日立の生体認証基盤をWeb3ウォレットに活用「シードフレーズ紛失のリスク」を排除:コンコーディアム

by BITTIMES

公開型生体認証基盤(PBI)の活用に関する技術検証開始

コンコーディアム財団は2023年12月13日に、日立ソリューションズと共同で日立製作所の公開型生体認証基盤(PBI)を用いたWeb3ウォレットの復元に関する技術検証を開始することを発表しました。

このプロジェクトは「生体認証の電子署名を用いたウォレット構築」を目的としたもので、利用者の利便性を大幅に高め、失いやすいウォレットの復元に必要なシードフレーズに依存する必要性を低減する画期的なプロジェクトだと説明されています。

コンコーディアム(Concordium)は、IDレイヤーとゼロ知識証明によってプライバシーと説明責任のバランスをとるように設計されたパーミッションレスのレイヤー1ブロックチェーンであり、開発者や企業はこのシステム上でスマートコントラクトを利用して様々な分散型アプリケーション(DApps)を構築できるようになっています。

日立が提供する公開型生体認証基盤(PBI)は、生体認証技術とPKI電子署名技術を融合させた新しい公開鍵認証基盤であり、生体情報そのものを保管しないため、情報漏洩による生態情報の悪用やなりすましを防止することができるようになっています。

「シードフレーズをどこにも保存しない運用」を探る

今回発表された技術検証では、ウォレットを作成する際にPBIをトリガーとしてシードフレーズを生成させ、ウォレット復元も生体認証のみで行うことによって、シードフレーズをどこにも保存しない運用の可能性を探ると報告されています。

これによって、シードフレーズを記憶・保管したりシードフレーズを紛失するリスクがなくなるため、仮想通貨ウォレットの利便性が向上し、暗号資産の大規模普及における障壁の1つを取り除くことができると期待されています。

今回の技術検証で協力する各社の代表者は、公式発表の中で次のようにコメントしています。

【日立ソリューションズ セキュリティソリューション事業部 セキュリティプロダクト本部 本部長:池田 憲治氏】
日立ソリューションズでは、PBIを活用した製品・サービスの開発に取り組んでおり、このたび、コンコーディアムブロックチェーンを活用した技術実証に参加できることを光栄に思います。

ブロックチェーンが社会基盤として広く活用され定着するためには、シードフレーズの安全性の確保が重要であり、ここにPBI技術の活用を検証することで、コンコーディアムブロックチェーンがより堅牢性が増すと考えます。

また、今回の実証を通じ、当社がめざす非中央集権型プラットフォームの実現が進むとともに、コンコーディアムブロックチェーンも、より一層の普及に繋がることを期待しております。

【日立 研究開発グループ サービスシステムイノベーションセンター 博士(情報理工学)/ 主管研究員:高橋健太氏】
今回、コンコーディアムのブロックチェーンと日立製作所のPBIを用いた技術実証が出来ることを嬉しく思っています。PBIは、その安全性と利便性の高さから、既に銀行取引やキャッシュレス決済における本人認証に利用されています。

今回、PBIをコンコーディアムウォレットに組み込む新たな取り組みにより、Web3の信頼の根幹とも言える自己主権型アイデンティティや暗号資産・NFTの安全管理を、ユーザの生体情報に基づいて便利に実現できると期待しています。

【コンコーディアム設立者:Lars Seier Christensen氏】
ブロックチェーンの大規模な普及を実現する重要な要素の1つがユーザビリティです。私たちは、すべての人々のために、使いやすく安全なブロックチェーンと暗号通貨を提供することを決意しています。コンコーディアムウォレットと技術検証される日立の公開生体認証技術は、トークンの保管と使用を簡単かつ安全にします。

【コンコーディアムCTO:Kåre Kjellstrøm氏】
今回の技術検証は個人のセキュリティを強化すると考えています。現在、ユーザーは個人に関するクレデンシャルを入力してGoogleやFacebookなどのオンラインアカウントにログインしています。これは自分のアカウントに対する完全なコントロールを失うことになります。

コンコーディアムではオフチェーンKYCが認証されると、ユーザーは認証された個人情報を含むデジタルID証明書を受け取り、ユーザーのデバイスに保存されます。IDの所有者だけが、その属性を誰と共有するかを決めることができます。

例えば、お店のレジのアプリケーションがコンコーディアムのウォレットに接続し、ユーザーが一定の年齢以上であるかどうかを尋ねることができます。その際、IDの所有者は情報を共有するかどうかを決めることができます。

性別、国籍、実年齢、社会保障番号、その他の機密データを明かす必要はなく、ウォレットは単に質問を表示し、答えだけを返します。それ以外の情報は一切提供されません。

>>ウォレット関連の最新記事はこちら

コンコーディアム財団発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

JPYC Apps「JPYC→giftee Boxポイントの交換機能」追加|500種類のギフトと交換可能に

JPYC Apps「JPYC→giftee Boxポイントの交換機能」追加|500種類のギフトと交換可能に

DMMビットコイン「XYMのレバレッジ取引」提供へ|現物取引でも5銘柄サポート

DMMビットコイン「XYMのレバレッジ取引」提供へ|現物取引でも5銘柄サポート

Googleで「ビットコイン」の検索量が急増、過去12ヶ月間の最高値に到達

Googleで「ビットコイン」の検索量が急増、過去12ヶ月間の最高値に到達

Solana Labs:Web3スマートフォン「Saga」を発表|仮想通貨関連機能を搭載

Solana Labs:Web3スマートフォン「Saga」を発表|仮想通貨関連機能を搭載

スマートアプリ:事業者向けコンサルティング事業「SmartApp NFT Consulting」開始

スマートアプリ:事業者向けコンサルティング事業「SmartApp NFT Consulting」開始

デジタル資産形成プラットフォーム「WhaleFin」とは?基本情報・特徴などを解説

デジタル資産形成プラットフォーム「WhaleFin」とは?基本情報・特徴などを解説

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説