より優れた仮想通貨投資とは:2024年のバナナガンとビットボット

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

テレグラムボットは、仮想通貨トレーダーが分散型取引所とシームレスに接続し、取引を素早く自動実行するエキサイティングなイノベーションだ。ボットは高速でフレンドリーなUIを備えているため、さらに多くのトレーダーがボットを使用し、それぞれのトークンを購入しているのも不思議ではない。

その結果、Banana Gun(バナナガン)とBitbot(ビットボット)の2つのテレグラム取引ボットが、トレードに興味を持つ投資家の中で注目されているようだ。

前者は、2023年のローンチ後の目覚ましい価格上昇を受けて、この業界では大きなプレーヤーとして活躍している。一方、ビットボットは、ICOで280万ドルという驚異的な資金を調達している新しいトークンであり、すでにバナナガンのプレセールの2倍近くに達している。ビットボットプレセールは、全15のステージの内11ステージを展開中で、終わりが近づいている。

バナナガン:テレグラムのボットが急成長した産物

Coingeckoによると、テレグラム取引ボットトークンのトップ10は、合計11億ドル以上の時価総額を誇っている。毎日10万人以上のトレーダーが積極的にテレグラムボットを利用しており、累積取引額は190億ドルを超え、先月だけで70億ドルが取引された。

バナナガンは幸運にも、テレグラムボットがバブルになり始めた頃にローンチされた。分野の多くのトークンと同様、バナナガンは大きく評価され、最近では初期投資家に対して80倍近い利益をもたらした。CoinMarketCapのデータによると、現在の価格は約40ドルで、わずか2ヶ月で100%という驚くべき上昇率を示している。

バナナガンの立ち上げにはハプニングがつきまとったにもかかわらず、このようなリターンが得られた。コードベースにバグが見つかったと報じられた後、不正疑惑に直面、その結果セキュリティの脆弱性によって信用を失ったバナナガンは、そのポテンシャルを失い、ビットボットの登場は時宜を得た必要なものだったのかもしれない。

ビットボット:野心的なトレーダーのための画期的なセキュリティ

現在のテレグラム取引ボットには、より優れたセキュリティ基準が求められている。トレーダーは取引前に仮想通貨ウォレットの秘密鍵をボットに提出しなければならないが、これは基本的な仮想通貨の原則に反しており、悪用される可能性がある。昨年だけでも、ユニボット、マエストロ、ソラレウムは、ハッキングや盗難によって150万ドルのユーザー資金を失った。

一方、ビットボットはスマートコントラクトのウォレットを利用しているため、ユーザーが取引に秘密鍵を提出する必要はない。資産は取引実行後に移動するため、ユーザーは資金を完全に管理できる。アンチMEVやアンチラグプルソリューションとの統合により、ビットボットはテレグラムでの安全で不安のない取引体験のための頼れるボットとなっている。

しかし、それだけではない。ビットボットは、トレーダーの収益性を高める高度なAIツールも提供している。これには、直感的でユーザーフレンドリーなジェムスキャナーが含まれる。

これは、データ集約、機械学習、予測分析などの高度なAI技術を活用し、インターネットを精査して、あまり知られていない低価格の宝石プロジェクトが脚光を浴びる直前に発掘する。トレーダーは、価格が爆発的に上昇する前にこれらのプロジェクトに参加し、適切な利益を得ることができる。これは、スナイピング機能とコピー取引によって補完されている。

ビットボットの登場は、新しいユーザーを惹きつけることで、テレグラム取引ボットの成長の新時代を切り開くだろう。また、既存企業のセキュリティ上の欠陥に尻込みしていたユーザーも、ビットボットのノンカストディアル的な取引ソリューションを受け入れることで、競合他社から市場シェアを奪うと予想される。全体として、ビットボットはテレグラム取引ボット市場を支配し、普及を促進し、この過小評価されている業界の真の可能性を明らかにするだろう。

ビットボットとバナナガン:価格予測と仮想通貨投資へのポテンシャル

バナナガンは依然として注目されている銘柄ではあるが、以前のセキュリティの脆弱性から投資家の信頼を失ったのではないかという懸念がある。しかし、時価総額が1億ドル以上であるため、その潜在能力は十分に発揮される可能性がある。

一方、Bitbotの現在の価格は0.0163ドルで、まだプレセール中である事から、価格とパーセンテージの上昇余地があるのかもしれない。バナナガンが80倍の上昇を見せたことを考慮すると、それに並ぶ、または上回る可能性はあると言えるだろう。

その上、ビットボットには最先端のセキュリティが搭載されており、業界全体の問題を解決している。もしバナナガンがラグプルの疑いによってトレーダーの信頼を失ったにもかかわらず、力強く上昇できたとしたら、ビットボットの価格上昇にも期待ができるのかもしれない。

テクニカル・プロダクト・アドバイザーのアンドリュー・ジェイコブスが最近のAMAで説明したように、ビットボットは収益分配モデルを運営しており、BITBOT保有者は発生した取引手数料の最大50%を分配される。また、紹介されたトレーダーの手数料の15%を生涯にわたって受け取ることができる紹介プログラムも提供している。

この2つのプログラムは、金銭的な報酬はもちろんのこと、コミュニティの強さを高め、長期的に強力なトークン価格を維持するのに役立っている。ビットボットがテレグラムで最も著名な取引ボットになるチャンスは十分にあると言えるのかもしれない。

ビットボットは今年注目の仮想通貨投資?

急成長するニッチ分野で最先端のセキュリティと革新的なAIツールを提供するビットボットは、投資家のポートフォリオを大幅に向上させるトークン・プロファイルに適合している。

プレセールは、現在15のステージの内11ステージにあり、価格はわずか0.0163ドルで、急速に完売している。可能性を秘めた、新しい、そして過小評価されている市場の画期的なプロジェクトだと言えるのかもしれない。

BITBOTトークンの詳細は公式サイトをご覧ください。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

2024年に注目の仮想通貨:ミームネイターとアバランチ

2024年に注目の仮想通貨:ミームネイターとアバランチ

DeFiChain待望のハードフォーク、新ブロックチェーン「Fort Canning Road」誕生

DeFiChain待望のハードフォーク、新ブロックチェーン「Fort Canning Road」誕生

メガネブランド「Zoff」がスマホ決済アプリ「楽天ペイ」に対応

メガネブランド「Zoff」がスマホ決済アプリ「楽天ペイ」に対応

1年半で24億ドルを使う:スポーツに群がる暗号資産関連企業

1年半で24億ドルを使う:スポーツに群がる暗号資産関連企業

ビットボットプレセール、日本のトレーダーから巨額の投資

ビットボットプレセール、日本のトレーダーから巨額の投資

2月の仮想通貨ニュース:ビットコイン価格推移&ミームネータープレセール413万ドル達成

2月の仮想通貨ニュース:ビットコイン価格推移&ミームネータープレセール413万ドル達成

注目度の高い仮想通貨ニュース

TransBoden:新たなSolanaミームコイン、100%公正な方法で「$BODENX」のローンチに成功

TransBoden:新たなSolanaミームコイン、100%公正な方法で「$BODENX」のローンチに成功

PayPal:日本ユーザーに「買い手・売り手保護制度からのNFT除外」を告知

PayPal:日本ユーザーに「買い手・売り手保護制度からのNFT除外」を告知

Trezor「イーサリアム(ETH)のステーキング機能」提供開始|少額からでも利用可能

Trezor「イーサリアム(ETH)のステーキング機能」提供開始|少額からでも利用可能

バイナンスジャパン「MASK・CYBER」取扱いへ|サイバーコネクトは国内初上場

バイナンスジャパン「MASK・CYBER」取扱いへ|サイバーコネクトは国内初上場

コインチェック:2024年内にNASDAQ(ナスダック)上場か|ティッカーはCNCK

コインチェック:2024年内にNASDAQ(ナスダック)上場か|ティッカーはCNCK

香港証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」が正式上場

香港証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」が正式上場

DFINITY Foundationがインターネットコンピュータ上の分散型グローバルアクセラレーションプラットフォームであるOlympusを発表

DFINITY Foundationがインターネットコンピュータ上の分散型グローバルアクセラレーションプラットフォームであるOlympusを発表

バイナンスジャパン「日本円取引ペア」を大幅拡充|4種類の仮想通貨を新規追加

バイナンスジャパン「日本円取引ペア」を大幅拡充|4種類の仮想通貨を新規追加

Slash:Bybit Web3で「SVLトークンのIDO」開始|現物取引も提供予定

Slash:Bybit Web3で「SVLトークンのIDO」開始|現物取引も提供予定

SMOGが第1回目のエアドロップを実施、シーズン1では8回に渡ってトークンを配布予定

SMOGが第1回目のエアドロップを実施、シーズン1では8回に渡ってトークンを配布予定

アナリストたちがLearn-To-Earnトークンである99BTCの今後に期待、プレセールはまもなく100万ドル突破へ

アナリストたちがLearn-To-Earnトークンである99BTCの今後に期待、プレセールはまもなく100万ドル突破へ

秋田犬保存会:ブロックチェーン活用した「デジタル血統書」を導入【世界初】

秋田犬保存会:ブロックチェーン活用した「デジタル血統書」を導入【世界初】

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す