ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年3月5日〜11日

by BITTIMES

2023年3月5日〜11日にかけて紹介した暗号資産・ブロックチェーン関連のニュースをまとめて掲載しています。この1週間で特に注目の話題をBITTIMES編集部がピックアップしてお届けします。

こちらから読む:2023年3月「ブロックチェーン・暗号資産」ニュース一覧

KDDI:メタバース・Web3サービス『αU』始動

KDDI-au-Metaverse-Web3-Crypto-NFT

KDDIは2023年3月7日に、メタバース・ライブ配信・NFTマーケットプレイス・暗号資産ウォレット・バーチャルショッピングなどといったWeb3時代のサービスを提供するメタバースWeb3サービス『αU(アルファユー)』を始動したことを発表しました。

αU(アルファユー)は暗号資産やNFTを含めたWeb3時代の様々なサービスを提供する新サービスであり、ユーザーは音楽ライブ・アート鑑賞・友人との会話・ショッピングなどの日常体験をいつでもどこでも楽しむことが可能、国内外のパートナーと連携しながら日本のクリエイターやコンテンツのグローバル展開をサポートし、クリエイターが価値を生み出しその対価を得られるクリエイターエコノミーを創出していくと説明されています。

メルカリ「ビットコイン取引サービス」提供開始

mercari-mercoin-Bitcoin-BTC

暗号資産・ブロックチェーン関連のサービス開発を行うメルカリ子会社の暗号資産交換業者「Mercoin(メルコイン)」は2023年3月9日に、暗号資産交換業を開始して、メルカリアプリ内でビットコイン(BTC)の売買ができる新サービス「ビットコイン取引サービス」を提供開始することを発表しました。

「ビットコイン取引サービス」は、不要品を売って得た売上金・ポイントを暗号資産ビットコイン(BTC)に替えることができるサービスであり、メルカリアプリから最短30秒で申し込みが完了、すぐにビットコインの売買を始めることができるようになっています。

Amazon独自のNFTマーケット、来月公開か

Amazon-Logo

Amazon(アマゾン)はが2023年4月24日に「Amazon Digital Marketplace(アマゾンデジタルマーケットプレイス)」と呼ばれる独自のNFTマーケットプレイスをリリースする可能性があることが複数の報道で明らかになりました。

「The Big Whale」の報道によると、Amazonは「Amazon Digital Marketplace」と呼ばれる独自のNFTマーケットプレイスを準備しているとのことで、2023年4月24日から米国居住者向けにサービス提供を開始して、その後はヨーロッパを含む他の地域向けにも徐々に開放されていく予定だと報じられています。

ビットバンク「APE・GALA・CHZ」取扱開始

bitbank-Listing-APE-GALA-CHZ

bitbank(ビットバンク)は2023年3月8日に、同社が提供している「取引所・販売所・暗号資産を貸して増やす」のサービスで「APEGALACHZ」の取扱いを開始しました。

ビットバンクはAPE・GALA・CHZの新規上場によってビットバンクの取扱銘柄数が国内No.1になったことを記念して、現金最大100,000円がもらえる『取扱銘柄数No.1記念Wキャンペーン』も開催しています。

山梨県と渋谷区が暗号資産関連の提携発表

StartaleLabs-ShibuyaCity-AstarNetwork

山梨県は2023年3月8日に、サイバーパンクをテーマとしたNFTプロジェクト「NEO TOKYO PUNKS(ネオトーキョーパンクス)」とコラボして、自治体として全国初となる『NFTを活用したユーザー参加型PR』を実施することを発表しました。

今月8日には、東京都渋谷区とStartale Labs(スターテイルラボ)が「スタートアップ・エコシステムの形成に関する連携協定」を締結したことも発表されています。

シリコンバレー銀行の破綻で「USDC」がデペグ

USD-Chart-Down-Red

米ドル連動ステーブルコイン「USDコイン(USDCoin/USDC)」を発行しているCircle社は2023年3月11日に、経営破綻したシリコンバレー銀行(SVB)にUSDC準備金400億ドルのうちの33億ドルが残されている状態であることを明らかにしました。

この影響によってUSDCではデペグ(参照価格からの乖離)が発生しており、別の米ドル連動ステーブルコインである「DAI」でもデペグが確認されています。

BTC価格予想「2025年に向けた2つの道」

ToneVays-Bitcoin-BTC-Chart

仮想通貨アナリスト・著名トレーダーであるTone Vays(トーン・ベイズ)氏は2023年3月5日に、自身のYouTubeチャンネルで「ビットコイン(BTC)の価格は2025年に300,000ドル(約4,000万円)まで上昇する可能性がある」との予想を語りました。

トーン・ベイズ氏は「ビットコインの次の半減期が2024年3月末頃に訪れる」ということを前提に2025年半ば頃までの価格予想チャートを提示しており、ビットコインには「2021年の強気サイクルにように抵抗線に2回ヒットする」もしくは「2017年の強気サイクルのように抵抗線に1回だけヒットする」という2つの道があるとの考えを語っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース週間まとめ「Cardano・Symbol・Shiba Inu」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「Cardano・Symbol・Shiba Inu」などの注目記事

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年9月29日〜10月5日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年9月29日〜10月5日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年1月6日〜12日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年1月6日〜12日

仮想通貨ニュース週間まとめ|10月14日〜20日

仮想通貨ニュース週間まとめ|10月14日〜20日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年11月7日〜13日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年11月7日〜13日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年12月8日〜14日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年12月8日〜14日

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説