Chiliz(CHZ)が「Ramper」と提携|ソーシャルログインでDApps利用などを簡素化

by BITTIMES

「Chiliz Chain」と「Ramper SDK」を統合

チリーズ(Chiliz/CHZ)は2024年1月25日に、ソーシャルアカウントを用いた簡単ログインで利用できる仮想通貨ウォレットを展開している「Ramper」と提携したことを発表しました。

Ramperは、複数のブロックチェーン上の暗号資産をまとめて簡単に管理できる仮想通貨ウォレットであり、AppleGoogleFacebookXなどの既存アカウントで利用できるウォレットを提供しています。

今回の提携は「Chiliz Chain」と「Ramper SDK」の統合に関するもので、今回の提携によってChiliz関連サービスの利用が容易になり、ユーザー体験が向上すると説明されています。

Chiliz関連サービスの利用をより簡単に

Ramper SDKを利用すると「ウォレットのダウンロード」や「シードフレーズの管理」などの手間を省くことができるとのことで、ユーザーはChiliz上で展開されている分散型アプリケーション(DApps)を簡単に利用できるようになると説明されています。

また、開発者は「WalletView」と呼ばれる機能を通じて重要なウォレット機能にアクセスできるため、安全なユーザー体験を確保しつつ開発をスピードアップできるとのことです。

Ramper SDKは、電子メールやシングルサインオン(SSO)を用いた安全なログイン方法を用いて、バックグラウンドで自己管理型ウォレットを生成するため、シンプルかつ安全な方法でユーザーにサービスを提供できるとされています。

Chilizは、各スポーツクラブの公式ファントークン発行などを通じて、スポーツとエンターテインメントのためのWeb3インフラを構築していますが、今回の機能統合はChilizが提供する世界へのアクセスの民主化に向けた大きな進歩であると説明されています。

>>チリーズ関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

「仮想通貨=違法薬物の取引」は誤解?使用方法のイメージと事実に大きな差

「仮想通貨=違法薬物の取引」は誤解?使用方法のイメージと事実に大きな差

Coincheck NFT:The Sandbox内「Oasis TOKYO」の近隣土地(LAND)販売へ

Coincheck NFT:The Sandbox内「Oasis TOKYO」の近隣土地(LAND)販売へ

仮想通貨NEM / ネムの取扱説明書【 XEM / ゼムとは?】

仮想通貨NEM / ネムの取扱説明書【 XEM / ゼムとは?】

米CME:ADA・SOLなど「アルトコインのデリバティブ取引提供」を検討

米CME:ADA・SOLなど「アルトコインのデリバティブ取引提供」を検討

GMOコイン:2020シーズンもサッカーJ2「FC琉球」とのパートナー契約継続へ

GMOコイン:2020シーズンもサッカーJ2「FC琉球」とのパートナー契約継続へ

ウクライナ大統領:仮想通貨関連法案「承認せず」規制機関設立の予算不足を理由に

ウクライナ大統領:仮想通貨関連法案「承認せず」規制機関設立の予算不足を理由に

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説