようになっていますが、現状では「自分以外の有名画家が作成したアート作品のNFTを発行する」といったこともできるようになっているため、NFT購入時には詐欺・偽物などにも注意する必要があります。有名アーティストのNFT作品などを高額で購入する際には、アーティストの公式SNS・公式サイトなどでNFTの情報をしっかりと確認する必要があります。

流動性が低いものもある

一部のNFTは数百万円を超える高値で取引されていますが、ものによっては「初回販売後に購入希望者が見つからない」といったものもあるため注意が必要です。一部では『NFT売買は稼げる』と宣伝するケースも見られますが、高額でNFTを購入してもその後の購入者が見つからなければ最終的に損失となってしまう可能性もあるため、『NFT取引での利益を狙いたい』といった考えの方は注意が必要です。

Non-Fungible Token(NFT)の購入方法

Non-Fungible Token(NFT)は「NFTマーケットプレイス」と呼ばれるサービスを通じて購入することができます。NFTマーケットプレイスはインターネット上で数多く公開されており、最近では大手暗号資産取引所からもNFTマーケットプレイスのサービスが提供されています。

日本では「Coincheck(コインチェック)」や「LINE BITMAX(ラインビットマックス)」などの暗号資産取引所が既にNFTマーケットプレイスを公開しており、「BITPoint(ビットポイント)」や「GMO」などもNFT市場参入を発表しています。

また日本では「nanakusa」や「miime」などとったNFTマーケットプレイスも提供されており、一般的なNFT取引所ではイーサリアムなどの仮想通貨でNFTを売買することができるようになっています。

NFTマーケットプレイスも提供する暗号資産取引所Coincheckの新規登録はこちらからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

社会貢献活動に対して「独自コイン」付与|デイリーアクション機能を追加:actcoin

社会貢献活動に対して「独自コイン」付与|デイリーアクション機能を追加:actcoin

バイオ医薬品大手がブロックチェーン企業「Lympo」と提携|肥満に悩む人々を支援

バイオ医薬品大手がブロックチェーン企業「Lympo」と提携|肥満に悩む人々を支援

LINE子会社LVC「仮想通貨交換業者」登録を完了|BTCなど5銘柄取り扱いへ

LINE子会社LVC「仮想通貨交換業者」登録を完了|BTCなど5銘柄取り扱いへ

BINANCE:カヴァ(KAVA)の「永久先物取引」提供へ

BINANCE:カヴァ(KAVA)の「永久先物取引」提供へ

Telegramの独自仮想通貨「Gram」今後2ヶ月以内に公開か=New York Times報道

Telegramの独自仮想通貨「Gram」今後2ヶ月以内に公開か=New York Times報道

Overbit Crypto Traders Survey 2021-オーバービット仮想通貨取引調査-

Overbit Crypto Traders Survey 2021-オーバービット仮想通貨取引調査-

注目度の高い仮想通貨ニュース

Crypto Garage(クリプトガレージ)「暗号資産交換業者」の登録を完了

Crypto Garage(クリプトガレージ)「暗号資産交換業者」の登録を完了

ポーランド金融監督庁「Binance Group」について消費者に警告

ポーランド金融監督庁「Binance Group」について消費者に警告

Cardano(ADA)米eToroユーザー間で「最も人気の暗号資産」に=調査報告

Cardano(ADA)米eToroユーザー間で「最も人気の暗号資産」に=調査報告

コインチェック:SKE48の「おでかけNFTトレカ」7月21日に追加販売

コインチェック:SKE48の「おでかけNFTトレカ」7月21日に追加販売

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月4日〜10日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月4日〜10日

LINE BITMAX Wallet:NFTアイテムを取引できる「NFTマーケットβ」提供開始

LINE BITMAX Wallet:NFTアイテムを取引できる「NFTマーケットβ」提供開始

Kraken(クラーケン)「販売所サービス」提供開始|手数料は一律1.5%

Kraken(クラーケン)「販売所サービス」提供開始|手数料は一律1.5%

GMOコイン:国内初「コスモス(Cosmos/ATOM)」取扱い開始|積立などでも対応

GMOコイン:国内初「コスモス(Cosmos/ATOM)」取扱い開始|積立などでも対応

ブランド品のNFTマーケット「Dali」本日公開|ルイ・ヴィトンのNFTが当たるチャンスも

ブランド品のNFTマーケット「Dali」本日公開|ルイ・ヴィトンのNFTが当たるチャンスも

オランダのサッカークラブAZ:暗号資産取引所「Bitcoin Meester」とパートナー契約

オランダのサッカークラブAZ:暗号資産取引所「Bitcoin Meester」とパートナー契約

金融庁「デジタル・分散型金融への対応のあり方等に関する研究会」設置

金融庁「デジタル・分散型金融への対応のあり方等に関する研究会」設置

ドルチェ&ガッバーナ「NFTコレクション」発売へ|Polygon活用した「UNXD」と提携

ドルチェ&ガッバーナ「NFTコレクション」発売へ|Polygon活用した「UNXD」と提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す