今仮想通貨は買いなのか?専門家は「イーサリアムETFが巨大な強気相場を引き起こす準備ができている」と語る

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

イーサリアムETFに対する専門家の期待が高まる中、購買力の急増に興奮が高まっている。市場の観察者たちは興味をそそられ、投資に最適な時期を見極めているようだ。

2024年の強気相場が始まるにつれて、この新しい金融商品がさらに大きな上昇を促すことができるかどうかに焦点が移っている。投資決定は個人的なものだが、その話題は無視するには大きすぎる。関心のある人は、先見の明を持って、今後の見通しを詳しく調べてみてほしい。

BlastUPプレセール:不安定な仮想通貨市場における予測可能性の指標

プレセールトークンは、価格が一定のレベルに固定されているため、市場の激しい変動の影響を受けない。このような予測可能性は、BlastUPなどのプレセールプロジェクトの重要な利点の1つだ。

BlastUPは、ETHとステーブルコインのネイティブ利回りを備えた唯一のレイヤー2ソリューションである「Blast」における最初のローンチパッドの1つだ。このプラットフォームはプレセールからわずか数週間で600万ドル以上の資金を集めた。これは、賢明な投資家の間でそのプラットフォームが広く認知されていることを物語っている。

BlastUPトークンのプレセールは現在進行中であり、低価格で新しい暗号資産に投資できるチャンスが提供されている。

>> プレセール開催中「BlastUPトークン」の詳細はこちら <<

現段階でBlastUPトークンを購入した人は、無料トークンの一部を配布するエアドロップの独占的アクセス権を得ることができる。さらに、ステーキングを通じて追加の報酬を得ることも可能だ。

BlastUPは、Blastエコシステムを使用して、誰もが相互成長の恩恵を受ける堅牢なコミュニティを育成することに取り組んでいる。BlastUPは「AIとWeb3ツールを組み合わせる」という野心的な計画を通じて、DAppsをスムーズにローンチするための本当に価値のある安全な環境を構築することを目指している。

BlastUPは増加傾向にあり、コミュニティ第一の雰囲気とイノベーションを核に仮想通貨スタートアップを刺激している。2026年までの大きな計画を持っているBlastUPは、Blastエコシステムにおける頼りになるハブとなりつつある。

>> 供給量に限りあり「Blastトークン」の詳細はこちら <<

ソラナの強い上昇は強気傾向を示す

ソラナ(SOL)は、過去6か月間で206.96%の値上がりを見せたことで注目を集めている。先週、SOLは19.89%上昇し、他の多くのコインを上回った。現在の価格は146.59ドルから184.77ドルの間で変動しており、強気な傾向にあることを示している。

テクニカル指標は、最近の上昇にもかかわらず、成長の余地があり、最も近いレジスタンスレベルである199.54ドルを目指す可能性があることを示している。次の主要な抵抗線は237.73ドルだ。

ただし、もしも反落が発生した場合は重要なサポートラインが123.19ドルとなり、さらなるセーフティネットは85.01ドルになる可能性がある。この動きは、買い手の強い関心に動かされた衝動的な価格行動を示している。

ペペの価格が急騰、次はどうなる?

ペペ(PEPE)の価格は過去6か月間で異常な伸びを示し、1000% 以上上昇した。現在は、0.00000777ドルから0.00001107ドルの間で取引されている。わずか1か月で113.40%急騰し、先週はさらに24.02%上昇した。

77.25の相対強度指数などの勢い指標は、PEPEが現在非常に人気があることを示唆している。しかし、値動きが激しいため、0.00001298ドル、さらには0.00001628ドルの次の抵抗レベルを目指す前に、価格が減速したり後退したりする可能性がある。

レンダーがさらに上昇、次のレジスタンスを狙う

レンダー(RNDR)は、過去6か月で227.19%の価格上昇を記録し、先月だけでも22.59%の上昇という大幅な成長を遂げている。

現在価格は9.38ドルから11.10ドルの間で推移しているが、次の抵抗レベルである12.17ドルに向かって動いています。

56.47となっているRSIなどの指標は、RNDRが勢いを増しており、さらなる上昇の可能性があることを示唆している。最近の動きがより衝動的になっていることを考慮すると、この勢いが続けばレンダーはすぐに2番目の抵抗レベルとなる13.89ドルを試す可能性があると考えられる。

Polygon(MATIC)の値動きと予測

Polygonの価格は最近上昇傾向を示しており、現在は0.64ドルから0.76ドルの間で変動している。過去1週間で12.52%上昇したにもかかわらず、月間上昇率は1.08%と控えめで、過去6か月間では3.49%と若干の下落となっている。

このコインは100日平均に近い水準にあるものの、10日平均を下回っており、市場が若干躊躇している状態にあることを示唆している。

現在は、0.84ドルの抵抗線にトライしているが、サポートレベルはそれぞれ0.60ドルと0.52ドルにある。RSIは比較的高い購入意欲を示しているため、価格をより衝動的な状態に押し上げている可能性があると考えられる。ただし、強い強気傾向にあることを確認するには、まず最も近いレジスタンスライン突破する必要がある。

結論

主要な仮想通貨のETF導入は、多くの場合、市場の大きな興奮を引き起こし、潜在的な強気相場につながる。

SOL、PEPE、RNDR、MATICなどの仮想通貨は注目を集めるかもしれないが、短期的な可能性で言えばBlastUPが特に注目だ。

その魅力的なコンセプトは、Blastエコシステム内での地位と相まって、現在の市場状況の中で特に高い可能性を秘めたものであることを示している。

新たな投資先を探している方は、BlastUPについて詳しく調べてみてはいかがだろうか?

公式サイト:
https://blastup.io/
公式X:
https://twitter.com/Blastup_io
公式Discord:
https://discord.gg/5Kc3nDhqVW
公式Telegram:
https://t.me/blastup_io


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

人気沸騰中のSolana系プレセールに最新ミームコインSEALANAが登場!飛び込むクジラが続出して数分で10万ドル超え

人気沸騰中のSolana系プレセールに最新ミームコインSEALANAが登場!飛び込むクジラが続出して数分で10万ドル超え

ビットボット:ノンカストディアルのテレグラムボットが本日ローンチ

ビットボット:ノンカストディアルのテレグラムボットが本日ローンチ

2022年の革新的なクリプトマーケティングキャンペーン3選:ビッグアイズコイン、カステッロコイン、アルゴランド

2022年の革新的なクリプトマーケティングキャンペーン3選:ビッグアイズコイン、カステッロコイン、アルゴランド

ビットボットプレセール、日本のトレーダーから巨額の投資

ビットボットプレセール、日本のトレーダーから巨額の投資

台頭するパブリックチェーン「CoinEx Smart Chain」のエコシステム紹介

台頭するパブリックチェーン「CoinEx Smart Chain」のエコシステム紹介

第1四半期終了前に日本のペペコイン投資家の注目がミームネータープレセールに集まる

第1四半期終了前に日本のペペコイン投資家の注目がミームネータープレセールに集まる

注目度の高い仮想通貨ニュース

BlackRock:イーサリアム現物ETFの「更新版S-1書類」提出|6月末ローンチの可能性も?

BlackRock:イーサリアム現物ETFの「更新版S-1書類」提出|6月末ローンチの可能性も?

ビットコイン現物ETFのBTC保有額「サトシ・ナカモトの推定保有枚数」とほぼ同じに

ビットコイン現物ETFのBTC保有額「サトシ・ナカモトの推定保有枚数」とほぼ同じに

Shibarium基盤のミームコイン「DAMN」中央集権型取引所への上場が決定

Shibarium基盤のミームコイン「DAMN」中央集権型取引所への上場が決定

Cardano分散委任ツールの「Atrium」2024年第3四半期にメインネット公開予定

Cardano分散委任ツールの「Atrium」2024年第3四半期にメインネット公開予定

日本の銀行が抱える問題で「ビットコイン価格」が上昇する?アーサー・ヘイズ氏の予想

日本の銀行が抱える問題で「ビットコイン価格」が上昇する?アーサー・ヘイズ氏の予想

ザ・サンドボックス:DOGE・SHIB・PEPEなど「6種類のミームコイン」を購入

ザ・サンドボックス:DOGE・SHIB・PEPEなど「6種類のミームコイン」を購入

Rebel Satoshi(RECQ)のプレセールがミームコインコミュニティから新たな投資家を惹きつけ、FLOKIとPEPEが強い値動きを示す

Rebel Satoshi(RECQ)のプレセールがミームコインコミュニティから新たな投資家を惹きつけ、FLOKIとPEPEが強い値動きを示す

仮想通貨決済は「フードデリバリー」でも|DevourGOがCoinbase Commerceを統合

仮想通貨決済は「フードデリバリー」でも|DevourGOがCoinbase Commerceを統合

タイ証券取引委員会(SEC)「初のビットコイン現物ETF」承認

タイ証券取引委員会(SEC)「初のビットコイン現物ETF」承認

カナダの上場企業「ビットコイン財務戦略」を採用|約11億円相当のBTC購入報告も

カナダの上場企業「ビットコイン財務戦略」を採用|約11億円相当のBTC購入報告も

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

モッピーポイント「SOL・ZPGなど仮想通貨4銘柄」と交換可能に

モッピーポイント「SOL・ZPGなど仮想通貨4銘柄」と交換可能に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

人気のタグから探す