持続可能性:ビッグアイズコイン(BIG)のようなスタートアップのミームコインは、巨人ビットコインやドージコインが失敗した場所で成功できるのか?

by BITTIMES   

2022年になった今、私たちの住む世界を守ることが主要な話題となっています。どのような分野の企業であっても、デリケートな生態系や大気圏にできるだけダメージを与えないように努力しなければならないことは当たり前になってきています。世界の政府や企業は、二酸化炭素排出量や地球に与える影響を減らすだけでなく、過去のダメージを元に戻して環境を健全なバランスに戻すために、政策を調整しています。

暗号資産というハイテク市場において、ブロックチェーンの過去の巨匠たちの多くは「その技術が環境に与える影響」について厳しい監視の目を向けられてきました。ブロックチェーンシステムを効果的に稼働させるために必要な電力消費によって、大量の排出物が発生することは科学的に明らかです。Whitehouse.govの統計によると『最大の時価総額を持つ暗号資産の世界的な発電量は、合計で年間1億4000±3000万トンの二酸化炭素をもたらした』そうです。

この記事では、ビッグアイズコイン(BIG)、ドージコイン(DOGE)、ビットコイン(BTC)という3つの暗号資産を分析します。中でもビッグアイズコイン(BIG)は米国政府の環境分析で言及された「時価総額最大」の中に入っていない点が特徴です。また「プロジェクトが環境に与える影響を軽減すること」をリームが明確に表明している通貨でもあります。そのため、より大きな電力を消費する2つのコインと比較するポイントとして使用することができます。

これらの暗号資産が私たちの住む世界にどのような影響を与えるのか、ぜひご覧ください。

ビットコイン:明日をも知れぬほどガスを燃やす

全ての仮想通貨の父であるこのコインが、現代の基準からすると時代遅れに思えるような独特な機能を備えていたとしても、誰も驚かないでしょう。しかしこの非常に高価なコインのショッキングな点は「ある国の年間電力消費量を上回る電力を消費している」という点です。アメリカ化学会の調査によると、ビットコイン(BTC)の取引とマイニングによる年間排出量は、ヨルダンやスリランカが毎年記録する排出量に匹敵するといいます。

この背景には、ビットコイン(BTC)とそのブロックチェーンシステムが採用している独自の方法があります。現代の多くの仮想通貨とは異なり、ビットコインは生成プロセスに非常にエネルギー集約的な「プルーフ・オブ・ワーク」の仕組みを採用しています。このため、このコインは同様のタスクを完了する新しい方法を見つけた多くの仲間たちとは一線を画しています。

ケンブリッジ・オルタナティブ金融センターは2022年に「ビットコイン(BTC)とその関連プロセスが毎年約100TWhを消費している」と推定しています。これは、ビットコイン(BTC)マイニングの電力使用量がエジプトの電力使用量に近いものであることを示しており、さらに採掘だけで世界の総発電量の0.15%の消費量を占めていることを意味します。

ビットコイン(BTC)のマイニングを可能にする最高のハードウェアは特殊で特別なものであるため、この電力を消費するネットワークはより破壊的なものとなっています。このプロセスに必要な機器はリサイクルや再利用が難しく、環境への影響がより大きくなります。Digiconomistは今年2月に「1回のビットコイン取引で約380gのE-Waste(電気電子機器の廃棄物)が発生する」と推定していますが、これはiPhone2台よりも多い量となります。

これらの要因を考慮すると「ビットコイン(BTC)は元祖ではあるものの、倫理的な懸念を持つ投資家にとってベストではないことは確かである」と考えることができます。利益を上げつつも地球を守りたいのであれば、ビットコイン(BTC)の継続的な支持はお勧めできません。

BigEyesCoin-PR

ドージコイン:フレンドリーだが致命的

次に挙げるのは時価総額上位の暗号資産ドージコイン(DOGE)です。ミームコインの始祖でもあるこのコインは、億万長者でもあるテック界の大物イーロン・マスク氏が頻繁に推奨していることなどによって大きな成功を収めました。

表面だけを見ると、このコインは比較的最近作られたもので、より高度な取引の設計がなされているため、その名前にふさわしい環境的な信頼性を有していると思われるかもしれません。

しかし、これから見ていくように、ドージコインとその地球への影響を探っていくと、これはまったく現実的な話ではありません。

ビットコイン(BTC)と同様に、ドージコイン(DOGE)はプルーフ・オブ・ワークをベースにしています。これは、その電力要件が他の多くの暗号資産よりもはるかに大きいことを意味し、ビットコイン(BTC)と同様にこのミームコインの電力消費が目を見張るものであることを意味します。コインの年間電力消費はエルサルバドルのそれと一致し、対応する二酸化炭素排出量はバハマに近いものです。

これは、金融業界が持続可能性に近づこうとする中でビットコイン(BTC)が直面しているのと同じ問題に、ドージコインとその開発者たちが直面していることも示しています。このコインがそれほど要求の高くないモデルに移行することは約束されているものの、その詳細はまだ明らかになっていません。

イーロン・マスク氏が昨年、彼の会社であるテスラが環境負荷を考慮して「ビットコイン(BTC)での支払いを受け付けない」とを宣言したのは大きな皮肉です。ドージコイン(DOGE)はこの点において優れた理想的なコインではありません。このミームコインの大きな成長にもかかわらず、このトークンを未来に優しい持続可能な通貨に変えるために十分なことは行われていないのです。

BigEyesCoin-PR

ビッグアイズコイン:未来の世代のために海を救う

初期段階のミームコインである「ビッグアイズコイン(BIG)」が登場しました。このコインの開発者は、環境保全の分野で先輩達を凌駕するために称賛に値する努力をしています。このコインのホワイトペーパーには『自然界とその中の生態系を保護しながら利益を上げよう』というチームの情熱が表れています。

さっそくですが、このコインのアーキテクチャは独特かつ現代的です。イーサリアムのブロックチェーンをベースにしたこのトークンは、よりカーボンニュートラルに近く、取引ごとの電力消耗もかなり少なくなっています。イーサリアムは2022年に基盤としてのプルーフ・オブ・ワークから、はるかにエコロジーな「プルーフ・オブ・ステーク」モデルへ移行しました。より環境に優しい基盤を意図的に選択することで、ビッグアイズ・チームは持続可能な暗号資産の重要性を認識していることを示しました。

さらに、ビッグアイズコイン(BIG)のチームは、自分たちのプラットフォームとトークンを将来にわたって持続可能なものにすることに尽力しています。トークン管理には慈善寄付のための規定が組み込まれています。トークン総供給量の5%は、実際に確認できるチャリティーウォレットに確保されます。これらのお金は、世界の海や海洋野生生物の保護・保全に取り組む慈善団体に贈られます。

この取り組みは、今話題のコインが環境を意識し、すべての人の明るい未来のために、地球への還元を確実にしようと努力していることの明確な表れです。

このような地球を愛する姿勢は、明らかに影響を与えています。ビッグアイズコイン(BIG)は現在プレセールの段階にあり、すでに780万ドルという驚異的な資金を調達しています。

この環境を意識したミームコインに早く参加したい方は、支払い時にコード「BEYES191」を使用してボーナストークンを請求してください。

ビッグアイズコイン(BIG)
ウェブサイト:https://bigeyes.space/
テレグラム:https://t.me/BIGEYESOFFICIAL
ツイッター:https://twitter.com/BigEyesCoin


免責事項:この記事は「Big Eyes」から寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産ウォレット利用者、右肩上がりに急増|令和元年時点で「3,600万人」突破

暗号資産ウォレット利用者、右肩上がりに急増|令和元年時点で「3,600万人」突破

Manny Pacquiao:伝説のボクサーが独自仮想通貨「PAC TOKEN」発行

Manny Pacquiao:伝説のボクサーが独自仮想通貨「PAC TOKEN」発行

ビットコイン強気相場は無傷「価格上昇は続く」と予想:著名アナリストPlanB

ビットコイン強気相場は無傷「価格上昇は続く」と予想:著名アナリストPlanB

日本での仮想通貨ブーム:トレーダーがミームネイターに大きく賭ける理由

日本での仮想通貨ブーム:トレーダーがミームネイターに大きく賭ける理由

【注意】Trezor:仮想通貨ハードウォレットに「脆弱性」ユーザーがとれる対策は?

【注意】Trezor:仮想通貨ハードウォレットに「脆弱性」ユーザーがとれる対策は?

DMMビットコイン「FLRトークンの付与・取扱い方針」について続報

DMMビットコイン「FLRトークンの付与・取扱い方針」について続報

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

ビットポイント「ポルカドットの入金・ステーキング」が可能に|記念キャンペーンも開催

ビットポイント「ポルカドットの入金・ステーキング」が可能に|記念キャンペーンも開催

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

4月に注目したいソラナ系・イーサリアム系の新しいミームコインとは?

4月に注目したいソラナ系・イーサリアム系の新しいミームコインとは?

ミームネーターのプレセールがトークンの96%以上を販売|最終段階に突入

ミームネーターのプレセールがトークンの96%以上を販売|最終段階に突入

K9 Finance:Shibarium上のNFTマーケットプレイス「MANTRA」と提携

K9 Finance:Shibarium上のNFTマーケットプレイス「MANTRA」と提携

エルサルバドル「毎日1ビットコイン購入戦略」を継続|法定通貨で買えなくなるまで

エルサルバドル「毎日1ビットコイン購入戦略」を継続|法定通貨で買えなくなるまで

NTT Digital:電話番号で利用できる仮想通貨ウォレット「scramberry WALLET」提供開始

NTT Digital:電話番号で利用できる仮想通貨ウォレット「scramberry WALLET」提供開始

ミームネータープレセール|ブルラン勃発で注目される投資機会

ミームネータープレセール|ブルラン勃発で注目される投資機会

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

カルダノ初:法定通貨裏付けステーブルコイン「USDM」ローンチ

カルダノ初:法定通貨裏付けステーブルコイン「USDM」ローンチ

K9 Finance DAO「ガバナンスプロセス」を発表|分散型運営の仕組みについて解説

K9 Finance DAO「ガバナンスプロセス」を発表|分散型運営の仕組みについて解説

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す