BINANCE:暗号資産取引所「FTX.com」の買収で合意|FTT価格は700円台まで急落

by BITTIMES   

暗号資産取引所「BINANCE」のCEOであるチャンポン・ジャオ氏は2022年11月9日に、暗号資産取引所「FTX.com」を買収することで合意したことを発表しました。ここ最近で大々的に報じらていた一連の騒動を受けてFTXトークン(FTT)の価格は暴落しており、3,000円台で推移していたFTT価格は記事執筆時点で700円台まで急落しています。

こちらから読む:NTTドコモ、Web3分野に6,000億円投資へ「暗号資産」関連ニュース

BINANCE「FTX.comの買収」で合意

BINANCE(バイナンス)のCEOであるチャンポン・ジャオ氏(Changpeng Zhao/CZ)は2022年11月9日に、暗号資産取引所「FTX.com」を買収することで合意したことを発表しました。

チャンポン・ジャオ氏は現地時間11月8日午後に深刻な流動性危機に陥っているFTXから協力要請を受けたとのことで、ユーザーを保護するためにFTX.comを買収して資金面での援助を実施、今後は徹底した買収監査を行なっていく予定だと説明されています。

本日午後、FTXから協力要請がありました。FTXは深刻な流動性危機に陥っています。ユーザーを保護するために、我々は拘束力のない基本合意書に署名し、FTX.comを完全に買収して、流動性不足をカバーするつもりです。今後は徹底したデューデリジェンスを実施する予定です。

CZ氏はこのツイートに続ける形で「今回の契約が成立するまでには一定の時間がかかるだろう」とも述べており、「我々はリアルタイムで状況を判断している。バイナンスはいつでもこの取引から撤退できる裁量を持っている」とも説明、さらに「今後数日間は事態の進展に伴い、FTTは非常に不安定になることが予想される」ともコメントしています。

FTX.com買収に至った経緯

FTX.com買収に至るまでの大きな要因としては「FTXの姉妹会社であるAlameda Researchのバランスシートがリークされ、問題点が見つかったこと」や「FTX USが提案した暗号資産規制草案」などが挙げられます。

FTXのCEOであるサム・バンクマン=フリード氏(Sam Bankman-Fried/SBF)は「FTX」と「Alameda Research」の両方を所有していますが、CoinDeskが入手したAlameda Researchの非公開財務書類には『Alameda Researchは2022年6月30日時点で約146億ドル(約2.1兆円)の資産を保有していたものの、その多くはFTXによって発行されたFTXトークン(FTT)であった』ということが記されていたと報告されていました。

これを受けたCZ氏は2022年11月7日のツイートで『最近明らかになった事実に基づいて、帳簿上に残っているFTTを清算することを決定した』と発表しており、その後は『陰で他の業界関係者を妨げるようなロビー活動を行うような人は応援しない』といったコメントも投稿しています。

一連の騒動が大々的に報じられたことによって、仮想通貨業界ではFTXへの信頼が急激に低下、その後は最大級のDAOである「BitDAO」のコミュニティがAlameda側に"BITトークン保持契約を守っている証拠の提出"を求めていた他、8日の深夜には「FTX.comが出金を事実上一時停止したこと」なども報告されていました。

このような出来事によって、3,000円台で推移していたFTXトークン(FTT)の価格は記事執筆時点で700円台まで下落しており、流動性危機に陥ったFTX.com側がBINANCEに協力を要請した形となっています。

なお、サム・バンクマン=フリード氏はブルームバーグのビリオネアランキング「Bloomberg Billionaires Index」にも記載される有名な億万長者の1人でしたが、今回の騒動によって同氏の推定個人資産は1日で約94%も減少、元々約152億ドル(約2兆2100億円)であった同氏の資産は9億9150万ドル(約1440億円)まで減少し、一晩で140億ドル(約2兆円)以上が吹き飛んだとも報告されています。

SBF氏・CZ氏のコメント

今回の買収契約については、FTXのサム・バンクマン=フリード氏も2022年11月9日のツイートで報告しており、『CZ氏やBINANCE、全てのサポーターに感謝している』とコメント、"両者が敵対している"という報道については『BINANCEは規制当局との関係改善に取り組みながら、分散型の経済圏構築を継続している』として、両社の関係が良好であることを説明しています。

また、今回のツイートでは「FTX USとBINANCE USはこの影響を受けていない」とも説明されており、「FTX USの出金は正常に動作している」とも説明されています。

CZ氏は一連のツイート後に「銀行は預金を一部残して投資・融資に回しているかもしれないが、暗号資産取引所はそれをすべきではない」ともコメントしており、「BINANCEは完全な透明性のために、まもなく準備金の証明作業を開始する」とも説明しています。

さらにCZ氏は今回の問題から得られる2つの教訓として「自分が作成したトークンを担保として使用すべきでない」「暗号資産ビジネスを運営する場合は借金をしてはいけない。資本を"効率的"に使用せず、大きな準備金を持つことが必要だ」とコメント、『BINANCEはBNBを担保に使用したことはなく、借金をしたこともない』と説明しています。

今回の買収が正式に成立すると、暗号資産取引所における業界最大のM&A(合併・買収)となりますが、現在は「米商品先物取引委員会(CFTC)がこの買収を注視している」とも報じられているため、今後の動向には注目が集まっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Flexa「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」に対応|SPEDNアプリでADA決済が可能に

Flexa「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」に対応|SPEDNアプリでADA決済が可能に

BINANCE:中国・コロナウイルス被害者支援で「1,000万元」を寄付

BINANCE:中国・コロナウイルス被害者支援で「1,000万元」を寄付

VRゲームへの「ブロックチェーン活用」に向け実証実験:よむネコ×double jump.tokyo

VRゲームへの「ブロックチェーン活用」に向け実証実験:よむネコ×double jump.tokyo

暗号資産取次所SEBC「ビットコインの相談窓口」の営業日拡張へ|日曜・祝日も相談可能に

暗号資産取次所SEBC「ビットコインの相談窓口」の営業日拡張へ|日曜・祝日も相談可能に

ライトコイン保有者狙いの「大規模ダスティング攻撃」が発覚|詐欺・ゆすりに要注意

ライトコイン保有者狙いの「大規模ダスティング攻撃」が発覚|詐欺・ゆすりに要注意

韓国金融当局:外国暗号資産事業者27社に「9月24日までの登録」求める|処罰の可能性も

韓国金融当局:外国暗号資産事業者27社に「9月24日までの登録」求める|処罰の可能性も

注目度の高い仮想通貨ニュース

2022年12月の注目すべきベスト暗号通貨リストでMetacadeがトップとなる?

2022年12月の注目すべきベスト暗号通貨リストでMetacadeがトップとなる?

イーサリアムの時価総額は中国銀行より310億ドル多い。今こそイーサリアム・ビッグアイズコイン大規模採用の時代?

イーサリアムの時価総額は中国銀行より310億ドル多い。今こそイーサリアム・ビッグアイズコイン大規模採用の時代?

Sociosアプリ:一部地域で「Apple Pay」をサポート|CHZ購入方法を拡充

Sociosアプリ:一部地域で「Apple Pay」をサポート|CHZ購入方法を拡充

Twitter:決済サービス展開に向け事業者登録|仮想通貨活用にも期待高まる

Twitter:決済サービス展開に向け事業者登録|仮想通貨活用にも期待高まる

XANA:日韓スターが共演するアニメ「FLAGLIA」をメタバース&NFTゲーム化

XANA:日韓スターが共演するアニメ「FLAGLIA」をメタバース&NFTゲーム化

SBI VCトレード「ADA・MATICの入出庫サービス」提供へ

SBI VCトレード「ADA・MATICの入出庫サービス」提供へ

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコイン価格「10,000ドルまで下落する可能性がある」と予想:Mark Mobius氏

ビットコイン価格「10,000ドルまで下落する可能性がある」と予想:Mark Mobius氏

Coinbase Wallet「iOS版アプリのNFT送信機能」を停止|Apple社のルールが影響

Coinbase Wallet「iOS版アプリのNFT送信機能」を停止|Apple社のルールが影響

The Sandbox:ゲーム開発会社「LINE Studio」と提携|専用エリア設置へ

The Sandbox:ゲーム開発会社「LINE Studio」と提携|専用エリア設置へ

ロシア下院「国立暗号資産取引所の設立」に向けて議論=報道

ロシア下院「国立暗号資産取引所の設立」に向けて議論=報道

Circleの決済ソリューションが「Apple Pay」で利用可能に

Circleの決済ソリューションが「Apple Pay」で利用可能に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す