Robinhood:仮想通貨サービスをハワイ、プエルトリコなどに拡大|先物取引も検討

by BITTIMES

ハワイ、プエルトリコ、バージン諸島で利用可能に

米国で人気の投資アプリRobinhood(ロビンフッド)は2024年7月2日に、ロビンフッドの仮想通貨取引サービスがハワイ、プエルトリコ、バージン諸島で利用可能になったことを発表しました。

Robinhood(ロビンフッド)は、スマホアプリから手数料無料で株式、オプション、暗号資産などに投資できる人気の投資アプリであり、以下のような銘柄を含む人気の仮想通貨も多数サポートしているため、仮想通貨投資家からも高い評価を獲得しています。

ロビンフッドは米国で人気の仮想通貨投資アプリの1つとなっていますが、同サービスを利用できる地域は限られていたため、今回のサービス提供拡大によって仮想通貨取引がより活発になり、Robinhoodが取り扱っている各種仮想通貨の成長にも繋がると期待されています。

ロビンフッドの仮想通貨取引サービスがハワイ、プエルトリコ、米領バージン諸島で利用可能に🔥

今後数ヶ月以内には先物取引も提供?

Robinhood(ロビンフッド)は、今後数ヶ月以内に米国と欧州で仮想通貨先物取引サービスを開始することも検討しているとも報じられています。

このニュースはBloombergが関係者の話として2024年7月2日に報じたもので、仮想通貨取引所Bitstamp(ビットスタンプ)の買収が完了した後に、同社のライセンスを利用してビットコイン・イーサリアム・その他トークンの永久先物取引を提供する予定だと伝えられています。

この計画はまだ公表されているものではないため、関係者は匿名を条件に今回の計画を明かしたとのことで、仮想通貨先物取引サービスはすぐに提供開始されるわけではないとも報告されています。

>>最新の仮想通貨ニュースはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

上昇続く仮想通貨市場「数十億円規模の送金報告」相次ぐ|今後の目標価格は?

上昇続く仮想通貨市場「数十億円規模の送金報告」相次ぐ|今後の目標価格は?

無料で遊べるブロックチェーンゲーム「EGGRYPTO」公開【モンスター育成バトル】

無料で遊べるブロックチェーンゲーム「EGGRYPTO」公開【モンスター育成バトル】

日本セキュリティトークン協会「ADワークスグループ・ゼタント」の2社が新規入会

日本セキュリティトークン協会「ADワークスグループ・ゼタント」の2社が新規入会

「イーサリアム価格は2018年に3倍の15万円を超えるだろう」ノボグラッツ氏インタビューにて発言

「イーサリアム価格は2018年に3倍の15万円を超えるだろう」ノボグラッツ氏インタビューにて発言

クジラウォレットへのSHIB流入額が「2,595%」増加|下落中に買い増しか?

クジラウォレットへのSHIB流入額が「2,595%」増加|下落中に買い増しか?

NEM財団:カタパルトの「新名称SYMBOL」及び「パブリックテスト開始」を発表

NEM財団:カタパルトの「新名称SYMBOL」及び「パブリックテスト開始」を発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説