Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

by BITTIMES

アスターネットワーク(Astar Network/ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法を画像付きでわかりやすく解説します。

dApp Stakingとは?

dApp Stakingとは、Astar Networkを活用した分散型アプリケーション(dApp)を構築する開発者を支援しながら、ステーキング報酬を獲得できるアスター独自のステーキングメカニズムです。

一般のASTR保有者は、自分が保有するASTRを好きなプロジェクトにステークすることによって、そのdAppの開発者を支援しながら報酬を獲得できます。

ステーキング期間中はステークした分のASTRがロックされることになり、ステーキング解除後も10日間は資産を送金したりすることができなくなるため注意が必要ですが、長期的にASTRを保有する場合には魅力的なものとなっています。

dApp Stakingは「Astar Portal」と呼ばれる専用サイトの「dApp Staking」ページから行うことができますが、ステーキングを開始するためには「Polkadot{.js}」などの自己管理型ウォレットでASTRを保管しておく必要があります。

また、ステーキングするためには「最低500 ASTR」が必要で、ステーキング申請後もウォレット内に「10 ASTR」を残しておく必要があるため、「ステーキングするためには511 ASTR以上をウォレットに準備する必要がある」ということになります。

「Polkadot{.js}のウォレット作成方法」や「ASTRを売買できる国内取引所」は以下の記事にまとめていますので、こちらの記事もあわせてご覧ください。

dApp Stakingの利用方法

1.「Astar Portal」にアクセスして、画面右上にある「ウォレットマーク」をクリックする。

Astar Portalの画面右上にある「ウォレットマーク」をクリックAstar Portalの画面右上にある「ウォレットマーク」をクリック

2.接続可能なウォレットの一覧が表示されるため、サイトに接続するウォレットを選択する。

サイトに接続するウォレットを選択サイトに接続するウォレットを選択

3.ウォレット情報が表示されるため、接続するウォレットにチェックを入れて「接続」をクリックする。

接続するウォレットにチェックを入れて「接続」をクリック接続するウォレットにチェックを入れて「接続」をクリック

4.ウォレットを接続すると、トップページに「自分のウォレットアドレス」と「保有資産」が表示されます。資産が足りていることを確認したら、画面左側のメニュー欄にある「dApp Staking」をクリックします。

画面左側のメニュー欄にある「dApp Staking」をクリック画面左側のメニュー欄にある「dApp Staking」をクリック

5.「dApp Staking」のページ移動すると、ページ下部に「ステーキング可能なプロジェクトのリスト」が表示されます。この中から自分が応援したいプロジェクトを選択しましょう(※審査通過済みのプロジェクトのみを表示)。

リストの中から好きなプロジェクトを選択リストの中から好きなプロジェクトを選択

6.プロジェクトを選択すると、そのプロジェクトの公式サイト・公式SNS・詳細情報などが表示されます。プロジェクトによっては追加報酬が得られる場合もあるため、詳しく調べて自分の好みに合ったプロジェクトを選ぶことをおすすめします。

プロジェクトの詳細ページに設置されている「Vote & Stake」のボタンをクリックすれば、実際のステーキング作業に移ることができます。

好きなプロジェクトを選んで「Vote & Stake」のボタンをクリック好きなプロジェクトを選んで「Vote & Stake」のボタンをクリック

7.「Vote & Stake」をクリックすると、ステーキング数量の入力画面が表示されます。

ステーキングには「500 ASTR以上」が必要で、ウォレットには「10 ASTR以上」を残す必要があるので、それを考慮してステーキング数量を指定します。

数量を入力して内容が問題なければ「確認」をクリックして次に進みます。

ステーキング数量を入力して「確認」をクリックステーキング数量を入力して「確認」をクリック

8.「確認」をクリックした後は、ウォレット側で取引内容に署名する必要があります。取引内容に問題がないかを確認したら、必要に応じてウォレットのパスワードなどを入力し、取引に署名しましょう。

ウォレット側で取引に署名するウォレット側で取引に署名する

9.以上で「dApp Staking」のステーキング作業は終了となります。自分のステーキング状況・譲渡可能数量・ロック数量・報酬などの各種情報は「アセット」のページで確認することができます。

「アセット」のページでステーキング状況などを確認可能「アセット」のページでステーキング状況などを確認可能

なお、日本の暗号資産取引所である「GMOコイン」や「OKCoinJapan」では、より簡単にASTRをステーキングできるサービスも提供されています。

>>アスター関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Solana Mobile:Web3スマートフォン「Saga」リリース|特徴やスペックなども

Solana Mobile:Web3スマートフォン「Saga」リリース|特徴やスペックなども

PayPal(ペイパル)で「暗号資産の売買」が可能に?公式サイトには求人募集も掲載

PayPal(ペイパル)で「暗号資産の売買」が可能に?公式サイトには求人募集も掲載

BINANCE:ドイツの投資会社「CM-Equity」と提携|サービスの提供範囲拡大へ

BINANCE:ドイツの投資会社「CM-Equity」と提携|サービスの提供範囲拡大へ

Huobi Japan「ベーシックアテンショントークン(BAT)」取扱いへ

Huobi Japan「ベーシックアテンショントークン(BAT)」取扱いへ

高級ファッションブランドが「IOTA/MIOTA」の分散型台帳(DLT)活用:ALYX

高級ファッションブランドが「IOTA/MIOTA」の分散型台帳(DLT)活用:ALYX

Symbol(XYM)を食品分野で技術活用「第2回フードNFTを食べる会」開催

Symbol(XYM)を食品分野で技術活用「第2回フードNFTを食べる会」開催

注目度の高い仮想通貨ニュース

ジャスミー × パナソニックAD「Web3プラットフォーム創造」に向けて協業

ジャスミー × パナソニックAD「Web3プラットフォーム創造」に向けて協業

仮想通貨ニュース週間まとめ「Cardano・Symbol・Shiba Inu」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「Cardano・Symbol・Shiba Inu」などの注目記事

2032年に500万ドル「S2Fモデルに基づくビットコイン価格予想」PlanB氏

2032年に500万ドル「S2Fモデルに基づくビットコイン価格予想」PlanB氏

Web3ベースレイヤー『Mystiko.Network』がシード資金調達ラウンド終了|1,800万ドルを調達

Web3ベースレイヤー『Mystiko.Network』がシード資金調達ラウンド終了|1,800万ドルを調達

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

SHIB公式パートナーのK9 Finance DAO「初代委員会メンバー11名」を発表

SHIB公式パートナーのK9 Finance DAO「初代委員会メンバー11名」を発表

Apple製チップで「秘密鍵流出に繋がる修正不可能な脆弱性」報告|深刻さに関する補足説明も

Apple製チップで「秘密鍵流出に繋がる修正不可能な脆弱性」報告|深刻さに関する補足説明も

2025年までにビットボットのトークンが、新たなAI技術で飛躍する可能性

2025年までにビットボットのトークンが、新たなAI技術で飛躍する可能性

メルカリ「ビットコイン決済でBTCが戻ってくるキャンペーン」開始

メルカリ「ビットコイン決済でBTCが戻ってくるキャンペーン」開始

シバイヌ(SHIB)に複数の強気シグナル|LunarCrushのAltRankで「2位」獲得

シバイヌ(SHIB)に複数の強気シグナル|LunarCrushのAltRankで「2位」獲得

価格下落が続くビットコイン、著名アナリストが注目するサポートラインは?

価格下落が続くビットコイン、著名アナリストが注目するサポートラインは?

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す