Pepeの高騰でミームコインの復活が期待、マルチチェーンのDOGEVERSEはプレセール最終段階へ

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

Pepe($PEPE、ぺぺ)は過去7日間で約23%と5月に入ってから高騰しており、他のミームコインも上昇傾向にあることから、ミームコインのラリー(上昇)復活が期待されています。

Pepeは今回の上昇でトレンド入りを果たしましたが、一方で時価総額が低い有望コインとしてDogeverse($DOGEVERSE)が注目されています。

今回は、プレセール最終段階に入った$DOGEVERSEの最新情報をお届けします。

DOGEVERSEのプレセールが1300万ドルを達成!

DOGEVERSEの画像

6つの主要ブロックチェーンに対応している史上初のマルチチェーン・ミームコインである$DOGEVERSEは、プレセールで1300万ドルのマイルストーンを達成しました。

Dogeverseは4月下旬に1000万ドルを突破したばかりでしたが、資金調達スピードが加速しており、当初の予定よりも早くプレセールが進んでいます。

プレセールでの購入者は、$DOGEVERSEをEthereum(ETH、イーサリアム)上でステーキングして、現在77%のAPY(年間利回り)からなる受動的な報酬を獲得することもでき、投資家にとっての魅力の1つとなっています。

すでに200億以上の$DOGEVERSEトークンがステーキングされており、コミュニティのサポートおよび信頼が見受けられます。

DOGEVERSEを購入できる最後のチャンス

DOGEVERSEの画像

$DOGEVERSEのプレセールは、ハードキャップ(資金調達上限額)を1700万ドルに設定しており、現在は最終段階です。

これは、正式に$DOGEVERSEがローンチ(発売)される前の最後の購入チャンスとなります。

本稿執筆時点での$DOGEVERSEは、0.00031ドルです。

$DOGEVERSEは、公式サイトからETH、USDT(テザー)、BNB(Binance、バイナンス)、MATIC(Polygon、ポリゴン)、AVAX(Avalanche、アバランチ)、BASE(Base、ベース)、SOL(Solana、ソラナ)とスワップ(交換)して購入することができます。

また、クレジットカードやデビットカードを利用することもできますが、利用可否はご利用のカード会社にご確認ください。

ローンチ日が近づくにつれて、Dogeverseに大きな期待を寄せる投資家が増えているため、購入を検討している参入者は早期の決断を求められています。

Dogeverseはミームコインの復活をリードするか

ミームコインの時価総額ランキング画像

前述した$PEPEの高騰に加え、過去7日間でdogwifhat($WIF、ドッグウィフハット)は約23%、BOOK OF MEME($BOME、ブックオブミーム)は約22%も急上昇しています。

そのように活発な市場において、今後のミームコイン分野をリードするかもしれないと注目されているのが、Dogeverseです。

Dogeverseはプレセール開始から1ヶ月で、X(旧Twitter)で1万3000人以上のフォロワーを、Telegramでは8000人以上の登録者を集めています。

また、Bitcoin(BTC、ビットコイン)の半減期が過ぎて市場が不安定に動く中でも、プレセールでは大規模なトラフィックを記録し続けました。

$DOGEVERSEは、ミームコイン市場でトップの人気を誇るDogecoin($DOGE、ドージコイン)からインスピレーションを受けた犬コインの1つですが、Ethereum、BNBチェーン、Polygon、Solana、Avalanche、Baseという6つの主要チェーンに対応することでユーティリティ(実用性)を極め、技術的な優位性を確立しています。

このようなマルチチェーンの互換性は、スムーズなトークンスワップ、DeFi(分散型金融)の機会、Wormholeのようなプロトコルを通じたクロスチェーン機能を提供します。

さらに、様々なブロックチェーンコミュニティからの高い関心も集めています。

専門家もDogeverseのマルチチェーンアプローチを支持

他のマルチチェーン・コインとは異なって、Dogeverseは単に1つのチェーンから他のチェーンに拡大したり、元のトークンと同等の価値を持つラップバージョンを生成したりすることはありません。

その代わりに、対応する6つすべてのチェーン上で同時に稼働しています。

Dogeverseのこのようなアプローチは、ユーザーにユニークな柔軟性と、有利なコストとスピードでチェーンを選択できる機会を提供しています。

Dogeverseが対応する6チェーンは、DeFiやDeFiにゲームを組み合わせたGameFiなどの様々な分野を先導する最大かつ活発なチェーンであるため、$DOGEVERSEはすべてのDEX(分散型取引所)でアクセス可能、購入が容易になります。

従来だと、このような高いアクセシビリティを実現できるのは、USDC(USD Coin)のような一流のステーブルコイン(価格が安定するように作られたコイン)に限られていました。

しかし今では、Dogeverseのような分散型ミームコインで実現可能となっており、$DOGEVERSEは本来のミームコインを超えた潜在的なユーティリティを示しています。

70万6000人以上の購読者を誇る99Bitcoinsの仮想通貨専門家は最近、Dogeverseは$BONK(Bonk、ボンク)のように急成長して成功に向かって進んでいくだろうと評価しています。

また、有名な仮想通貨アナリストのJacob Buryさんは、Dogeverseのようなマルチチェーン・ミームトークンの必要性とポテンシャルを自身のチャンネルで説明しています。

Buryさんは、プレセールが終了する前から$DOGEVERSEをステーキングすることで、早期購入者がリターンを最大化できることを強調しており、プロジェクトに対する期待感を高めています。

Dogeverseのチームは現在、CoinGeckoとCoinMarketCapの上場を積極的に進めていますが、今後はDEXとCEX(中央集権取引所)への上場も計画されており、$DOGEVERSEのさらなる成長が予想されています。

Dogeverseの公式サイトを見てみる


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

レイヤー1オラクルネットワーク「Flare」がローンチ

レイヤー1オラクルネットワーク「Flare」がローンチ

エイプコインとドージコインがミームコイン採用を先行。ビッグアイズコインは同じ道を辿ることができるか?

エイプコインとドージコインがミームコイン採用を先行。ビッグアイズコインは同じ道を辿ることができるか?

Bitget:FTXの倒産後に最もシェア拡大を実現|市場シェアが2.6倍となり、デリバティブ取引所トップ3に急浮上

Bitget:FTXの倒産後に最もシェア拡大を実現|市場シェアが2.6倍となり、デリバティブ取引所トップ3に急浮上

アルトシグナル(ASI)とは?2023年の投資機会の1つであるプレセールについて

アルトシグナル(ASI)とは?2023年の投資機会の1つであるプレセールについて

ポル「PoL Enterprise」正式リリース|企業のブロックチェーン導入・開発を支援

ポル「PoL Enterprise」正式リリース|企業のブロックチェーン導入・開発を支援

暗号資産デリバティブ取引所「Overbit」2021年6月ニュースレター

暗号資産デリバティブ取引所「Overbit」2021年6月ニュースレター

注目度の高い仮想通貨ニュース

キャプテン翼RIVALS「Oasys版のゲーム」リリース|GENESIS NFTで2つの特典機能も

キャプテン翼RIVALS「Oasys版のゲーム」リリース|GENESIS NFTで2つの特典機能も

DFINITY Foundationがインターネットコンピュータ上の分散型グローバルアクセラレーションプラットフォームであるOlympusを発表

DFINITY Foundationがインターネットコンピュータ上の分散型グローバルアクセラレーションプラットフォームであるOlympusを発表

ワールドコイン:最長6ヶ月間にわたる「WLDトークン販売計画」を発表

ワールドコイン:最長6ヶ月間にわたる「WLDトークン販売計画」を発表

カルダノ基盤の分散型取引所「SundaeSwap v3」リリース|指値注文でステーキング報酬も

カルダノ基盤の分散型取引所「SundaeSwap v3」リリース|指値注文でステーキング報酬も

NTTドコモ:Web3サービスをグローバル展開「新会社設立」を正式発表

NTTドコモ:Web3サービスをグローバル展開「新会社設立」を正式発表

Shibariumのハードフォークについて詳しく説明「The Shib:Edition 23」公開

Shibariumのハードフォークについて詳しく説明「The Shib:Edition 23」公開

日本でSolanaエコシステムの成長を促進「Superteam Japan」発足

日本でSolanaエコシステムの成長を促進「Superteam Japan」発足

新AIミームコインWienerAIが取引ボットAIコンパニオン機能を追加、プレセールは120万ドルへ

新AIミームコインWienerAIが取引ボットAIコンパニオン機能を追加、プレセールは120万ドルへ

より優れた仮想通貨投資とは:2024年のバナナガンとビットボット

より優れた仮想通貨投資とは:2024年のバナナガンとビットボット

米検察:BINANCE創業者CZ氏に「懲役3年」を求刑

米検察:BINANCE創業者CZ氏に「懲役3年」を求刑

ビットコインピザの日記念「BTCがもらえる口座開設キャンペーン」開始:ビットポイント

ビットコインピザの日記念「BTCがもらえる口座開設キャンペーン」開始:ビットポイント

Slash:Bybit Web3で「SVLトークンのIDO」開始|現物取引も提供予定

Slash:Bybit Web3で「SVLトークンのIDO」開始|現物取引も提供予定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す