Astar Network「3億5,000万ASTRのバーン提案」が可決|総供給量の5%を処分

by BITTIMES

アスターネットワーク(Astar Network/ASTR)は2024年7月3日に、ASTR総供給量の5%に相当する3億5,000万ASTRをバーン(焼却処分)する提案が可決したことを発表しました。

バーン(焼却処分)とは、特定の仮想通貨を二度と利用できないウォレットに送金することによって利用不可にし、仮想通貨の供給量を減らす行為のことであり、供給量削減で希少価値が高まることによって、通貨1枚あたりの価格上昇に繋がると期待されています。

今回のASTRバーン提案は2024年6月4日に公表されていたもので、コミュニティ投票で承認された場合に実施される予定となっていましたが、今回はこの提案が正式に可決したことが報告されています。

🔥 3億5000万ASTRのバーン提案が可決!

Astar Foundationは、ジェネシスで割り当てられた初期トークン供給量の5%にあたる3億5000万ASTRのトークンバーンを宣言しました。この決定は、最近のガバナンス投票で圧倒的な支持を得て行われました。

詳細については、以下をお読みください。

バーンされる3億5,000万ASTRは、ポルカドット(DOT)のシステムアップデートによって不要になったASTRで、今後はASTRバーンを実施するための調整と準備が進められることになっています。

これらのASTRを処分することによって、Astar Networkで展開されているdAppステーキングのステーキング報酬が増加すると予想されています。

Astar Networkでは、dAppステーキングのシーズン2も始まっていて、一部のプロジェクトでは「ステーキングを行っている貢献者に対してトークンをエアドロップする方針」も発表されています。

>>アスター関連の最新ニュースはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

イーサリアム2.0「正式リリース」ビーコンチェーンがついに稼働

イーサリアム2.0「正式リリース」ビーコンチェーンがついに稼働

運動して仮想通貨を稼ぐ「Move to Earn:M2E」関連アプリまとめ|基本情報・特徴など

運動して仮想通貨を稼ぐ「Move to Earn:M2E」関連アプリまとめ|基本情報・特徴など

ビットコインETFとは?市場への影響や注目される理由などを解説

ビットコインETFとは?市場への影響や注目される理由などを解説

MetaMask:RPCプロバイダー「Infura」使用時にはユーザー情報を収集(追記あり)

MetaMask:RPCプロバイダー「Infura」使用時にはユーザー情報を収集(追記あり)

カルダノ(Cardano/ADA)開発企業「公式サイトが日本語対応」Input Output

カルダノ(Cardano/ADA)開発企業「公式サイトが日本語対応」Input Output

Celoの新たなレイヤー2テストネット「Dango」がローンチ

Celoの新たなレイヤー2テストネット「Dango」がローンチ

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説