2023-2030年のXRP価格予想とMetacade(メタケード)に注目すべき理由

by BITTIMES

暗号通貨への投資は、精通した投資家にとって大きな利益を得ることができる素晴らしい方法です。特に高い可能性を秘めたプロジェクトを見つけられた場合には利益も倍増します。

今回の記事では、今最も有望とされている2つのプロジェクト、XRPとMetacade(メタケード)に注目しています。ここでは、これらの通貨へ投資する事によって2023年~2030年の間に莫大なリターンが得られると言われている理由や、XRPの価格予想と同時に、なぜメタケードは多くの投資家にとって2023年最も注目したい暗号通貨と言われているのかを探ります。

※この記事は「Metacade」から寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

メタケードとは?

メタケードは、ゲームプレイヤーと暗号通貨マニアがコラボし、共にゲームをプレイするための Web3コミュニティーハブを提供します。これはゲームの世界における重要かつ新たなニーズに対応しています。

ゲーム開発への資金提供からWeb3 Jobs(Web3やメタバース関連の最前線で働くクリエイターに向けた転職支援サービス)の宣伝まで、メタケードはユーザーがメタケードの所有権を取得してプラットフォームを推進できるようにすることで、コミュニティを最優先にすると同時にメタバースゲーム革命を率いる場所を作るという大きな目標を掲げています。

メタケードが掲げているビジョンは、ゲームの形を元のプレイヤー自身が作り上げていくものに戻すと同時に、従来のコミュニティハブの運営・所有方法に革命をもたらすことです。このプロジェクトは成功する可能性が非常に高く、早期参加を検討している投資家にとってとても魅力的なものとなっています。

メタケードの具体的な仕組み

メタケードは、幅広く興味深い機能をユーザーに提供します。ゲームプレイヤーは人気のあるゲームをプレイしたり、競争率の高いトーナメントに参加したりして、多額の賞金を獲得するチャンスを得ることができます。

ユーザーはプラットフォーム上で、ゲーム仲間との会話や、リーダーボードの確認、レビューの投稿、さらには最新の注目GameFiにアクセスすることも可能です。

また、メタケードにはメタグラント(Metagrants)と呼ばれる、ゲーム開発者が独自のプロジェクトを提出しトークン所有者が自分がプレイしたいと思うものに投票できる機会を提供します。最も多くの票を獲得したゲーム開発者には、賞金としてゲーム開発資金が与えられます。これにより、ユーザーはメタケードゲームライブラリの成長に直接影響を与えることができ、結果コミュニティ最優先のゲーム作りを可能とします。

メタケードのもう1つの重要な要素は分散型自立組織(DAO)への移行が計画されていることです。この移行によりユーザーが所有権を持ち、コミュニティを実際に管理することが可能となります。DAOへの移行は2024年後半に予定されています。

リップルはこの様に豊富な機能をユーザーへ提供することができないため、メタケードのこの幅広い機能は、XRP投資家が移行への高い興味を示している理由の1つとなっています。

MCADEとは?

MCADEはメタケードエコシステムの重要な要素であり、プラットフォームを促進するユーティリティおよびガバナンストークンとして機能します。イーサリアムネットワーク上のERC-20トークンとして低トランザクションコストと非常に安全なネットワークを提供します。

有力なユーティリティートークンであることから予想されるように、MCADEはプラットフォーム上で広く使用されています。メタケードエコシステム内でトークンを商品と交換したり、トーナメントにアクセスするために使用でき、メタケードプラットフォーム全体で必須の交換ユニットとして機能します。

ゲームレビューを残すなどしてプラットフォームに貢献し、コミュニティーの成長に携わったユーザーにはMCADEトークンが与えられます。また、トークン所有者は受動的収入を生み出すためにトークンを賭けることもできます。これらによって得られた収益はMCADEの流通数を低く抑えるためにステーブルコインで支払われます。

MCADE価格予想

メタケードエコシステムの採用が増えるにつれ、MCADEを必要とするユーザーが増えることを考えると、MCADEの価格は大幅に上昇する可能性が高いと言えます。2023年、このメタケードチームの素晴らしいロードマップが実現すれば、大幅な価格上昇をもたらすと予想できます。

これを念頭に置くと、MCADEの価格が2023年に50倍に上昇し、価格が約0.5ドルになったとしても驚くことではありません。さらにメタケードは、2030年までに着実にWeb3ゲームで群を抜くものになると予想されており、これが実現すればMCADE時価総額は150億ドルまでに到達し、MCADEの価格は7.5ドルまで上がると予想されています。

XRPの価格予想

一部の人が予測しているように、リップルがSECに対する訴訟に敗訴した場合、XRPの価格は急落することが予想されます。しかしながら、リップルが訴訟に勝ったとしても、XRPの価格の長期的な成長は不透明のままです。リップルが直面している大きな問題は、多くのXRP保有者が訴訟を通して保持していたトークンを、訴訟終了と同時に売却をする可能性があるということです。

これらのことから言えるように、XRPへの投資はあまり期待できるものとは言えないでしょう。さらに、数多くの競合プロジェクトが存在するため、たとえリップルが勝訴したとしても、XRPは2023年に0.5ドルを下回る可能性があります。

また、リップルの認知度は既に高いため、2030年までにXRPトークンは平均で年間約10%しか増加しない可能性があります。つまり、XRPの価格は1ドル前後に留まる可能性が高く、この低成長の予測はXRPの価格予想に驚きを与えることになるでしょう。

メタケード - 今最も注目の銘柄

リップルやXRPは現在、暗号通貨界で多くの注目を集めていますが、価格予測は他の数多くのプロジェクトと比較すると低迷していることは明らかです。一方、メタケードは2023年以降も大幅な利益を上げていくであろう堅実な理由があります。

現在、メタケードが個人投資家グループ内で非常に高い関心を集めていることは言うまでもありません。ただいま、先行発売は第一段階が開始されています。即座に行動に移し、現在の価格でMCADEを購入した人は、2023年に信じられないほどの利益を上げることができる可能性があります。

メタケードの詳細はこちらから


免責事項:この記事は「Metacade」から寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

コインベスト:販売所サービスで「ダイ(DAI)」取扱い開始

コインベスト:販売所サービスで「ダイ(DAI)」取扱い開始

カナダ大手銀行RBC:仮想通貨取引に関する「4件の特許」を申請

カナダ大手銀行RBC:仮想通貨取引に関する「4件の特許」を申請

中国人民銀行:銀行・企業に「暗号資産関連の取り締まり強化」を指示

中国人民銀行:銀行・企業に「暗号資産関連の取り締まり強化」を指示

DeFi Money Market:規制当局の調査で急遽「業務停止」に|DMG価格は急落

DeFi Money Market:規制当局の調査で急遽「業務停止」に|DMG価格は急落

IOHK:Cardanoネットワークの「完全分散化」に向けたタイムラインを公開

IOHK:Cardanoネットワークの「完全分散化」に向けたタイムラインを公開

日本銀行:中央銀行デジタル通貨の検討に向け民間企業に「情報提供」を依頼

日本銀行:中央銀行デジタル通貨の検討に向け民間企業に「情報提供」を依頼

注目度の高い仮想通貨ニュース

クリプタクト「dHealthTax」に新規対応|DHPの損益計算が簡単に

クリプタクト「dHealthTax」に新規対応|DHPの損益計算が簡単に

韓国の暗号資産取引所「Huobi Korea」フォビグループ離脱で社名変更か

韓国の暗号資産取引所「Huobi Korea」フォビグループ離脱で社名変更か

Bitget「グローリーカップ・先物取引大会」開催|50,000 USDTの報酬を山分け

Bitget「グローリーカップ・先物取引大会」開催|50,000 USDTの報酬を山分け

Huobi Japan:サービス名「BitTrade」に変更へ|名称変更の理由は?

Huobi Japan:サービス名「BitTrade」に変更へ|名称変更の理由は?

独大手銀行デカバンク「機関投資家向けの暗号資産商品」提供へ|MEACO社の技術を採用

独大手銀行デカバンク「機関投資家向けの暗号資産商品」提供へ|MEACO社の技術を採用

MetaMask:仮想通貨の誤送金を狙う「アドレスポイズニング詐欺」について注意喚起

MetaMask:仮想通貨の誤送金を狙う「アドレスポイズニング詐欺」について注意喚起

ビットコインで投げ銭できる分散型SNS「Damus」App Storeで公開

ビットコインで投げ銭できる分散型SNS「Damus」App Storeで公開

シバイヌ(SHIB)近日公開のL2ネットワーク「Shibarium」の概要を発表

シバイヌ(SHIB)近日公開のL2ネットワーク「Shibarium」の概要を発表

匂いのNFT:実業家グラドルの「ヴァネッサ・パン氏」がアンバサダーに就任

匂いのNFT:実業家グラドルの「ヴァネッサ・パン氏」がアンバサダーに就任

OKCoinJapan:販売所・取引所でテゾス(Tezos/XTZ)取扱いへ

OKCoinJapan:販売所・取引所でテゾス(Tezos/XTZ)取扱いへ

HEXA:擬似DAOプロジェクトの新規NFT販売ができる「INO機能」を実装

HEXA:擬似DAOプロジェクトの新規NFT販売ができる「INO機能」を実装

タイSEC:暗号資産のオンライン学習コース「SEC Crypto Academy」開設

タイSEC:暗号資産のオンライン学習コース「SEC Crypto Academy」開設

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す