2023年9月:投資先として注目されている5つの仮想通貨

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

投資家は常に先手を打つべく、投資先となる仮想通貨を模索している。どのプロジェクトが成功する可能性が高いのかを見極める方法は存在する。しかし、莫大なリターンをもたらす可能性のあるプロジェクトを見つけることは難易度が高い。

堅実な基礎、先駆的な技術、ユニークなユースケースを持つ多くのプロジェクトが最高仮想通貨の地位を競い合っているのだ。

専門家は、2023年以降に投資家が魅力的に感じる仮想通貨プロジェクトを精力的に探している。以下が注目されている5つの仮想通貨である。

  • 柴ミーム(Shiba Memu)
  • チャンサー(Chancer)
  • アルトシグナル(AltSignals)
  • メタケード(Metacade)
  • ファイルコイン(Filecoin)

柴ミーム(Shiba Memu)とは?

柴ミームは人工知能(AI)とブロックチェーン技術の組み合わせにより、ミームコイン分野で革命的なプレーヤーとなることを目指している。

現在ICOを開催中のこのプロジェクトは、投資家のセンチメントに基づいて自律的なマーケティング戦略を作成する。

柴ミームの今後

ミームコインは従来、本質的な価値がないことで知られてきた。しかし、柴ミームはAIと仮想通貨技術の画期的な組み合わせによってこの状況を一変させようとしている。

ユーザーとの対話を可能とし、受動的収入を得ることができるというプラットフォームの相互作用的性質がこのコインを別格としている。

柴ミームの詳細はこちらからどうぞ。

チャンサー(Chancer)とは?

チャンサーは、ブロックチェーンとオンラインベッティングという2つの巨大成長市場を破壊する勢いを見せる分散型オンライン予測市場モデルだ。

中央集権的な仲介者を排除するチャンサーは、より透明性の高いピアツーピアベッティング体験を提供するための地ならしをしているようだ。

チャンサーの今後

時代の先を行くアプローチは、ネイティブトークン「CHANCER」の認知度の高まりによって後押しされている。

2022年のオンラインベッティング市場は630億ドルで、2030年には1500億ドルまで成長すると予測されている。分散型ベッティングの需要は拡大すると考えられ、この分野で標準を打ち立てている。

チャンサーの詳細はこちらからどうぞ。

アルトシグナル(AltSignals)とは?

アルトシグナルは独自の機能であるAltAlgo™により、52,000人以上のユーザーに卓越した売買シグナルを提供する取引シグナル業界のリーダーだ。

このプロジェクトは、シグナルを次のレベルに引き上げるための新たなAI搭載取引スタックであるActualizeAIを開発中だ。これからワクワクする新展開が多く待ち受けているという理由から注目の仮想通貨として挙げられる。

アルトシグナルの今後

アルトシグナルは、ActualizeAIをサポートするために新トークンであるASIの導入を進めている。トークン保有者は様々な特典を受けることができる。

50,000トークン以上の保有者を対象としたActualizeAIへの生涯アクセスからAIメンバーズクラブでの会員限定特典まで、そのバリエーションは豊富だ。ICOが本格化する中、この通貨は有望なオプションと言えるのではないだろうか。

アルトシグナルの詳細はこちらからどうぞ。

メタケード(Metacade)とは?

メタケードは、世界初ブロックチェーンベースの仮想ゲームセンターで、P2E(遊んで稼ぐ)ゲーム体験に変革を起こすために設計されたGameFiプラットフォームだ。

イーサリアムブロックチェーンを活用しているこの通貨は、メタグラントという取り組みを通して、新世代のゲーム開発サポートをする。ここは、ゲーム愛好家とブロックチェーンのエキスパートが交わるハブのような場所になる予定だ。

メタケードの今後

ネイティブコインであるMCADEトークンは、ネイティブトークン以外にも様々な用途がある。将来的にMCADEは本格的なガバナンストークンとなり、プラットフォーム報酬、そしてメタグラントの基礎を作り上げていくとしている。

MCADEは、絶えず登場する新ゲームにより、長期的にも期待できる銘柄と言えるだろう。

メタケードの詳細はこちらからどうぞ。

ファイルコイン(Filecoin)とは?

ファイルコインは、分散型ファイルストレージとデータ共有ソリューションで、グーグル、マイクロソフト、アマゾンなど、大手IT企業に対抗しようとしている。

より多くの組織がオンラインプラットフォームを利用するようになり、ネット上のファイルストレージの必要性が高まっている。そんな中、ファイルコインの分散型ソリューションは中央集権型の大手企業よりもはるかに迅速な対応が可能となっている。

ファイルコインの今後

FILはファイルコインが機能するために必要不可欠だ。このコインによってユーザーはデジタルスペースを購入できるだけでなく、拡張可能なソリューションによって必要なサーバースペースを簡単に増やすことができる。また、他ユーザーに使用しないスペースを貸し出すことで受動的収入を得ることも可能だ。

結論

これらのプラットフォームは、2023年に注目されている仮想通貨銘柄として選ばれるだけの説得力がある。

各プロジェクトはユニークなユースケース、強力な基盤、巨大な成長の可能性を持っており、魅力的な投資先と言えるのかもしれない。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

2023年のプレセール銘柄|チャンサー・ハイパープロAIの紹介

2023年のプレセール銘柄|チャンサー・ハイパープロAIの紹介

顔認識?ゲーム作成?全部教えてくれるプロ向けのオンライン講義:LEDU x Education Ecosystem

顔認識?ゲーム作成?全部教えてくれるプロ向けのオンライン講義:LEDU x Education Ecosystem

Mainbot「世界初のグローバル教育ゲームメタバース」を独自仮想通貨・NFTと共にローンチ

Mainbot「世界初のグローバル教育ゲームメタバース」を独自仮想通貨・NFTと共にローンチ

貴金属からビットコインETFにシフトする投資家が増加|ミームネーターのプレセールは好調

貴金属からビットコインETFにシフトする投資家が増加|ミームネーターのプレセールは好調

25億2,500万ドルがハッキング:暗号資産市場はハッカーのATMになったのか?

25億2,500万ドルがハッキング:暗号資産市場はハッカーのATMになったのか?

2023年に注目のメタバースプロジェクト7選

2023年に注目のメタバースプロジェクト7選

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説