メタケードの実力はいかに?2023年、潜在的なROIと共に見るチェーンリンクの価格推移

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

2023年も終わりに近づく。P2E(遊んで稼ぐ)ゲーム業界の新星、メタケード(Metacade)はICOでの成功を皮切りに、新たな投資家を呼びこむため多数のリリースを行っている。

狙いは、ネイティブトークン「MCADE」の価格を押し上げ、チェーンリンク(Chainlink)などの抜群の安定性を誇るコインを上回ることだ。

アナリストは既にメタケードの新展開が、新年の価格にどれほどの影響を及ぼすのか予測を始めている。チェーンリンクのような安定性を手に入れることはできるのか?2025年に予想される強気市場に先駆けて、軌道に乗ることはできるのだろうか?

2023年のチェーンリンクの価格動向

仮想通貨は、ダイナミックで不安定な性質で有名だ。バイラリティが資産価格に大きな影響を与えることもしばしばある。一部のトークンは、ソーシャルメディアやインフルエンサーの支持を通じて急速に人気を集めることで通貨の売上を確保している。

しかし、そのバイラルな特徴により需要が予想外に高まると、大幅な価格変動を引き起こしかねない。

ネイティブ通貨のLINKによって駆動されるチェーンリンク。この通貨は、ブロックチェーンプラットフォーム間のスマートコントラクトをセキュリティと信頼性を損なうことなく、外部データソースやAPI 、および金融システムと接続することを可能にする分散型オラクルネットワークだ。

以前は価格変動が激しく、過去に心配されるような損失を経験してきたチェーンリンクだが、今年に入り通貨の価格は大きく安定し、投資家に確かなリターンを提供している。

市場全体が浮き沈みを繰り返す中、チェーンリンクの価格は2023年9月に約25%という着実な上昇を見せた。この安定性は、プロジェクトに対するセンチメントを慎重かつ楽観的なものにしている。外部からの圧力をはねのけ着実に利益を積み上げているチェーンリンクに投資する人は増えているようだ。

メタケードとは?その機能について

メタケード(Metacade)は、ゲームプレイヤーによって創造される世界初Web3ゲームセンターだ。プラットフォームには、数多くのタイトルが取り揃えられている。ここでゲームファンと投資家は、それぞれの野心を共有するコミュニティを構築している。

GameFiとWeb3ファンにP2E分野最高レベルのゲームを提供するという初期の約束を既に果たしたメタケード。オキシアオリジン(Oxya Origin)やエンバーソード(Ember Sword)といった新タイトルも間もなくリリースされる予定だ。

また、報酬制度も大きな魅力の1つである。ユーザーは、P2Eゲームを通じて受動的収入を獲得できる。加えて、メタケードはゲームのレビューやフィードバックを提供することで、コミュニティに貢献すると同時に利益を得られる仕組みも兼ね備えている。

メタケードは、様々な収入オプションを用意している。Compete2Earn(競って稼ぐ)スキームがその一例だ。この取り組みは、オンラインバトルに参加することで報酬獲得のチャンスが得られるというものだ。

さらに、2024年からはWork2Earn(働いて稼ぐ)イニシアチブが導入される。これにより、利用者はベータテストへの参加から、フルタイムの就職機会までWeb3コミュニティ内での幅広い雇用機会にアクセスできるようになる。

さらに、メタケードは才能のある人材育成を目的としたメタグラント(Metagrants)という取り組みも進めている。コミュニティ投票を通じてゲーム開発資金を申請できるというものだ。見事多くの支持を集めたユーザーは、仮想通貨という形で開発資金を受け取ることができる。

これらの優れた機能は全て、独自のメタノミクス経済によって賄われる。広告、トーナメント、ジョブボード、有料ゲーム、ローンチパッドツールを通じて有機的に収益を生み出すことで、自立可能なエコシステムを作り上げるのだ。

メタケードメインネットが待望のローンチ

LINKは、投資家の信頼と健全なファンダメンタルズによって通貨の潜在能力を示した。一方、メタケードはICOで1,640万ドルの資金調達に成功し、2023年4月にプラットフォームを立ち上げた。

以来、このコミュニティ中心のP2Eゲームプラットフォームは、有名ゲームスタジオとの戦略的パートナーシップの締結や自社の開発者ベースを拡大することで力をつけてきた。

間もなく、待望のメインネットのリリースを開始するメタケード。このローンチは、メタスタジオ(MetaStudio)とのパートナーシップを通じて開発された初のゲームリリースと同時に行われる。両社はNFTのリリースとルーンレルム(Rune Realms)のゲームタイトルに最初に取り組んで以来、大きな発展を遂げてきた。

メタケードは、イーサリアム(Ethereum)ブロックチェーン上に構築されている。プロジェクトは最近、イーサリアム以外のプロバイダーとの提携に繋がるパートナーシップを結んだ。PRエージェンシーのフェノム(Phenoms)だ。

この企業は、インフルエンサーと協力することで、GameFiをより幅広い層に宣伝し、コミュニティの発展を促すことに特化している。このパートナーシップは、メインネットの立ち上げ成功を活用することを目的として結ばれた。

メタケードはICOで飛躍的なスタートを切った。早期にコミュニティエンゲージメントを構築し、複数の魅力的なパートナーシップを確立した。初期に公言していた「今後数年間のWeb3ゲームの成長において、重要なプレーヤーとしての地位を確立する」という約束をすでに果たしている。

メタケードの新ステーキングプール

メタケードは、 2023年10月7日に終了した最初のステーキングプールに変わる新たなプールを作成している。5億MCADEトークンをリリースする新プール。ステーキングは、固定のトークン供給で半年間実行され、リリースのタイミングはメインネットの立ち上げと同時期に行われる。

トークンをステーキングしているユーザーは、25%という驚異的なAPYを得ることができる。これは、市場で最も寛大な利回りの1つだろう。また、ステイカーは生涯メタケイダーパス(Metacader pass)を使用して、ゲーム特典や特別オファーを楽しむことができる。

一方、余剰トークンは希少性を維持するために全て焼却される。これにより、MCADEはデフレトークノミクスを推進し、価格パフォーマンスを維持することができる。

投資家にとってこれ以上良い話があるだろうか。一連の機能によりメタケードの時価総額が増加すれば、より多くの投資家がコインをステーキングすることになる。結果、流通供給が減少しプラットフォームの安全性向上に繋がる。

チェーンリンクとメタケードの展望

チェーンリンクの価格は、過去数ヶ月間安定して上昇している。一方、 MCADEは、今年最後の数週間でさらに大きく成長する可能性を秘めている。

最近ローンチされたにも関わらず、ポリゴンラボ(Polygon Labs)とのパートナーシップを含む、さまざまな企業と提携を結んだこの新星。パイオニアとしての長い旅に身を置きながらも、新たなオーディエンスにリーチする準備が整ったようだ。

2024年に向けて投資家は大きな選択を迫られる。安全策をとってLINKへ投資するか、MCADEで波に乗り2025年の強気市場を凌駕するか。どちらにせよ、期待ができる銘柄だろう。

MCADEの詳細はこちらをご覧ください。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

2024年1月、イーサリアムとミームネーターの価格予測

2024年1月、イーサリアムとミームネーターの価格予測

2023年安全に投資をしたい方必見|メタケード・ビットコインの価格予測

2023年安全に投資をしたい方必見|メタケード・ビットコインの価格予測

メタケード:ニューヨーク州の仮想通貨決済採用に伴い、Work2Earnプログラムの開発を急ぐ

メタケード:ニューヨーク州の仮想通貨決済採用に伴い、Work2Earnプログラムの開発を急ぐ

MEXC Global:新たに「スマートかつ簡単でリーズナブルなNFT取引」を実現

MEXC Global:新たに「スマートかつ簡単でリーズナブルなNFT取引」を実現

新星ミームコイン「ミームネイター」ライバルを撃ち落とせるのか?

新星ミームコイン「ミームネイター」ライバルを撃ち落とせるのか?

Bitget「KCGI 2022:王座の呼び声」5月9日開幕へ|初の紹介プログラムも開始

Bitget「KCGI 2022:王座の呼び声」5月9日開幕へ|初の紹介プログラムも開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

エイベックス松浦会長:積立投資で「100 BTC」を蓄積|ETHなどのアルトコインも保有

エイベックス松浦会長:積立投資で「100 BTC」を蓄積|ETHなどのアルトコインも保有

ビットコイン推進派のナジブ・ブケレ氏「エルサルバドル大統領選挙」で勝利宣言

ビットコイン推進派のナジブ・ブケレ氏「エルサルバドル大統領選挙」で勝利宣言

ビットコインブロックチェーン上で初のICO開始 - 日本で大きな話題に

ビットコインブロックチェーン上で初のICO開始 - 日本で大きな話題に

ビットコインは避難用パラシュート|ロバート・キヨサキ氏「アメリカ帝国の終焉」を予測

ビットコインは避難用パラシュート|ロバート・キヨサキ氏「アメリカ帝国の終焉」を予測

ビットボットプレセール、日本のトレーダーから巨額の投資

ビットボットプレセール、日本のトレーダーから巨額の投資

SHIBで新たなNFTコレクションが登場?「SHEBOSHI」の公式Xアカウント公開

SHIBで新たなNFTコレクションが登場?「SHEBOSHI」の公式Xアカウント公開

チリーズ(Chiliz/CHZ)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

チリーズ(Chiliz/CHZ)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

OKCoinJapan:ソラナ(Solana/SOL)取扱いへ|複数のサービスでサポート

OKCoinJapan:ソラナ(Solana/SOL)取扱いへ|複数のサービスでサポート

スイス大手銀行PostFinance「仮想通貨11銘柄の売買・保管サービス」提供開始

スイス大手銀行PostFinance「仮想通貨11銘柄の売買・保管サービス」提供開始

仮想通貨市場に「多数の追い風」が迫っている:億万長者マイケル・ノボグラッツ氏

仮想通貨市場に「多数の追い風」が迫っている:億万長者マイケル・ノボグラッツ氏

2月の注目ミームコイン|プレセールで430万ドルを調達したミームネーターとソラナの新銘柄マイロ

2月の注目ミームコイン|プレセールで430万ドルを調達したミームネーターとソラナの新銘柄マイロ

ビットバンク:国内2例目の上場「マスクネットワーク(MASK)」取り扱いへ

ビットバンク:国内2例目の上場「マスクネットワーク(MASK)」取り扱いへ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す