Uniswap Wallet「20以上の決済手段に対応する仮想通貨購入機能」追加|Transakと提携

by BITTIMES

仮想通貨ウォレットであるUniswap Wallet(ユニスワップウォレット)が、Web3決済インフラを提供するTransak(トランサック)との提携を通じてオンランプ機能(仮想通貨の購入機能)の提供を開始したことが明らかになりました。

ユニスワップウォレットは、分散型取引所(DEX)を展開している「Uniswap Labs」の仮想通貨ウォレットであり、複数の暗号資産をまとめて管理できるだけでなく、仮想通貨の交換機能なども搭載されています。

今回追加されたオンランプサービスは法定通貨を仮想通貨に交換できるサービスで、160カ国以上で仮想通貨を購入できるだけでなく、Apple Pay/Google Pay、デビット/クレジットカード、銀行振込など20以上の支払い方法に対応すると報告されています。

これまでにないDeFiの世界へオンボード!Transak 🤝 Uniswap

📰 詳細はこちら:TheBlock
🔗 https://bit.ly/TheBlock_Uniswap

🦄 UniswapがTransakのオンランプを統合し、ユーザーに優しいDeFiオンボーディング体験を提供します 💸

🌍 160以上の国から購入可能
💳 デビット/クレジットカード、銀行振込など20以上の支払い方法に対応

ユニスワップは仮想通貨ユーザーの利便性を向上させるための取り組みを続けていて、今年2月には仮想通貨の交換をより簡単&スムーズにする全く新しいブラウザ拡張機能「Uniswap Extension」も発表されています。

>>ウォレット関連の最新ニュースはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Zofuku:仮想通貨決済対応の「不動産売買仲介サービス」開始|BTC・ETH・DOTなど

Zofuku:仮想通貨決済対応の「不動産売買仲介サービス」開始|BTC・ETH・DOTなど

LINE NEXT:グローバルNFTプラットフォーム専用ウォレット「DOSI Wallet」提供開始

LINE NEXT:グローバルNFTプラットフォーム専用ウォレット「DOSI Wallet」提供開始

Walmart「NFT・メタバースなどに関する商標登録」を申請|暗号資産発行の可能性も

Walmart「NFT・メタバースなどに関する商標登録」を申請|暗号資産発行の可能性も

【重要】c0ban取引所「口座維持手数料・自動解約」導入へ|利用者は要注意

【重要】c0ban取引所「口座維持手数料・自動解約」導入へ|利用者は要注意

The Sandbox「The Mega City 2 LANDセール」4月28日から開催へ

The Sandbox「The Mega City 2 LANDセール」4月28日から開催へ

PUMA(プーマ)ブロックチェーンドメイン「puma.eth」を取得|Twitterアカウント名も変更

PUMA(プーマ)ブロックチェーンドメイン「puma.eth」を取得|Twitterアカウント名も変更

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説