Pepe Unchained($PEPU)プレセール数分で20万ドル調達!新レイヤー2ミームコインに注目集まる

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

今週、独自のイーサリアムレイヤー2ブロックチェーン上で新たにリリースされたカエルをモチーフにしたミームコイン、Pepe Unchained($PEPU)は、プレセール開始後数分で20万ドル以上の資金が集まり話題になっています。

Pepe Unchainedは、20,000%を超える年間利回り(APY)という他に例を見ない高額なステーキング報酬を提供することで多くの投資家に支援され、プレセール開始直後から巨額の資金を集めています。また、$PEPUは主要なERC-20ミームコインよりも低い手数料と高速取引を実現することで、ユーザーの利便性を高める特徴を持っています。

本稿執筆時点において、プレセール価格は1トークンあたり0.008ドルで取引されていますが、プレセール価格は段階的に値上げが計画されています。

プレセール終了後、$PEPUが大手取引所に上場した場合、価格は急騰する可能性があると期待されています。もし将来的に$PEPU=1ドルになった場合、現在価格で100ドル投資すると、12,500ドル相当の$PEPUを得ることになります。

Pepeの新しいレイヤー2トークンは単なるユーモラスや短期的な投機の対象ではありません。この記事では$PEPUトークン保有者に将来的にどのような利益をもたられる可能性があるのか、その詳細についてご紹介します。

従来のPepe($PEPE)が進化!チェーンから解き放たれる

Pepe Unchainedの画像

従来のPepe($PEPE)は、時価総額が50億ドルに迫り、仮想通貨市場で3番目に大きいミームコインです。

Pepeのキャラクターは、2009年にビットコインが登場する約4年も前に作成されました。Pepeは当初、Max Furie(マックス・フュリー)がデザインしたWebコミック「Boy’s Club」のキャラクターで、「feels good, man」というキャッチフレーズで知られていました。

擬人化されたカエルのPepeは、その後ミームコインのスターとなり、2019年から2020年の香港抗議運動にも登場するほどの人気を集めました。$PEPEの発売以来、Max Furieのコミックに触発された他のトークンも登場しましたが、$PEPEほどの成功を収めた例はありません。

とはいえ、Webコミックのキャラクターが数十億ドルもの巨額な資金を集めた事実は、その後ミームコイン市場に大きな影響を与えました。たとえば、最近発売されたBrett($BRETT)の時価総額は15億ドルを超え、$PEPEの模倣作として登場した$PEPECOINの時価総額は5億ドルに迫る勢いで急成長しています。

これらのバイラル性の高いミームコインの魅力は、プレリリース終了後に価格が高騰する可能性を秘めていることにあります。

たとえば、1年前に$PEPEを購入した方の保有資産は現在1,100%増加しているでしょう。また、30日前に$BRETTを購入していた場合、約200%の資産増が見込まれます。さらに、$PEPECOINを長期保有している方は、昨年の同時期と比べると8,861%という驚異的な資産増を経験しているはずです。

$PEPUは「Boy’s Club」に由来する他のミームコインと何が違うのでしょうか。特に注目すべき特徴は、Pepe Unchainedは、独自のイーサリアムレイヤー2を基盤としており、トークン保有者に20,000%を超えるステーキング報酬を提供していることです。これにより、$PEPUトークン保有者は長期的に驚異的な利回りによる利益を得ることができます。

$PEPUのレイヤー2機能とトークノミクス

Pepe Unchainedのトークノミクス画像

Pepe Unchained($PEPU)は、独自のEthereumレイヤー2ブロックチェーンで実行される初のPepeトークンを提供します。

Ethereumは現在、商業目的で最も重要なブロックチェーンとして利用されています。これは、多くのアプリケーション開発者とユーザーによる巨大なコミュニティの支持を集め、Ethereumが分散型金融(DeFi)のトップブロックチェーンとして認知されているためです。

しかし、Ethereumは1秒あたり約15件のトランザクション(tps)しか処理できず、ネットワークが混雑すると取引手数料が高騰することが問題視されています。

この問題を解決するために、多くのレイヤー2プロトコルが開発されました。レイヤー2は基盤となるEthereumネットワークの上に配置され、サイドチェーンでトランザクションを独立して処理し、その後レイヤー1ブロックチェーンに追加することが可能です。

たとえば、ネイティブの$MATICトークンで代表されるPolygonネットワークがレイヤー2の代表例として知られており、最大429tpsのトランザクション速度を発揮します。この他にも、598tpsという驚異的なトランザクション速度を記録したArbitrum($ARB)もあります。

レイヤー2プロトコルの基盤となるトークンは、合計220億ドルの時価総額に達しています。

Pepe Unchained($PEPU)は、レイヤー2のテクノロジーを活用することで、従来のミームコインよりも高い実用性を提供する初のミームコインです。Ethereumよりも100倍速いトランザクション速度と低価格の取引手数料を実現しています。さらに、メインチェーンから作業をオフロードするスケーラビリティの向上により、$PEPUは既存のレイヤー1ミームコインよりも遥かに優れた利便性を提供します。

同プロジェクトには、レイヤー2のすべてのトランザクションを確認するための専用ブロック・エクスプローラーが付属しており、Pepe UnchainedとEthereumのレイヤー1間において、高速かつ低コストのブリッジングを提供します。

Pepe Unchainedの画像

Pepe Unchainedのホワイトペーパーによると、総供給量80億トークンは以下のトークノミクスで分配されることが計画されています。

  • 先行販売(プレセール):20%
  • ステーキング:30%
  • マーケティング:20%
  • 流動性:10%
  • プロジェクトファイナンス:10%
  • チェーン在庫:10%

Pepe Unchainedに関する最新情報は、X(旧Twitter)およびTelegramをチェックしてみてください。

$PEPUの公式サイトはこちら


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

アナリストの見解:柴ミームとチンプジーの未来は?

アナリストの見解:柴ミームとチンプジーの未来は?

2024年、LinkedIn注目の仮想通貨プレセール「ミームネーター」

2024年、LinkedIn注目の仮想通貨プレセール「ミームネーター」

ゲーム特化型仮想通貨、弱気相場でも驚異的なパフォーマンス|PlayDogeのICOは500万ドル達成間近

ゲーム特化型仮想通貨、弱気相場でも驚異的なパフォーマンス|PlayDogeのICOは500万ドル達成間近

持続可能性:ビッグアイズコイン(BIG)のようなスタートアップのミームコインは、巨人ビットコインやドージコインが失敗した場所で成功できるのか?

持続可能性:ビッグアイズコイン(BIG)のようなスタートアップのミームコインは、巨人ビットコインやドージコインが失敗した場所で成功できるのか?

2023-2030までの柴ミーム価格予測|AI主導のミームコインを待ち受ける未来とは

2023-2030までの柴ミーム価格予測|AI主導のミームコインを待ち受ける未来とは

今注目のNFTやDeFiを活用するプロジェクトTimeCoinProtocol、VTuberプロダクションやゲームプレイヤーマッチングサービスも!

今注目のNFTやDeFiを活用するプロジェクトTimeCoinProtocol、VTuberプロダクションやゲームプレイヤーマッチングサービスも!

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説