2024年2月:成長が期待されている仮想通貨|ムーンショットトークンのビットボットとソラナ

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

2024年2月、今年後半に予定されているビットコイン(BTC)の半減期を前にムーンショットトークンと注目されるビットボットとソラナはそれぞれの軌道に入りつつある。

ビットボットのプレセールイベントは開始からわずか14日間で44万1,000ドルを集め、大きな盛り上がりを見せる一方で、ソラナの価格は1月上旬の高値から一転し、価格を下げて推移している。

投資家が今投資すべき最高の銘柄を探している中、アナリストが2024年のムーンショットトークンを決めるにあたって、今回はビットボットとソラナを紹介していく。

ビットボット:テレグラム取引ボット界の王子様

2023年にテレグラム取引ボットは、資産取引高50億ドルを超えた。8億人のユーザーコミュニティを持つテレグラムは、トレーダーが情報を共有するのに最適なスペースだ。取引ボットはこれらのプロセスを自動化し、ユニボット、マエストロ、バナナガンが分野のリーダーとなっている。

しかし、ここ数カ月でテレグラム取引ボットはいくつかのセキュリティ問題に直面している。Cointelegraphは、ユニボットが56万ドル、マエストロが48.5万ドルのハッキングに遭い、バナナガンはローンチのニュースから1時間以内に価値の90%以上を失うという被害に遭ったと報じた。

そこで、世界初のノンカストディアルテレグラム取引ボットであるビットボットの登場だ。ユーザーは取引したい銘柄をコールドストレージに保管し、取引の成立時点で資金を送金することができる。さらにKnightsafeと提携し、業界を悩ませているセキュリティ問題を解決しようとしている。

Knightsafeは、ビットボットが複数の信頼性の低い機関間で個別に生成されたキーシェアをプライベートセキュリティキーを置き換える高度なカストディ技術の採用を促進した。このソリューションは、データを共有したり、単一の当事者がユーザーの完全なセキュリティキーにアクセスしたりすることはできない。

さらにビットボットは、ラグプルやその他の詐欺からユーザーを保護する。加えてアンチMEV機能は、ビットボットユーザーが得た利益をボットがかすめ取るのを阻止する。同時に、プロトコルは開発チームが投資家の資金を持ち逃げするのを防ぐアンチラグプルプロトコルも備えている。

これらの不正行為からの保護は、ビットボットの卓越したトークノミクスの一端を担っている。トークンの20%は開発用に確保されている。12ヶ月の直線的な放出スケジュールは、チームを1年間固定し、プラットフォームへの取り組みへのモチベーションを高め、メンバーの引き抜きの可能性を防ぐ。

ウォール街の専門知識を個人トレーダーの手に

ビットボットのチームには、元ウォール街のトレーディング専門家が多数在籍している。そのため、プラットフォームは金融業界トップクラスの知識を活用し、自動AI技術と融合させることができる。その結果、非常にアクセスしやすく直感的なUXと取引体験が実現し、あらゆる専門知識を持つトレーダーに最適なものとなっている。

例えば、ビットボットにはプレセールの機会を特定する強力なスナイピングツールや、安く買って高く売るという考え方を採用した自動スナイプ取引機能がある。

さらに、プラットフォームのコピートレード機能により、最も成功しているウォレットの取引の模倣ができる。これは初心者に自信をつけさせ、忙しく時間のないトレーダーを助ける貴重なツールとなるだろう。

その他の機能には、自身のウォレットをより効率的に整理できる管理サービスや、BITBOTコインの保有者がバックグラウンドで収益を得ることができる収益分配スキームなどがある。

ソラナとは?

ソラナはレイヤー2のブロックチェーンプラットフォームであり、開発者が分散型アプリケーション(dApps)を作成するための高速でスケーラブルかつ安価なプラットフォームを提供する。そのユニークなハイブリッドコンセンサス・メカニズムは、プルーフ・オブ・ヒストリー(PoH)コンセンサス・メカニズムと、レイヤー2チェーンでより馴染みのあるプルーフ・オブ・ステーク(PoS)を組み合わせて使用している。

長年にわたり、ソラナはDeFi分野で多くの支持を集めてきた。開発者たちは、このプラットフォームのパーミッションレスな性質を利用して、ユーザーに魅力的なソリューションを提供している。

2020年にローンチして以来、大きく成長を遂げ、本稿執筆時点の時価総額は421億ドル、時価総額上位のアルトコインのひとつとなっている。これはカルダノ(ADA)など他のレイヤー2ソリューションをはるかに凌ぐ。

しかし、ソラナ価格にとってすべてが順風満帆だったわけではない。2023年第3四半期には大幅な伸びを見せ、2022年4月以来初めて120ドルを超えたものの、最近の挫折が価格パフォーマンスを妨げている。特に、投資家がウォレットから400万ドル以上を失ったハッキングスキャンダルがそうだ。

ソラナはこの下落を食い止めるため、ミームコインを含むエコシステムの拡大に奔走している。ミームコインBONKはリリースと同時に顕著なインパクトを与え、数ヶ月の間に3,000%以上急騰した。

2024年ビットボットとソラナの価格予測

ここ最近のソラナの苦戦にも関わらず、投資家は時価総額が大きいことから、2024年のムーンショットプロジェクトと見ている。さらにソラナは、急成長する他のプラットフォームと歩調を合わせるため、エコシステムの多様化を目指している。

分析家は、ソラナの価格が今年中に120ドルに戻ると見ている。さらにアナリストの予測通り、ビットコイン(BTC)の半減期が強気相場を誘発すれば、150ドルにまで上昇する可能性はあると期待されている。

一方、2024年1月17日にわずか0.01ドルでプレセールを開始したビットボットは、すでにその非保護取引ボットソリューションの大規模なテイクアップを見ている。実際、他の取引ボットの最近のパフォーマンスを考えると、投資家はエキサイティングな成長に期待しているようだ。

テレグラム取引ボットNo.1のユニボットは、1ヶ月で236ドルを記録、約1,500%の価格上昇を見た。本稿執筆時点の時価総額は7,000万ドル弱あり、ビットボットが成長するポテンシャルはあると言えるのではないだろうか。

同様に、バナナガンはラグプルが疑われた後、史上最安値から3倍の価格上昇を見せ、現在時価総額は3,200万ドル以上と評価されている。

テレグラム取引ボットの可能性を示すこれらを考慮して、ビットボットの優れたサービスは、2024年のムーンショットプロジェクトとしての評価に値すると考えられている。Xで10万人以上のフォロワーの支持を得たビットボットは、一部のアナリストも早い段階の投資家に2024あるいは2025年に大きな成長をみせるのではと予測しているようだ。

ビットボットは2024年に飛躍する投資機会となるか?

テレグラム取引ボットは、経験豊富なトレーダーに向けたツールキットとなるべく急速に進化しており、予測される強気相場が地平線のすぐ向こうに長引く中、ビットボットの心躍るプレセールイベントはこれ以上ないタイミングで開催された。

他の取引ボットに比べてセキュリティが強化されているビットボットは、この分野で特に魅力的な投資機会の1つと言えるのかもしれない。

CoinDeskが報じたように、プレセールに早い段階で参加した投資家が獲得したユニボットの200倍の利益を考慮すると、ビットボットに期待を寄せる投資家が集まっている理由も理解できるだろう。2024年最高のムーンショットプロジェクトを探している投資家には、全15段階のプレセールで売り出されている3億トークンつかむ時間はまだ十分に残されている。

BITBOTトークンの詳細は公式サイトをご覧ください。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

SECがバイナンスUSとボイジャーの取引に異議の申し立て|2023年のアルトシグナル ASIトークンへの影響は?

SECがバイナンスUSとボイジャーの取引に異議の申し立て|2023年のアルトシグナル ASIトークンへの影響は?

次世代マイニング事業者SKYHASH(スカイハッシュ)が提供する世界最高のマイニングプラットフォーム「SKY-NET」とは?

次世代マイニング事業者SKYHASH(スカイハッシュ)が提供する世界最高のマイニングプラットフォーム「SKY-NET」とは?

革新的なクラウドマイニングを提供するBitcoin Minetrixのプレセールが最終段階へ

革新的なクラウドマイニングを提供するBitcoin Minetrixのプレセールが最終段階へ

シバイヌ(Shiba Inu)で大量保有者の動きが注目される中、Borroe Financeが期待を上回る

シバイヌ(Shiba Inu)で大量保有者の動きが注目される中、Borroe Financeが期待を上回る

ビットコインは苦戦、イーサリアムは徐々に回復、ビッグアイズコインはプレセールで992万ドル調達

ビットコインは苦戦、イーサリアムは徐々に回復、ビッグアイズコインはプレセールで992万ドル調達

Bitget保護基金、暗号資産の冬の時期に立ち上げ、トレーダーの信頼回復を目指す

Bitget保護基金、暗号資産の冬の時期に立ち上げ、トレーダーの信頼回復を目指す

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説