シバイヌ(SHIB)提携のK9 Finance「DAO憲章」を発表|内容の日本語訳も

by BITTIMES   

Shibarium上でのDeFi普及促進に向けて

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)の公式パートナーとして掲載されていることでも知られる「K9 Finance」は2024年2月10日に、分散型自律組織(DAO)である「K9 Finance DAO」のDAO憲章を公開したことを発表しました。

K9 Financeは、シバイヌが展開するレイヤー2ブロックチェーン「Shibarium」を基盤とした流動性ステーキングプラットフォームであり、K9トークン($KNINE)というネイティブトークンの発行も予定されています。

今回公開された「DAO憲章」は、K9 Finance DAOの概要や重要な決まりをまとめたもので、公式発表では「Shibarium上でのDeFi普及促進に向けた取り組みを文章化してまとめたもの」と説明されています。

📢 K9の皆様へ

K9 Finance DAOは「DAO憲章」を公開しました。これは、Shibarium上でDeFiの普及を促進するために私たちがどのような取り組みを行なっていくかを文章化したものです。

▶ メンバーになるには$KNINEを所有する必要があります
▶ 1 $KNINE = 1 投票権
▶ DAOによって管理チームが選出されます

K9 Finance「DAO憲章」の概要

今回公開されたDAO憲章では、パナマ共和国を拠点として同国の法律に従いながら運営される「K9 Foundation(K9財団)」についての説明がなされています。

K9 Finance DAOは、K9財団が主体となる形で運営されることになっており、K9トークン(KNINE)を保有する個人は協会に参加することが可能、K9トークン保有者による投票で様々なことが決定される仕組みとなっています。

投票権は「1KNINE=1票」として全てのKNINE保有者に与えられる仕組みで、K9トークンは支払い手段や報酬支払いなどにも利用されると説明されています。

K9財団の会員は会長・副会長からなる運営チームを任命することになり、運営チームは協会のガバナンス規約に従って協会の日々の運営に責任を持つことになるとも説明されています。

K9トークンを保有する協会会員は、K9財団に関する様々な投票権を有しており、K9財団の運営チームは協会メンバーの決定に基づきながら、メンバーの意思に従った行動を実行することになります。

また、K9財団は資産管理を担当する「財務部」も設置、この財務部が協会が保有するK9トークンやその他の資金を含む、協会の金融資産を管理する責任を負うことになるとも説明されています。

K9 Finance「DAO Charter」の日本語訳

K9 Finance DAOが公開した「DAO Charter」では、第1条〜第9条に分けて以下のような内容が記されています。

第1条:名称と目的

本財団の名称は「K9 Foundation(K9財団)」とする。この協会の目的は、パナマ共和国におけるK9の文化・伝統・消費を促進し、世界中の会員が安全な環境で集えるようにすることである。そうすることで、会員はK9エコシステムをさらに促進・確立し、より良くするために働くことができる。

第2条:会員資格

K9財団の会員は、K9トークン(KNINE)を所有する個人に限定される。K9トークンを所有する会員のみが、財団に関するすべての事項について投票する権利を有する。すべての投票はブロックチェーン上で行われるものとする。各メンバーが所有するトークンの数によって、財団に関するあらゆる事項で投票する権利を有する票数が決定されるものとする。

K9トークンを所有していない個人は、財団におけるいかなる権利も会員資格も持たない。K9トークンは、財団に提供されたサービスに対する唯一の支払い手段として使用される。協会にサービスを提供する会員はK9トークンで報酬を得る。K9トークンの価値は、支払い時の市場価格によって決定される。

‍K9トークンを所有する会員は、トークンの使用に関する規則・規定を遵守する必要がある。規則および規定は、財団の運営チームによって決定される。

‍K9トークン保有者は、K9財団に関するすべての事項について排他的な議決権を有する。K9トークンを所有する会員は、財団の範囲内であればどのような案件でも投票を行うことができる。すべての投票は、透明性と正確性を確保するためにブロックチェーン技術を使用して行われる。

K9トークンを所有する会員のみが、いかなる案件についても投票権を有する。各メンバーは、所有するK9トークン1つにつき1票を投じる権利を有する。決議を可決するために必要な票数は、財団の管理チームが決定する。

協会による決定を有効かつ拘束力のあるものとするため、投票には定足数の出席が必要である。定足数は財団の運営チームによって決定されるものとし、決議を可決するために必要な票数も運営チームによって指定される。

要約すると、K9トークンを所有するK9財団のメンバーは誰でも投票を行う権利を有するものとし、すべての投票はブロックチェーン技術を用いて行われるものとする。K9トークンを所有するメンバーのみが投票権を有し、各投票は可決に必要な定足数と票数を必要とする。

第3条:運営チーム

K9財団の会員は、会長および副会長からなる運営チームを任命する。運営チームは、協会のガバナンス規約に従い、協会の日々の運営に責任を持つものとする。

K9財団は、協会のメンバーによって任命される運営チームを持つものとする。運営チームは、協会の会員の決定を実行し、会員の意思にのみ従って行動する責任を負うものとする。

‍運営チームは、K9トークンの使用に関する規則・規定を遵守することを条件に、決議を可決するために必要なあらゆる投票を招集する権限を有する。財団の日常的な運営は自らの裁量で行うものとし、協会の効果的な運営のために必要と思われる決定権を有するものとする。

‍管理チームは、協会が透明かつ効率的で効果的な方法で運営され、会員の利益が常に維持されるようにする責任を負うものとする。また、協会の財務を管理し、すべての財務取引が透明かつ説明責任のある方法で行われるようにする責任を負う。

管理チームのメンバーのいずれかが、協会の最善の利益に反する行動をとったことが判明した場合、協会の会員は、そのメンバーを管理チームから解任し、その後任として新たなメンバーを任命する権限を有するものとする。

要約すると、K9財団の運営チームは、協会のメンバーによって任命され、メンバーの決定を実行し、メンバーの意思のみに従って行動する権限を持つ。彼らは決議を可決するために必要な議決権を招集することができるが、財団の日常的な運営は彼ら自身の裁量で行うものとする。運営チームは、協会の財政を管理し、会員の利益が常に守られるようにする責任を負うものとする。

運営チームは、業務上または法律上の問題において財団を代表する権限を有するものとする。ただし、協会を拘束するような一方的な決定を協会会員の承認を得ることなく行う権限はないものとする。いかなる形であれ、承認を得た場合、運営チームは財団を拘束することができる。

また、管理チームは協会の会計が秩序正しく保たれ、いかなる財務取引も財団のガバナンス・プロトコルに則って行われるようにする責任を負うものとする。

K9基金は、協会のメンバーによって決定される有限の期間存続するものとする。協会の存続期間は、ガバナンス・プロトコルに明記されるものとする。

第4条:存続期間と解散

K9財団の会員は、いつでも協会を解散する権限を有する。協会の解散の決定は、ガバナンス・プロトコルに従って行われ、会員による投票を必要とする。

協会の解散に伴い、協会の残余財産は、分散化された性質を有する団体を含む新たな団体に送られるものとする。

会員は誰でも、財団の解散を求めることができる。負債がある場合、協会は、解散前にこれを支払わなければならない。ここで、協会が債務を解決するのに十分な資金を持たない場合、協会会員は当該債務について責任を負うものとする。

第5条:ガバナンス・プロトコル

K9財団に影響を及ぼす全ての決定は、ガバナンス・プロトコルに従って行われるものとする。ガバナンス・プロトコルは、投票手続きや会合の頻度など、意思決定のプロセスを詳述する。

ガバナンス・プロトコルは、協会の憲章を改正するためのプロセスについても概説するものとする。

第6条:トレジャリー

K9財団は財務部を設置し、財務部は資金および保有トークンの財務を管理する。財務部は、協会が保有するK9トークンおよびその他の資金を含む、協会の金融資産を管理する責任を負うものとする。

‍トレジャリー・トークンは、協会の会員の承認を得た上で、協会の資金需要を満たすために使用または売却することができる。すべてのトレジャリー・トークンおよびトレジャリーが保有する資金は、独立したトレジャリー・チームが管理するものとする。

‍トレジャリーチームは、透明性があり説明責任を果たす方法で、協会の金融資産を管理する責任を負うものとする。財務チームは、K9トークンやその他協会が保有する資金の価値の変動を含め、財務の状況について会員に定期的な報告を行うことを義務付けられるものとする。

トレジャリーチームはK9財団の会員によって任命され、ガバナンス・プロトコルで定められた任期を務めるものとする。協会のメンバーは、いつでも財務チームを解任し、その後任として新たなチームを任命する権限を有するものとする。

あらゆる支払いは、ステーブルコイン、レガシーコイン、その他のトークンを含むがこれらに限定されない、トレジャリーが保有するあらゆる暗号資産で、財団に代わって行うことができる。

第7条:憲章の改正

本憲章は、協会会員の投票によっていつでも改正することができる。改正案は、投票の少なくとも2週間前までに協会会員に配布されるものとする。

ただし、法律および/または規制への準拠を維持するために改正が必要な場合、あるいは本憲章の重要な構成要素が欠落している場合には、顧問弁護士によって本条項を改正することもできる。

第8条:憲章の採択

本憲章は、K9財団の会員による過半数の承認、または日々の運営に責任を持つマネジメントチームの一方的な決定により、会員を拘束する能力と権限を示すことができるように採択されるものとする。

第9条:法律

財団はパナマ共和国を拠点とし、パナマ共和国の法律に従うものとする。いかなる通信も、顧問弁護士を通じて財団に送付されるものとし、第三者の要請があれば、その情報を提供することができる。

>>シバイヌ関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

MicroStrategy「約877億円相当のビットコイン」を追加購入|BTC保有量は20万枚近くに

MicroStrategy「約877億円相当のビットコイン」を追加購入|BTC保有量は20万枚近くに

米SEC「ProSharesのビットコイン先物ETF」を承認|BTC価格は700万円台まで回復

米SEC「ProSharesのビットコイン先物ETF」を承認|BTC価格は700万円台まで回復

ビットコインが稼げるマインクラフトのサーバー「Satlantis」を発表:ZEBEDEE

ビットコインが稼げるマインクラフトのサーバー「Satlantis」を発表:ZEBEDEE

ドイツ銀行「暗号資産カストディ・ブローカーサービス提供」の可能性

ドイツ銀行「暗号資産カストディ・ブローカーサービス提供」の可能性

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説