エコフレンドリーな仮想通貨eTukTukがプレセールで50万ドルを調達、EV分野に特化したサステイナブルなエコシステムとは?

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

地球温暖化による異常気象が各国で目立つようになってきており、昨今では地球の環境保護に向けた取り組みの必要性が強調されています。

そのような中で、eTukTuk($TUK、イートゥクトゥク)は環境保護活動に焦点を当て、過去5年もの間、電気自動車(EV)の充電ステーションの設置に励んできました。

本記事では、EV分野に特化したサステイナブル(持続可能)でエコフレンドリーなeTukTukプロジェクトと、プレセールの状況についてお伝えします。

eTukTukとは?

eTukTukとは?

eTukTukは、深刻化する環境問題の解決に向けて、EVの世界的な普及を目指してEVSE(電気自動車の充電インフラ)の構築・運営に力を入れている仮想通貨プロジェクトです。

プロジェクトはスリランカを主要拠点にして、発展途上国を中心とした充電ステーションのネットワーク拡大に取り組んでおり、交通機関による二酸化炭素の排出削減を目標としています。

eTukTukのエコシステムを担うのは、EVのトゥクトゥクであるeTukTuk EVで、ブロックチェーンとAIの技術を活用して、コスト効率がよく、信頼性の高い新しいタイプの交通手段をユーザーへ提供しています。eTukTuk EVを利用することで、ドライバーは運行コストを最大400%まで削減できるともいわれています。

また、eTukTukはエネルギー効率が優れたBinance(BNB、バイナンス)のopBNB(レイヤー2ブロックチェーン)を使用しており、トゥクトゥクのドライバーにとってのコスト削減に貢献する他、技術革新の促進にもこだわっています。

従来のトゥクトゥクの課題とeTukTukの取り組み

従来のトゥクトゥクの課題とeTukTukの取り組み

発展途上国で中心に用いられている従来のトゥクトゥクは、燃料を燃やして動力を得るICE車両が使用されており、一般車よりも多く二酸化炭素を排出するため、環境を保護する上での大きな課題となっています。

最近では、環境保護に対する意識が世界的に高まっていることから、ICE車両は徐々に使用されなくなってきていますが、インフラ整備が不十分な発展途上国ではEVへの転換が進んでおらず、現在でも2億7000万台のトゥクトゥクが走行しているといわれています。

そこでeTukTukは、仮想通貨プロジェクトとして、従来のトゥクトゥクに取って代わるサステイナブルなeTukTuk EVの普及へ積極的に取り組んでいます。

また、仮想通貨市場における民主主義の原理を尊重して、失業に悩むドライバーや経済格差に苦しむ貧困層をサポートする取り組みも行っており、経済のサステイナビリティ(持続可能性)にも貢献しています。

さらに、エコフレンドリーな仮想通貨としてのミッションを達成するために、パートナーシップの構築も前向きに行っています。

中でも注目されているのが、スリランカ政府との提携で、すでに200カ所以上の充電ステーションの設置場所を確保しています。

関連事業を行っている地域のパートナーとも協力をして、充電ステーションの設置・運営にかかるコストを削減しており、ドライバーや地域の収益性向上にも繋げています。

$TUKトークンのパワーステーキング

$TUKトークンのパワーステーキング

$TUKトークンのパワーステーキングでは、トークン保有者がステーキングをすると、充電ステーションの電力供給へ出資でき、その報酬としてAPY(年間利回り)を受け取ることが可能となっています。本稿執筆時点でのAPYは、385%です。

eTukTukのエコシステムは、ドライバーにeTukTuk EVの使用料を課すことで、ネットワークへ収益として還元する仕組みとなっています。

また、充電ステーションでEVの充電が行われ、$TUKトークンで代金が支払われると、協力してくれた地域のパートナーとステーキングしたトークンの保有者へ、コミッションが渡されます。

このようなサステイナブルなエコシステムは、発展途上国の限られた地域だけではなく、世界的なネットワークの拡大を目指しているため、環境問題の解決へ大きく貢献していくであろう仮想通貨として、投資家の間で話題になっています。

プレセールでは50万ドルの調達に成功

eTukTukは現在プレセールを行っており、すでに50万ドルの資金調達に成功しています。

現在の$TUK価格は0.026ドルで、6日後に価格は上昇する見込みです。eTukTukのプレセールは、トークン価格を段階的に引き上げる方法を採用しており、早期参入者へインセンティブを付与しています。

また、$TUKトークンの総供給量20億のうち、6%(1億2000万$TUK)がプレセールへ、20%(4億$TUK)がそれぞれプロジェクト運営とパワーステーキングへ、10%(2億$TUK)がそれぞれマーケティングとコミュニティ報酬へ、割り当てられています。

ユーチューバーも紹介動画を続々とアップロード

このようなエコフレンドリーでサステイナブルなeTukTukは、世界中の仮想通貨ユーチューバーの間でも注目されており、紹介動画が続々とアップロードされています。

2万6000人以上の登録者を誇るJacob Crypto Buryは、大きなポテンシャルを秘めたグリーンなAI仮想通貨として、紹介しています。

日本の仮想通貨ユーチューバーであるマルチインカムサラリーマン蜂野一さん(登録者数1万7000人以上)のチャンネルでも、先月eTukTukを紹介する動画が出されたので、興味のある方はぜひご覧ください。

eTukTukの詳細をチェックする


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

2023年注目の新たな仮想通貨銘柄11選

2023年注目の新たな仮想通貨銘柄11選

ポリゴンとアルトシグナルの価格予測:2025年の仮想通貨市場はどうなるのか?

ポリゴンとアルトシグナルの価格予測:2025年の仮想通貨市場はどうなるのか?

新たなミームコイン「ビッグアイズ」はシバイヌとドージコインを冗長化させるか?

新たなミームコイン「ビッグアイズ」はシバイヌとドージコインを冗長化させるか?

2月の仮想通貨ニュース:ビットコイン価格推移&ミームネータープレセール413万ドル達成

2月の仮想通貨ニュース:ビットコイン価格推移&ミームネータープレセール413万ドル達成

Bybit:BTC/USDTの「無期限契約」を導入|特徴・メリットなどを詳しく解説

Bybit:BTC/USDTの「無期限契約」を導入|特徴・メリットなどを詳しく解説

2023年の柴犬コインの価格予測と止まらないメタケードの勢い

2023年の柴犬コインの価格予測と止まらないメタケードの勢い

注目度の高い仮想通貨ニュース

ドージコインとミームネーター、2024年の注目銘柄は?

ドージコインとミームネーター、2024年の注目銘柄は?

シバイヌ(SHIB)DeFiプラットフォーム「K9 Finance」とパートナーシップ締結

シバイヌ(SHIB)DeFiプラットフォーム「K9 Finance」とパートナーシップ締結

エアドロップに焦点を当てた新しいミームコイン「SMOG」がSOLでフェアローンチ、開始1時間で1,400%の急騰

エアドロップに焦点を当てた新しいミームコイン「SMOG」がSOLでフェアローンチ、開始1時間で1,400%の急騰

Bitcoin Dogs:ビットコインネットワーク上で初のICOを開催

Bitcoin Dogs:ビットコインネットワーク上で初のICOを開催

これからはビットコインの時代?「金からの移行が進行中」ARK CEO キャシー・ウッド氏

これからはビットコインの時代?「金からの移行が進行中」ARK CEO キャシー・ウッド氏

Coincheck INO「ディライズラストメモリーズ」のドールNFT販売へ

Coincheck INO「ディライズラストメモリーズ」のドールNFT販売へ

ビットコインは避難用パラシュート|ロバート・キヨサキ氏「アメリカ帝国の終焉」を予測

ビットコインは避難用パラシュート|ロバート・キヨサキ氏「アメリカ帝国の終焉」を予測

SHIB提携のK9 Finance「$KNINEトークンのローンチ日」が判明

SHIB提携のK9 Finance「$KNINEトークンのローンチ日」が判明

P2P取引が利用不可に?金融庁「仮想通貨取引所への不正送金対策強化」を要請

P2P取引が利用不可に?金融庁「仮想通貨取引所への不正送金対策強化」を要請

シバイヌで発表された「SHEboshis」とは?SHIBバーン貢献など詳細が明らかに

シバイヌで発表された「SHEboshis」とは?SHIBバーン貢献など詳細が明らかに

ビットボット(Bitbot)の自動取引機能|2024年の新たな注目銘柄になる可能性

ビットボット(Bitbot)の自動取引機能|2024年の新たな注目銘柄になる可能性

ビットコインブロックチェーン上で初のICO開始 - 日本で大きな話題に

ビットコインブロックチェーン上で初のICO開始 - 日本で大きな話題に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す