バイナンスへの新規上場が期待されている新しいミームコインは?一部の投資家は5月に購入を検討

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

バイナンスは、中央集権型で世界最大規模を誇る仮想通貨取引所です。

バイナンスでは承認する仮想通貨プロジェクトの質を重要視して厳しく選定しているため、この取引所への上場は多くのチームにとって最大の目標となっています。

本記事では、そのようなバイナンスへの新規上場が期待されている新しいミームコインを厳選して5つご紹介します。

Dogeverse

Dogeverseの画像

Dogeverse($DOGEVERSE)は、ミームコイン市場初となるマルチチェーン・犬コインです。

$DOGEVERSEが対応しているのは、Ethereum、Binanceチェーン、Polygon、Solana、Avalanche、Baseという6つの主要ブロックチェーンであるため、ユーザーへ高いアクセシビリティを提供しています。

また、Dogeverseはミームコイン分野でトップを走るDogecoin($DOGE、ドージコイン)をテーマに、子犬のコスモ・ドージ(Cosmo the Doge)をミームとしており、潜在的な拡散力を秘めているともいえます。

Dogeverseは1700万ドルの資金調達を目指して現在プレセールを行っていますが、すでに1300万ドル以上を調達しており、現在はローンチ(発売)前最後のプレセールが開催されています。

プレセールでの購入者は、すぐに$DOGEVERSEをステーキングして現時点で70%のAPY(年間利回り)という高い報酬を獲得することができるため、プロジェクトの人気に拍車がかかっています。

WienerAI

WienerAIの画像

WienerAI($WAI)は、仮想通貨業界でトレンドとなっている犬とAIを組み合わせた新しいミームコインで、先月プレセールを開始しました。

WienerAIは、ソーセージ・犬・AIを組み合わせた一風変わったコンセプトがアピールされており、クレイジーな科学者が高度なAIと犬のハイブリッドを作る際に、食べていたソーセージを落として混ぜてしまったというユニークなストーリーが紹介されています。

他のトップ犬コインに対抗するため、WienerAIはトークンの実用性も強化しており、現在701%からなる高額なステーキング報酬の提供や、新機能として取引ボットを追加しています。

この取引ボットは最近追加されたばかりで、ユーザーが仮想通貨に関する質問をすると、市場で役立つ情報をかき集め、高度な予測テクノロジーに基づいた回答をしてくれます。

スワップ機能では、スムーズかつ最安値で取引ができるように工夫されています。

また、$WAI保有者はソーセージ軍(Sausage Army)というコミュニティに参加して、プロジェクトの開発に関する発言権を得ることができるなど、コミュニティ主導のアプローチを導入しています。

5thScape

5thScapeの画像

5thScape($5SCAPE)は仮想通貨業界では珍しく、VR(仮想現実)とAR(拡張現実)のゲーム分野に焦点を当てたプロジェクトです。

5thScapeが展開するゲームは全部で5つと発表されており、MMA(総合格闘技)を体験できるケージ・コンクエスト(PR動画はこちら)や、リアルなサッカーを楽しめる体験型キックオフ、スリル満点なカーレースに没頭できるスラスト・ハンターなどがあります。

$5SCAPEを保有していると、これらのゲームを無料で体験できる他、ゲーム内限定特典やVRコンテンツへの早期アクセス権を享受することもできます。

ゲームの開発者は、5thScapeのマーケットプレイスで$5SCAPEを収入として稼げる機会も得られます。

さらに5thScapeチームは、ユーザーのゲーム体験をより没入感のあるものにするために、独自のVRウルトラ・ヘッドセットとSwiftscape VRチェを開発する予定としています。

現在行われているプレセールでは、すでに580万ドル以上を調達しており、最近では日本からの購入も記録に残っています。

Sponge V2

Sponge V2の画像

Sponge V2($SPONGEV2、スポンジ)は、すでに発売されているSponge($SPONGE)というミームコインの新しいバージョンとして発表されました。

$SPONGEは2023年5月にローンチした後に時価総額が1億ドルにまで急成長し、一部の投資家へ100倍のリターンをもたらしたことでトレンドとなりました。

Sponge V2は従来のSpongeの拡散力を利用するだけではなく、実用性を重視したアプローチを主導しており、現在338%のAPY(MATICの場合)からなる高いステーキング報酬を提供しています。

そして、追加の$SPONGEV2を稼ぐことができるP2E(Play-to-Earn、プレイ・トゥ・アーン)レースゲームも近いうちに導入が予定されており、プロジェクトのさらなる発展に期待する声は大きいです。

Sponge V2はトークンの発表当初、Stake-to-Bridge(ステーク・トゥ・ブリッジ)という独自のシステムで従来のV1からV2トークンへと移行を促していましたが、現在はV1の販売は終了、Polygon(MATIC)上でローンチしています。

eTukTuk

eTukTukの画像

eTukTuk($TUK、イートゥクトゥク)は、EV(電気自動車)分野に特化したエコフレンドリーをコンセプトとする新しい仮想通貨で、現在プレセールを実施しています。

発展途上国で主要交通機関となっているトゥクトゥクは、一般車両よりも多くの二酸化炭素を排出するため、環境への影響が懸念されています。

このような問題を解決するためにeTukTukはスリランカを拠点として、都市や郊外にEV向け充電ステーションのネットワークを構築し、ドライバーへEVとなるeTukTuk EVへの乗り換えを促しています。

eTukTukプロジェクトのメインとなるのがパワーステーキングで、$TUK保有者はステーキング(現在85%のAPY)をすると充電ステーションへの電力供給へ出資でき、ドライバーはeTukTuk EVの使用料や充電の費用を$TUKで支払うと、地域のパートナーや保有者へ報酬が付与される仕組みとなっています。

またeTukTukは、取引手数料が安いBSC(バイナンス・スマート・チェーン)を使用しているため、充電ステーションにかかるコストを削減しています。

先月Crazy Tuk Tuk TaxiというP2Eゲームもアプリで利用可能となり、さらに勢いが増しているプロジェクトです。

【公式サイト】
Dogeverse
WienerAI
5thScape
Sponge V2
eTukTuk


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

クリプト関連の仕事は金融の未来に影響を与えるのか?オンラインゲームコミュニティ「Metacade」は本腰を入れる

クリプト関連の仕事は金融の未来に影響を与えるのか?オンラインゲームコミュニティ「Metacade」は本腰を入れる

2023年の強気相場で成長が期待される仮想通貨銘柄7選

2023年の強気相場で成長が期待される仮想通貨銘柄7選

今後の強気相場到来に向けて、今注目の仮想通貨8選:2022年12月

今後の強気相場到来に向けて、今注目の仮想通貨8選:2022年12月

デフレ型トークンが仮想通貨市場で好まれる理由「CETの買戻し&償却メカニズム」のケーススタディ

デフレ型トークンが仮想通貨市場で好まれる理由「CETの買戻し&償却メカニズム」のケーススタディ

Bitget:DeFiの利便性を向上させる「MegaSwap」を発表|CeFiのセキュリティと利便性をDeFi取引環境に融合

Bitget:DeFiの利便性を向上させる「MegaSwap」を発表|CeFiのセキュリティと利便性をDeFi取引環境に融合

DFINITY Foundationがインターネットコンピュータ上の分散型グローバルアクセラレーションプラットフォームであるOlympusを発表

DFINITY Foundationがインターネットコンピュータ上の分散型グローバルアクセラレーションプラットフォームであるOlympusを発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコイン現物ETFのBTC保有額「サトシ・ナカモトの推定保有枚数」とほぼ同じに

ビットコイン現物ETFのBTC保有額「サトシ・ナカモトの推定保有枚数」とほぼ同じに

コインチェック:ブリリアンクリプトトークン(BRIL)のIEO詳細を発表

コインチェック:ブリリアンクリプトトークン(BRIL)のIEO詳細を発表

仮想通貨ニュース週間まとめ「JPYC・LISK・ADA・SHIB」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「JPYC・LISK・ADA・SHIB」などの注目記事

ビットコイン投資戦略「NASDAQ上場の医療機器メーカー」も採用|約63億相当の購入報告

ビットコイン投資戦略「NASDAQ上場の医療機器メーカー」も採用|約63億相当の購入報告

SLOTHが161%高騰して史上最高値を更新、同様にエアドロップ型プレセールを行うSealanaも好調な流れ

SLOTHが161%高騰して史上最高値を更新、同様にエアドロップ型プレセールを行うSealanaも好調な流れ

東京都「デジタル証券の発行支援で補助金」対象事業者の募集開始

東京都「デジタル証券の発行支援で補助金」対象事業者の募集開始

SMOGが第1回目のエアドロップを実施、シーズン1では8回に渡ってトークンを配布予定

SMOGが第1回目のエアドロップを実施、シーズン1では8回に渡ってトークンを配布予定

シバイヌ(Shiba Inu)で大量保有者の動きが注目される中、Borroe Financeが期待を上回る

シバイヌ(Shiba Inu)で大量保有者の動きが注目される中、Borroe Financeが期待を上回る

バイナンスジャパン「日本円取引ペア」を大幅拡充|4種類の仮想通貨を新規追加

バイナンスジャパン「日本円取引ペア」を大幅拡充|4種類の仮想通貨を新規追加

IEO予定のBrilliantcrypto「つるはしNFTのINO」コインチェックで実施へ

IEO予定のBrilliantcrypto「つるはしNFTのINO」コインチェックで実施へ

MAR Mining:ユーザー体験向上に向けて1億ドルの資金調達

MAR Mining:ユーザー体験向上に向けて1億ドルの資金調達

JPYC×北國銀行「預金型・資金移動業型ステーブルコインの相互交換」に向けて共同検討開始

JPYC×北國銀行「預金型・資金移動業型ステーブルコインの相互交換」に向けて共同検討開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す