ビットコインは売り切れ状態?コインチェック「大口OTC取引サービス」を一時停止

by BITTIMES

暗号資産取引所コインチェックは2024年3月13日に、同社が提供している大口OTC取引サービスを当面の間停止することを発表しました。

今回の発表を受けて、仮想通貨コミュニティでは「仮想通貨が売り切れ状態になっているのではないか?」と予想する意見が多数出ています。

【PR】本サイトはアフィリエイトプログラム・プロモーションによる収益を得ています。

大口OTC取引サービスを当面の間停止

コインチェックは2024年3月13日に、同社が提供している大口OTC取引サービスを停止することを発表しました。

大口OTC取引サービスは「50BTC〜225BTC」といった大量の暗号資産を買い手と売り手で直接取引できるサービスであり、以下のような複数の仮想通貨がサポートされていますが、現在はこれら全ての大口取引が一時停止の状態となっています。

大口OTC取引サービス以外のサービスは通常通り利用できるとのことですが、大口OTC取引サービスの再会日時については明らかにされておらず、公式発表では『流動性供給元(カバー先)のサービス提供状況を鑑み、大口OTC取引サービスを当面の間停止する』と説明されています。

需要増加で仮想通貨が売り切れ状態に?

大口OTC取引サービスが停止された理由の詳細については説明されていないものの、公式発表では「流動性供給元の状況を考慮してサービス停止を決定した」ということが説明されているため、仮想通貨コミュニティでは『仮想通貨が売り切れ状態になっているのではないか?』と予想する意見が多数でています。

仮想通貨市場は「現物ビットコインETF」や「半減期」などの影響から大規模な強気相場に突入しており、主要銘柄の価格は高騰、BTCなど複数の仮想通貨は過去最高値を更新しています。

需要増加で仮想通貨取引所やカバー先が十分な数量の現物暗号資産を調達できなかった場合には、大量の現物暗号資産を扱う大口取引サービスの提供は困難になるため、コインチェックは大口取引サービスで必要な仮想通貨を確保できず、サービス停止が決定されたのではないか?と考えられています。

最近では「ビットコイン買い増し」などの報告が増えていますが、2024年4月中旬頃にはBTCの半減期が到来し、マイニングで新規発行されるBTCの枚数がさらに半分になるため、このままBTC買いの動きが継続すれば、需要が供給を大幅に上回り、さらなる価格高騰にも繋がる可能性があると予想されています。

>>ビットコイン関連の最新記事はこちら

暗号資産取引所Coincheckの公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米SEC「ProSharesのビットコイン先物ETF」を承認|BTC価格は700万円台まで回復

米SEC「ProSharesのビットコイン先物ETF」を承認|BTC価格は700万円台まで回復

LINE BITMAX「取引所サービス」提供開始|マイナス手数料も導入

LINE BITMAX「取引所サービス」提供開始|マイナス手数料も導入

MigosのラッパーTakeoff:人気NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」を購入

MigosのラッパーTakeoff:人気NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」を購入

暗号資産取引所FTX「NFTマーケットプレイス」公開|オリジナルグッズなども出品

暗号資産取引所FTX「NFTマーケットプレイス」公開|オリジナルグッズなども出品

米民主党「FTX創業者から受けた政治献金の返還」を決定

米民主党「FTX創業者から受けた政治献金の返還」を決定

BINANCE「日本語サービス強化」の可能性?カスタマーサポートの担当者を募集

BINANCE「日本語サービス強化」の可能性?カスタマーサポートの担当者を募集

注目度の高い仮想通貨ニュース

環境に優しいブロックチェーン・プロジェクトeTukTuk、プレセールで300万ドル調達間近

環境に優しいブロックチェーン・プロジェクトeTukTuk、プレセールで300万ドル調達間近

ワールドコイン(WLD)独自のL2ブロックチェーン「World Chain」発表

ワールドコイン(WLD)独自のL2ブロックチェーン「World Chain」発表

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

ビットコインレイヤー2プロジェクトBEVM、1000万ドル融資を達成!完全分散化、EVM交換性を備えたソリューションの実態に迫る

ビットコインレイヤー2プロジェクトBEVM、1000万ドル融資を達成!完全分散化、EVM交換性を備えたソリューションの実態に迫る

メルカリ「ビットコイン決済でBTCが戻ってくるキャンペーン」開始

メルカリ「ビットコイン決済でBTCが戻ってくるキャンペーン」開始

Solanaの新しいミームコインSlothanaが革新的なプレセールを開始、数時間で50万ドルを調達

Solanaの新しいミームコインSlothanaが革新的なプレセールを開始、数時間で50万ドルを調達

Only1「ソラナ版OnlyFans」構築へ|合計480万ドルの資金調達

Only1「ソラナ版OnlyFans」構築へ|合計480万ドルの資金調達

金持ち父さん著者:キャシー・ウッド氏の「1BTC=230万ドル予想」を支持

金持ち父さん著者:キャシー・ウッド氏の「1BTC=230万ドル予想」を支持

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

カルダノ基盤のSNS「VYRA」リリース|トークン報酬機能も追加予定

カルダノ基盤のSNS「VYRA」リリース|トークン報酬機能も追加予定

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す