ミームネイターマニア:日本のトレーダーが注目する仮想通貨?

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

日本の仮想通貨トレーダーは、2024年の幕開けが目の前に迫った今、投資すべき最高のプロジェクトを探している。仮想通貨市場全体の収益は2027年までに約650億ドルに増加すると予想されており、年々この分野への投資が盛んになっている日本は今後数年間、このブームの恩恵を受ける好位置につけている。

仮想通貨市場、特に日本のミームコイン市場で大きな波を起こしている新しいコインの1つに、現在ICO段階にあるミームネイターがある。ミームコインを扱う際に日本のファンが慣れ親しんでいる軽快なアプローチに、AIのタッチとエキサイティングな新しいゲーム体験を組み合わせたミームネイターは、プレセール中にかなりの勢いを生み出した。

すでに243万ドルの調達したことを踏まえ、ミームネイターがプレセールの最終段階に入ったことで、一部の日本の仮想通貨トレーダーたちの注目を集めはじめているようだ。

ミームネイターとは

ミームコインが多くの投資家に懐疑的な見方を引き起こし続けている理由は明確である。

スカイネットが敵を冷酷に追及するためにターミネーターを地球に送り込んだのと同じようにミームネイター(MMTR)も未来から送り込まれ、有名コインの模倣犯を歴史のゴミ箱に追いやる。10億ドルの時価総額の大きな目標を掲げて。

この横暴なまでの勢いを持つミームコインは、ミームコイン業界の状況を改善することを追求するために、手段を選ばない。メンバーは、エキサイティングなシューティングゲーム「ミームウォーフェア」ではミームネイターを体現しながら、価値のない安価なミームコインを探し出し、破壊することができる。

このツールを使ってウェブをスキャン、質の悪いミームコインを探し出し、これらのミームコインが飽和して市場が破壊される前に、ミーム戦に登場させるキャラクターとして動的に投入する。

日本の仮想通貨マニアがミームネイターのプレセール成功を確認?

ミームネイターICOは、20ステージのプレセールを通じて見事な漸進的な価格上昇により、日本国内でも大きな波紋を呼んでいるようだ。各段階で約6%の上昇により、早期投資家は著名な取引所でトークンが公開される際に含み益を得ることになる。

MMTR ICOが2023年8月29日(映画ターミネーターの審判の日)に発表された後、コインは9月27日に最初のステージでわずか0.01ドルでローンチした。第20ステージと最終ステージでは0.0292ドルで終了し、最も早いステージから参加した投資家には200%近い価格上昇を提供する。

MMTRトークンが取引所に上場すれば、ミームコイン市場の他のプレーヤーに真っ向勝負を挑む。次の10億ドル規模のプロジェクトとなるため、その銀河系的な潜在能力を発揮することが期待される。日本の投資家たちは、プレセール中にすでにその足跡を残しており、世界中の投資家たちもそれに続いている。

ミームネイターは、MMTR価格をさらに強化するために、プレセール6段階に相当する約1億3,000万MMTRトークンを燃やした。再配分されたトークン供給の一部は、流動性を高めるために設計されたステーキングプールにも置かれる。さらに残りの部分はマーケティングに割り当てられる。

ミームネイターは、その強力なブランディングとマーケティング努力で、すでに日本国内の投資家の心を掴んでいる。その強力なブランディングとマーケティング努力には、ローンチビデオや様々なグッズが含まれ、その成果として、初期のトークン購入者の間で強力なコミュニティ精神が育まれている。

2024年に近づくにつれ、日本の仮想通貨トレーダーがミームネイターの残りのプレセールトークンを追い求める多くのインセンティブと理由の中に、一生に一度の旅行が当たるかもしれない抽選会がある。プレセール参加者の中から選ばれた1名には、ヴァージン・ギャラクティック社による25万ドル相当の宇宙旅行に招待される。これは、軌道上にコミュニティを送るムーンショットプロジェクトである。

ミームネイターのEメールリストには、MMTRのプレセールに関する発表や技術開発など、最新情報を入手したい人のためのすべての答えが掲載されている。

2025年MMTRはどこまで上昇するのか?

ミームネイターは2024年を通して、10億ドルの時価総額を達成するつもりで高い成長の野望を掲げている。このマイルストーンを達成するためには、MMTRトークン1枚が1ドルに達する必要がある。

次のビットコイン(BTC)半減期が2024年に予想され、2025年に強気相場が到来する可能性がある中、ミームネイターのローンチはこれ以上ないタイミングだ。

一部の専門家たちは、MMTRが流行し、その表明した目標を達成する可能性を熱心に評価しているようだ。次の強気市場が定着すれば、ミームネイターの時価総額は10億ドルのマイルストーンを超える可能性があると期待する声も出ている。

価値のなさを告白したミームコインであるPEPEコインのバイラルな価格パフォーマンスはまだ記憶に新しいが、一部の強気なアナリストや日本の仮想通貨投資家は、実用性と投資家の価値ではじけるミームコインであるミームネイターの成長に期待を寄せている。

ミームネイターのICO

ミームネイターのプレセールも終盤に差し掛かり、日本のトレーダーは初期段階からミームネイターへの変わらぬ関心を持っているようで、常に先陣を切っている。

ミームコイン革命は今始まっており、ミームネイターの草の根扇動者軍団が未来を切り開いていく。

ミームネイター(MMTR)の詳細は公式サイトからどうぞ。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

2023年9月:プレセールに注目が集まる仮想通貨5選

2023年9月:プレセールに注目が集まる仮想通貨5選

次のPEPEやBONKともいわれる新しいミームコインとは?Sponge V2、Meme Kombatをチェック!

次のPEPEやBONKともいわれる新しいミームコインとは?Sponge V2、Meme Kombatをチェック!

安全な賭け?チャンサーのプレセールが低迷する仮想通貨市場に希望を与える

安全な賭け?チャンサーのプレセールが低迷する仮想通貨市場に希望を与える

Bitcoin Dogsが1150万ドル以上を調達|プレセール終了まで24時間を切る

Bitcoin Dogsが1150万ドル以上を調達|プレセール終了まで24時間を切る

ビットコインがポンジ・スキームであろうとなかろうと、誰もが参加すべきである

ビットコインがポンジ・スキームであろうとなかろうと、誰もが参加すべきである

SMOGが大手取引所MEXCに上場、話題のエアドロップ・キャンペーンはシーズン2へ

SMOGが大手取引所MEXCに上場、話題のエアドロップ・キャンペーンはシーズン2へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説