BlackRockのビットコインETF「7億8,830万ドル」の資金流入|過去最高額を更新

by BITTIMES

3月5日だけで約1,181億円相当の資金流入

世界最大の資産運用会社BlackRock(ブラックロック)の現物ビットコインETFである「IBIT」の資金流入額が2024年3月5日に「7億8,830万ドル(約1,181億円)」に到達し、過去最高額を更新したことが「Farside Investors」の報告で明らかになりました。

IBITの流入額が最も多かったのは2024年2月28日の「6億1,210万ドル」だったものの、今月5日にはこの記録を大幅に更新して「7億8,830万ドル」の資金流入が記録されています。

ビットコインETFのデイリーフロー

ブラックロック US$ フロー:7億8,830万ドル

このツイートは自動生成されています。

すべてのデータと免責事項については以下をご覧ください。

2024年3月5日までのビットコインETF流入額(画像:Farside Investors)2024年3月5日までのビットコインETF流入額(画像:Farside Investors)

BTCは価格急落後に「66,000ドル」まで回復

ビットコイン価格は本日6日に69,000ドル(約1,034万円)から59,500ドル(約892万円)まで急落したものの、その後は再び価格が上昇して、記事執筆時点では66,000ドル(約990万円)まで回復しています。

2024年2月26日〜2024年3月6日 BTC/USDの1時間足チャート(画像:TradingView)2024年2月26日〜2024年3月6日 BTC/USDの1時間足チャート(画像:TradingView)

BTC価格が米ドル建て過去最高値付近まで回復した後に価格が急落したことによって、仮想通貨業界では「BTCの短期的な下落・調整」を予想する意見も出ていますが、ビットコインETFでは現在も巨額の資金流入が続いているため、「それほど大きな下落は起きない」と予想する見方も出ているようです。

ビットコインでは2024年4月半ば頃に「半減期」が予定されているため、マイニングで新規発行されるBTC枚数はさらに少なくなりますが、現物ETFなどの影響でBTCの買い圧力は高まり続けているため、長期的にはさらなる価格上昇が起きる可能性があると予想されています。

「BTCの価格高騰が続いていること」や「米ドル建ての過去最高値に到達したこと」などを踏まえると、今後は下落・調整に対する警戒感が高まることになると予想されますが、仮にBTC価格が下落したとしても「買いのチャンス」と捉えられる可能性が高いと予想されます。

>>ビットコイン関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

トークン交換機能「MetaMask Swaps」Android・iOS最新版アプリで利用可能に

トークン交換機能「MetaMask Swaps」Android・iOS最新版アプリで利用可能に

FTX:仮想通貨が使えるVisaデビットカード「FTX Card」リリースへ

FTX:仮想通貨が使えるVisaデビットカード「FTX Card」リリースへ

木梨憲武氏「XANA」とのコラボでメタバース進出|個展やNFT展開へ

木梨憲武氏「XANA」とのコラボでメタバース進出|個展やNFT展開へ

ビットコイン救世主のロジャー・バーのインタビュー日本語訳

ビットコイン救世主のロジャー・バーのインタビュー日本語訳

Oasys:戦略的投資ラウンドを完了「Galaxy Interactive・MZ Web3ファンド」などが参加

Oasys:戦略的投資ラウンドを完了「Galaxy Interactive・MZ Web3ファンド」などが参加

OKCoinJapan:ソラナ(Solana/SOL)取扱いへ|複数のサービスでサポート

OKCoinJapan:ソラナ(Solana/SOL)取扱いへ|複数のサービスでサポート

注目度の高い仮想通貨ニュース

Shibariumの新ミームコイン「DAMN」6倍以上の価格高騰を記録

Shibariumの新ミームコイン「DAMN」6倍以上の価格高騰を記録

4月に注目したいソラナ系・イーサリアム系の新しいミームコインとは?

4月に注目したいソラナ系・イーサリアム系の新しいミームコインとは?

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

Cardanoコミュニティ主導組織の日本支部「Intersect Japan Hub」設立

Cardanoコミュニティ主導組織の日本支部「Intersect Japan Hub」設立

史上初となるVR・ARゲームトークン5thScape、プレセールで150万ドルを調達

史上初となるVR・ARゲームトークン5thScape、プレセールで150万ドルを調達

日本初の預金型ステーブルコイン「トチカ」サービス開始:北國銀行

日本初の預金型ステーブルコイン「トチカ」サービス開始:北國銀行

稲垣組・もぐら組が誕生?コインチェック「新テレビCM」全国放映へ|記念キャンペーンも

稲垣組・もぐら組が誕生?コインチェック「新テレビCM」全国放映へ|記念キャンペーンも

カルダノ基盤のSNS「VYRA」リリース|トークン報酬機能も追加予定

カルダノ基盤のSNS「VYRA」リリース|トークン報酬機能も追加予定

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

イーサリアムOS搭載スマホ「ethOS Phone」一般向け販売開始

イーサリアムOS搭載スマホ「ethOS Phone」一般向け販売開始

BNB Chain「最大報酬100万ドルのミームコインイベント」開催へ

BNB Chain「最大報酬100万ドルのミームコインイベント」開催へ

世界初のブロックチェーンを旅するドージ「Dogeverse」がプレセール開始!数分で25万ドル調達

世界初のブロックチェーンを旅するドージ「Dogeverse」がプレセール開始!数分で25万ドル調達

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す