優れた投資機会?|AI仮想通貨アルトシグナルとフェッチAIを比較

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

多くの投資家が人工知能と仮想通貨の交わりを慎重に見守っている中、アルトシグナルとフェッチAIという2つの傑出したプロジェクトが「AI関連仮想通貨の有力候補」として市場の注目を集めている。

両プラットフォームともAIを活用してブロックチェーン分野で革新的なソリューションを提供しているがその方法は大きく異なる。現在アナリストは、この2つの先駆的なAI仮想通貨を比較し、ユニークな特徴と投資としての可能性を探っている。

この記事は、2024年に最大のリターンの獲得を狙っているポートフォリオにとって、最良の選択を判断する際の参考になるだろう。

アルトシグナル(ASI)とは?

アルトシグナル(ASI)は2017年の立ち上げ以来、信頼できるリーダーとしての地位を確立し、取引シグナル分野における革新の頂点に君臨している。

そして、高品質で信頼性の高い取引シグナルを膨大な数の加入者に一貫して提供し、数千のシグナルで平均勝率64%という驚異的な数字を達成している。同プラットフォームの成功は、独自のAltAlgo™指標によるところが大きく今日までの功績を支えてきた。

トレーディング・インテリジェンスの可能性の限界を押し広げる大胆な動きとして、アルトシグナルは現在、ActualizeAIの導入により進化を遂げている。新しいAI搭載プラットフォームは、機械学習、自然言語処理(NLP)、予測分析などの高度な技術を取り入れることで、取引シグナルに革命を起こす。

目標は、プラットフォームの成功率を80%以上に高め、アルトシグナルのマーケットリーダーとしての地位をさらに強固なものにすること。

ActualizeAIは、継続的な学習と市場データへの暴露を通じて進化・改善するリアルタイムの実用的な洞察を提供することを目指し、AI関連仮想通貨の分野で際立つ存在となり、大きな飛躍を意味する。

アルトシグナルの仕組みについて

アルトシグナルの運用のバックボーンは、成功したAltAlgo™からより高度なActualizeAIへの移行だ。これは市場動向を分析・解釈するプラットフォームの能力を大幅に強化する。ActualizeAIは、機械学習、NLP、予測分析のブレンドを採用しており、膨大な量のデータを処理し、ニュアンスに富んだより正確な取引シグナルを提供することだ。

ASIトークンICOの導入は、ActualizeAIの開発に資金を提供し、育成するための戦略的な動きである。10,000トークン以上のASIトークン保有者は、AltScalpPROスキャルピングインジケーター、AltAlgo™インジケーターの10日間無料トライアル、ActualizeAIからの限定シグナルなど、システム内の様々な特典を享受することができる。

25,000トークン以上を保有しているトレーダーは、AutoTrading機能への限定アクセス、プラットフォームが将来に展開するAIプロジェクトへの割引、限定プレセール・イベントへのアクセスも可能になる。

50,000トークン以上のトークン保有者は、ActualizeAIとその包括的な一連の取引シグナルへの生涯アクセス、およびアルトシグナルのエコシステムの高度な機能へのゲートウェイであるAIメンバーズクラブの生涯メンバーシップが付与される。

この最上位の投資レベルには、無制限のウォッチリスト、AutoTradingへのフルアクセス、AltAlgoへのアクセスなどの追加特典が含まれる。

すべてのASIトークン保有者は、プラットフォームのガバナンスにおける発言権も有しており、この民主的アプローチにより、5万人以上のメンバーを誇るコミュニティはプラットフォームの方向性と成長に貢献する。

セバスチャン・ディアコヌ氏をプロダクト責任者に任命したことは、仮想通貨と取引分野の経験豊富な専門家であり、アルトシグナルがこの新しい章にコミットしていることを強調するもの。ディアコヌ氏はAMAやアップデートを通じてコミュニティと定期的に関わることで、透明性を確保し、プラットフォームとユーザーとの強いつながりを育んでいる。

最近の12月8日のAMAで更新された製品のUIについての洞察を共有し、新しいActualizeAIレイヤーがどのように既存のシグナルサービスと統合するかについて議論、さらにアルトシグナルのイノベーションとユーザーエンゲージメントへの献身を示しました。

ASI価格予測:2024年に1ドルを目指せるのか?

2024年に向けて、アルトシグナルのASIトークンの将来性はますますコミュニティの注目を集めている。業界アナリストはASIが1ドルの大台に乗る可能性に沸いているが、これはアルトシグナルチームが築いた強固な基盤と戦略的ロードマップが後押ししている。

この楽観論は、市場を活性化させる触媒として知られ、特にASIのような高い可能性を秘めた初期段階のトークンに恩恵をもたらすであろう、ビットコインの半減イベントによってさらに後押しされている。

ASIをめぐる熱狂の高まりは根拠のないものではない。開始9月間で174万ドルという信じられない額を調達した。このようなプレセール段階での目覚ましい成果は、ASIトークンが持つ驚くべき可能性に多くの関係者が気づいていることの証しであり、特に0.01875ドルという非常に割安な価格で入手できることを考えればなおさらである。

フェッチAI(FET)とは?

フェッチAIは、人工知能の力を活用し、日常のタスクやトランザクションを自動化・合理化するために設計された画期的なブロックチェーンプラットフォームです。

フェッチAIの核心は分散化の概念であり、プラットフォームは「デジタルツイン(ユーザーを代表するAI駆動ボット)」を利用し、航空券の予約やDeFi取引の実行などのタスクを自律的に実行する。

これらのデジタルツインはネットワーク上の他のユーザーと相互作用し、ユーザーに代わって学習や交渉を行い、様々な領域におけるユーザー体験を簡素化・最適化する。

FET価格予測

フェッチAIのネイティブ仮想通貨FETに関しては、将来が有望視されている。ブロックチェーンの自動化にAIを使うというユニークな提案は投資家の目を引き、現在の価格は約0.57ドル、時価総額は約5億ドルで、FETは2024年に3~4倍の値動きをする可能性があり、投資家にとっては堅実なリターンになると多くの人が考えている。

ASIとFETが見据える2024年の展望

2023年はAI産業にとって驚異的な年であり、2030年までに2418億ドルから7400億ドルに成長すると予測されている。そして、2024年に近づくにつれ、AI仮想通貨ASIとFETの投資の可能性が、それぞれ独自の方法で輝きを増している。

フェッチAIのFETは、自動化されたAI主導のソリューションへの革新的なアプローチを提供し、進化するブロックチェーン空間における可能性を強調し、堅実なリターンのチャンスを提供している。

アルトシグナルのASIトークンだは取引シグナルにおける高度なAI技術と、ビットコインの半減期から予想されるブーストにより、ASIは特に魅力的な投資機会として際立っている。テクノロジーと市場の先見性の融合を体現しており、来年には大きな成長を遂げる可能性がある。

ダイナミックな市場に資本参加する準備が整った投資家にとって、ASIは革新性と可能性の比類ない融合を提供し、魅力的な選択肢となる。ASIは投資であると同時に、取引におけるAIの未来へのベンチャーであり、ASI保有者にとって変革の年になる可能性がある。

ASIの詳細はアルトシグナル公式ウェブサイトから。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Cardano(ADA)が新バージョンをリリース、Render(RNDR)が2023年第4四半期レポートを発表、Pullix(PLX)に1万5000人のユーザー登録

Cardano(ADA)が新バージョンをリリース、Render(RNDR)が2023年第4四半期レポートを発表、Pullix(PLX)に1万5000人のユーザー登録

2024年へ向けて注目の新しい仮想通貨5選

2024年へ向けて注目の新しい仮想通貨5選

Bityard(ビットヤード)正式リリース「258USDTが無料でもらえる」イベントも開催

Bityard(ビットヤード)正式リリース「258USDTが無料でもらえる」イベントも開催

取引せずに最大0.1BTCを稼ぐ方法
〜オーバービット・リワード・ハブご利用のすすめ〜

取引せずに最大0.1BTCを稼ぐ方法
〜オーバービット・リワード・ハブご利用のすすめ〜

エアドロップに焦点を当てた新しいミームコイン「SMOG」がSOLでフェアローンチ、開始1時間で1,400%の急騰

エアドロップに焦点を当てた新しいミームコイン「SMOG」がSOLでフェアローンチ、開始1時間で1,400%の急騰

専門家が注目する2023年の投資銘柄|VC Spectra(SPCT)が業界に革命を起こす?

専門家が注目する2023年の投資銘柄|VC Spectra(SPCT)が業界に革命を起こす?

注目度の高い仮想通貨ニュース

エコフレンドリーで新しいDePIN仮想通貨eTukTuk、気候変動への対策とマルチチェーンの採用で100万ドルの調達に成功

エコフレンドリーで新しいDePIN仮想通貨eTukTuk、気候変動への対策とマルチチェーンの採用で100万ドルの調達に成功

Bitcoinは6万ドル突破となるか、Bitcoin Minetrixがプレセールで1100万ドルに到達しBTSと競う

Bitcoinは6万ドル突破となるか、Bitcoin Minetrixがプレセールで1100万ドルに到達しBTSと競う

Poodl Inuの登場でミームコイン投資家が歓喜、大きなポテンシャルを秘めた新しいプロジェクトか?

Poodl Inuの登場でミームコイン投資家が歓喜、大きなポテンシャルを秘めた新しいプロジェクトか?

1.5兆ドル運用の米資産運用会社「現物イーサリアムETF」を申請|申請企業は8社に

1.5兆ドル運用の米資産運用会社「現物イーサリアムETF」を申請|申請企業は8社に

BINANCE「本人確認(KYC)情報漏洩の噂」について説明|自分でできる対策は?

BINANCE「本人確認(KYC)情報漏洩の噂」について説明|自分でできる対策は?

ミームコインの累積取引高が400億ドル超え|新星ミームネーターに注目が集まる

ミームコインの累積取引高が400億ドル超え|新星ミームネーターに注目が集まる

ディープコイン(DEP)をお得に増やすチャンス|ビットポイントがキャンペーン開始

ディープコイン(DEP)をお得に増やすチャンス|ビットポイントがキャンペーン開始

ビットバンク:国内2例目の上場「マスクネットワーク(MASK)」取り扱いへ

ビットバンク:国内2例目の上場「マスクネットワーク(MASK)」取り扱いへ

Coincheck INO「ディライズラストメモリーズ」のドールNFT販売へ

Coincheck INO「ディライズラストメモリーズ」のドールNFT販売へ

Dogecoinが1ドルへ向けて上昇傾向、続くミームコインとして投資家はSponge V2に期待

Dogecoinが1ドルへ向けて上昇傾向、続くミームコインとして投資家はSponge V2に期待

Aptos提携の格安Web3スマホ「JamboPhone」とは?特徴・機能・販売価格など

Aptos提携の格安Web3スマホ「JamboPhone」とは?特徴・機能・販売価格など

半減期前のラリーでKaspaとSolanaが調整か、Bitcoin Minetrixは上昇傾向

半減期前のラリーでKaspaとSolanaが調整か、Bitcoin Minetrixは上昇傾向

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す