メルセデス・ベンツがブロックチェーン技術プロジェクトの代表へ!

by BITTIMES   

Hyperledger project(ハイパーレジャー・プロジェクト)は、2月21日アメリカ・カルフォルニア州にて、Mercedes-Benz(メルセデス・ベンツ)の親会社、Daimler AG(ダイムラー)がプロジェクト・プレミアムメンバーとして参加したことを発表しました。同プロジェクトは、ブロックチェーン技術を促進するためのオープンソースを提供するプロジェクトで、金融・銀行・IoT・製造などの各業界の企業リーダーが参加するグローバル・プロジェクトとしてスタートしました。このプロジェクトにはダイムラーAGだけでなく、日本企業からも富士通・日立・NECなどの日本企業が参加しており、IBM・Intel・BLOCKCHAINといった米国大手企業も参加しています。

こちらから読む:メルセデス・ベンツが注目する「ブロックチェーン技術」ニュース一覧

メルセデス・ベンツとビットコイン(Bitcoin/BTC)

以前「ビットコインでベンツを購入しそのまま乗って帰れるようになった」でもご紹介しましたが、メルセデス・ベンツの親会社である「ダイムラーAG」はブロックチェーン技術にかなり肯定的に動いています。

同社は、世界最大の高級自動車ブランド会社ですが、自動車製造・販売以外にも、物流・リース・ファイナンス・保険、およびモビリティ・サービスも行なっています。ビットコインでベンツが買えるようになったのは、こうしたダイムラーAGのブロックチェーン業界への前のめりな姿勢から生まれました。
近年、ブロックチェーン技術の可能性に目をつけた大企業の間で革新の波に乗る傾向が高まっていますが、同社はその中でも良いポジションを獲得するために活発な動きを見せています。

Hyperledger projectには
・アクセンチュア(Accenture)
・エアバス(Airbus)
・アメリカン・エキスプレス(American Express)
IBM(アイビーエム)
富士通(FUJITSU)
JPモルガン・チェース(J.P. Morgan Careers)
・インテル(Intel)
など企業もプレミア会員として参加し活動を開始しました。

今回の件について、ダイムラーAGのCIO(最高情報責任者)であるジャン・ブレヒト氏は次のように述べています。
「ブロックチェーン技術はまだまだ成熟していないが、継続的に成長する有望な技術だと考えている。今、その最先端の現場に入り知識を蓄積し、経験を共有する人々のネットワークを形成するには最適な時期だ。」
「Hyperledger projectに参加することで、我々は良い方向に向かって正しいステップを実行することができると確信している。」
と語っています。

同社はすでに、モバイルペイメント・サービスの「PayCash Europe」を買収し、ビットコインでベンツが購入できる環境を整えました。
その流れからも、今回のようなプロジェクトに関心を示すのは当然の流れだと考えられます。

Hyperledger project(ハイパーレジャー・プロジェクト)が描く未来

Hyperledger project(ハイパーレジャー・プロジェクト)は、同プロジェクトのメンバーになった企業が「115社」を超えたことを正式に発表し、参加企業の多種多様性からブロックチェーン(Blockchain)が今後、多くの業界に多大な影響を与える可能性が高いことを示唆しています。
同プロジェクトは、クロスインダストリー・ブロックチェーン技術を促進するためのオープンソース共同作業場であり、プロジェクトのエグゼクティブディレクター、ブライアン・バンドロフ氏は、公式サイトにてこのような声明を出しています。

「メンバーシップの多様性は増加し続けており、ブロックチェーン技術は多くの業界に影響を与え、ビジネスプロセスの処理方法を変える可能性があることを実証している。私はダイムラーAGがプロジェクトにもたらした貢献と所有技術を楽しみにしている。」
と語りました。

Hyperledger projectは、企業が個々のビジネス・トランザクションをサポートするために、業界固有のアプリケーション、プラットフォーム、ハードウェアシステムを構築して実行する共有の分散元帳技術の開発をしています。
このプロジェクトは、金融・ヘルスケア・物物のインターネット・クレジットカードサービス・航空宇宙まで、さまざまな業界にまたがって今も成長し続けています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンで囚人を追跡「電子ブレスレット」で再犯防止へ|中国

ブロックチェーンで囚人を追跡「電子ブレスレット」で再犯防止へ|中国

日本初の不動産STOシステム「J-FTA」提供へ:スタンダードキャピタル株式会社

日本初の不動産STOシステム「J-FTA」提供へ:スタンダードキャピタル株式会社

ブロックチェーン技術を「学ぶべき理由」インターネット社会は分散型の時代へ

ブロックチェーン技術を「学ぶべき理由」インターネット社会は分散型の時代へ

地下トンネル高速交通システム「Vegas Loop」ドージコイン決済に対応:The Boring Company

地下トンネル高速交通システム「Vegas Loop」ドージコイン決済に対応:The Boring Company

ベンツ:ブロックチェーン技術で「サプライチェーン管理」透明性の向上図る

ベンツ:ブロックチェーン技術で「サプライチェーン管理」透明性の向上図る

パレット:TikTokクリエイターのNFTマーケット「studio15 market for NFT」で技術採用

パレット:TikTokクリエイターのNFTマーケット「studio15 market for NFT」で技術採用

注目度の高い仮想通貨ニュース

L'OREAL PROFESSIONAL「Ready Player Me」との提携によるバーチャルヘアスタイル公開

L'OREAL PROFESSIONAL「Ready Player Me」との提携によるバーチャルヘアスタイル公開

TRON創設者「ChatGPT・OpenAI向けの分散型決済フレームワーク」を発表

TRON創設者「ChatGPT・OpenAI向けの分散型決済フレームワーク」を発表

MetaMask:仮想通貨の誤送金を狙う「アドレスポイズニング詐欺」について注意喚起

MetaMask:仮想通貨の誤送金を狙う「アドレスポイズニング詐欺」について注意喚起

NFTプラットフォームDOSI:決済手段にLINE独自の暗号資産「LINK」を追加

NFTプラットフォームDOSI:決済手段にLINE独自の暗号資産「LINK」を追加

コインチェック:VRゴーグル「Meta Quest2」が当たるキャンペーン開始

コインチェック:VRゴーグル「Meta Quest2」が当たるキャンペーン開始

ネパール通信規制当局「仮想通貨関連ウェブサイト・アプリのブロック」を指示

ネパール通信規制当局「仮想通貨関連ウェブサイト・アプリのブロック」を指示

カルダノ基盤のNFT卓上戦略ゲーム「WARGRUM」提供へ

カルダノ基盤のNFT卓上戦略ゲーム「WARGRUM」提供へ

ビットバンク:The Sandbox(SAND)取扱いへ|上場記念キャンペーンも開催

ビットバンク:The Sandbox(SAND)取扱いへ|上場記念キャンペーンも開催

2023年に注目すべきおすすめのNFTプロジェクト

2023年に注目すべきおすすめのNFTプロジェクト

MetaTokyo:Decentralandのメタバース土地を追加購入|所有区画は4倍強に

MetaTokyo:Decentralandのメタバース土地を追加購入|所有区画は4倍強に

The Sandboxに「北斗の拳」のメタバース構築|世紀末LAND展開へ

The Sandboxに「北斗の拳」のメタバース構築|世紀末LAND展開へ

LINE NFT:賃貸会員権NFT「サクラノスマイ」の第一弾販売、本日12時から開始

LINE NFT:賃貸会員権NFT「サクラノスマイ」の第一弾販売、本日12時から開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す