WienerAI(WAI)がプレセールで600万ドル突破!次に注目の仮想通貨として投資家は期待

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

今週、アルトコイン市場が大きな下落を見せる中、新しいミームコインとして誕生したWienerAI($WAI)がプレセールにおいて大きな成功を遂げています。

WienerAIはプレセール開始からわずか2ヵ月で資金調達額が600万ドルに達し、今後の分散型取引所(DEX)への上場に向けて大きな進展を遂げました。

同プロジェクトがこれほどまでに注目される背景には、昨今人気を集めるミームコインと、Web3がもたらす最新AI技術を融合させた画期的なコンセプトがあります。これが仮想通貨ファンの関心を引き寄せ、バイラルの可能性を高めています。

WienerAIの主力製品は、ユーザーの投資活動をサポートするAI搭載の取引ボットです。

WienerAIのAI搭載ボットは仮想通貨取引専用ChatGPTのようなもの

WienerAIの画像

WienerAIは、仮想通貨トレーダーに最新AIを駆使した取引ボットによる取引サポートを提供します。

最近SNSに投稿されたWienerAIに関する情報を見ると、このボットはChatGPTのように使えるトレーディングサポートツールとして注目を集めています。ユーザーの指示により、ボットは最新AI技術を駆使して、マーケット分析を瞬時に行い、最適なトレーディングチャンスを見つけ出します。

ボットの使い方は、具体的な取引条件を設定するだけ。たとえば、「イーサリアムネットワーク上で、保有者が10,000人以上、24時間の取引量が15万ドル以上の低時価総額で犬をモチーフとしているミームコインを探しています。」というような指示を出すことができます。

WienerAIの取引ボットは、ユーザーの指示に最適な回答および取引チャンスを提案します。この提案にユーザーが納得できれば、ボットのインターフェースから直接取引を実行することが可能です。

これにより、タイムラグなく即座に取引が実行され、MEV(最大抽出可能価値)に強く、さらに手数料が不要で初心者にも利用しやすい取引インターフェースが実現します。これは、従来の取引プラットフォームを次世代型にアップグレードさせた画期的な体験をトレーダーに提供するでしょう。

ユーザーはアプリを通じて、過去および現在の取引履歴を追跡することができます。

WienerAIには、最新AIを駆使した仮想通貨市場を分析する高度な技術がある一方で、遊び心ある犬をモチーフとしたキャラクターがミームコイン愛好家の間で注目を集めています。

ミームコインのユーモラスさと最新技術を融合させたWienerAIは、仮想通貨市場に新たな風を吹き入れました。これは、プレセール時にSNSで記録された高いエンゲージメントからも確認できる事実です。

たとえばこちらの投稿では、130万人のフォロワーを持ち、数十億ドルの市場価値を誇るUniswapの投稿匹敵する260以上の「いいね!」を獲得しています。

一部の投資家はプレセール後の価格上昇に期待

仮想通貨業界では、プレセール終了後に各取引所に上場した場合に、初期投資家に100倍以上の利益がもたらされたケースが多数報告されています。過去には、上場後に価格が100倍以上に高騰したミームコインも存在します。

WienerAIはすでにプレセールで驚異的な資金調達と人気獲得に成功しており、好調なスタートを切ったミームコインと言えるでしょう。

本稿執筆時点における資金調達額は600万ドルに達しており、さらに多くの著名人や戦略的な投資家がWienerAIの成功をサポートしています。

また、ClayBroCryptoWireなどの海外の有名チャンネルでは、最大100倍以上の利益が得られると予測する著名アナリストも多く、「WienerAIは海から水を集めるかのように資金を調達している。このプロジェクトは最高のAIプレセールプロジェクトの1つであり、今後爆発的に価格が高騰する可能性を秘めている。」と語られるほど、WienerAIに大きな期待が寄せられています。

このように、WienerAIは魅力的な使用事例と業界トップ企業のサポートを受けているため、$WAIの価格はプレセール後に高騰する可能性が高いと予測されています。

さらに、この勢いを持続させるために、同プロジェクトは投資家に対して魅力的なトークノミクスを導入しました。

WAIは長期投資に最適なトークノミクスを提供!

WienerAIの画像

WienerAIの$WAI保有者は、保有中のトークンをステーキング(一時的に預け入れ)することで、報酬を受け取ることが可能になります。

この仕組みにより、市場における売り圧力を抑えつつ、トークン価格の上昇を下支えする新しい需要が生まれます。

現在のステーキング報酬のAPY(年間利回り)は190%です。ただし、ステーキングプールの規模が拡大するに従い、APYは減少するため、先行投資するほど将来的に有利な年間利回りでステーキング報酬を得ることができるようになっています。

WienerAIでは、総供給量690億トークンを以下の割合で配分するトークノミクスを計画しています。

  • プレセール:30%
  • ステーキング報酬:20%
  • コミュニティ報酬:20%
  • DEX/CEX流動性:10%
  • マーケティング:20%

このトークノミクスは、ミームコインプロジェクトの成功には欠かせないコミュニティのインセンティブと成長に比重を置いています。

同プロジェクトは、ミームコインのバイラルな話題を生かしつつ、市場をリードするAIユーティリティと強固なトークノミクスにより、長期的に見て最良の投資銘柄の1つとなることが期待されます。

本稿執筆時点において、WienerAIのプレセール価格は1トークンあたり0.00072ドルです。プレセール価格は段階的に値上がりが計画されており、次の値上がりは2日後、または資金調達額が630万ドルに達した際に予定されています。

$WAIの公式サイトはこちら


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BONKとミームネイター(Memeinator)2023年に飛躍する可能性を秘めたミームコインとは?

BONKとミームネイター(Memeinator)2023年に飛躍する可能性を秘めたミームコインとは?

Bitget:日本におけるブランドアンバサダーに「本田圭佑選手」を起用

Bitget:日本におけるブランドアンバサダーに「本田圭佑選手」を起用

ドラファクトリー、1,000万ドルを戦略的資金調達

ドラファクトリー、1,000万ドルを戦略的資金調達

0.04ドルでプレセール開催中|初期投資の機会を提供する新しい仮想通貨プロジェクト

0.04ドルでプレセール開催中|初期投資の機会を提供する新しい仮想通貨プロジェクト

BaseFEX:第二回ベータテストにも「20BTC」を提供

BaseFEX:第二回ベータテストにも「20BTC」を提供

2023年9月:プレセール開催中の仮想通貨5選

2023年9月:プレセール開催中の仮想通貨5選

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説