Bitcoin Cashで購入できる”過去から来た”未来のFord Mustang

by BITTIMES   

Ford Mustang(フォード・マスタング)を中心としたカスタム車の製造・販売店である「Classic Recreations(クラシック・レクリエーション)」は、ビットコインキャッシュ(BCH)やイーサリアム(ETH)などの複数の仮想通貨決済を受け入れています。

Fordから認可された「Classic Recreations」

Classic Recreations

オクラホマ州に本社を置く「Classic Recreations(クラシック・レクリエーション)」は、Ford Mustang(フォード・マスタング)のヴィンテージモデルの復元と強化に特化しています。
Ford社は彼らに対してオリジナルバージョンの入手が困難とされる"特定のマスタングモデルの新しいバージョン"を構築することを認可しており、同社はこれらのモデルを"複製品"ではなく"継続モデル"と呼んでいます。

クラシック・レクリエーションは、これらの復元されたモデルと再構築されたモデルを、"過去のもの"から"未来のもの"へと進化させていると言えるでしょう。

これらの車に価格はありませんが、"最も安いモデル"つまり再構築された最新の「Shelby GT 350CR」の価格は、149,000ドル〜(約1,644万円〜)となっています。これは「Shelby GT500、900CR」の価格、249,000ドル〜(約2,747万円〜)と比べるとはるかに安いことがわかります。

仮想通貨決済で世界と繋がる

「Classic Recreations」は、仮想通貨決済を受け入れた初めてのカスタムカービルダーであると主張しています。

クラシックレクリエーションは、
ビットコイン(BTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)
イーサリアム(ETH)
・ドカデミック(MTC)
での支払いを受け付けています。しかし彼らは、これらの特定の通貨だけに制限してるわけではないとも語っており、その他のアルトコインの需要が高まった時には、現在の通貨と同じように新しい通貨も採用したいと考えているとのことです。

Classic Recreationsの創設者であるジェイソン・エンジェル(Jason Engel)氏は、仮想通貨決済を活用することによって、顧客基盤を拡大し、『世界のどこにいる消費者とでも繋がることができる』と考えています。

仮想通貨は長い道のりを歩み、世界市場で正当な通貨としての地位を固め続けています。

自動車業界は以前から多くの企業が仮想通貨を積極的に導入しています。Fordは「CMMPトークン」という独自トークンを活用して、交通渋滞などの問題を改善できるという特許も出願しています。

ビットコイン決済は日本を含めて世界中で利用できるようになってきています。2020年のオリンピック開催に向け、車の販売やレンタカーサービスなど、来日する外国人へ向けて今のうちから仮想通貨決済の導入を進めていくのも良いかと思います。

ビットコインキャッシュ(BTH)の購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bakktのビットコイン先物「今後2ヶ月以内」に開始か|米市場調査会社が予想

Bakktのビットコイン先物「今後2ヶ月以内」に開始か|米市場調査会社が予想

テレグラムの独自通貨Gram:仮想通貨取引所「Blackmoon」上場の可能性

テレグラムの独自通貨Gram:仮想通貨取引所「Blackmoon」上場の可能性

スイス大手ビジネス誌:仮想通貨を「一面記事」で特集|BTC称賛するコメントも

スイス大手ビジネス誌:仮想通貨を「一面記事」で特集|BTC称賛するコメントも

ステーブルコイン:ジェミニドルの流通量「約80%」がHuobiに|集中化の理由と懸念点

ステーブルコイン:ジェミニドルの流通量「約80%」がHuobiに|集中化の理由と懸念点

旅行予約で仮想通貨が使える「TravelbyBit」エクスペディアと提携し、対応ホテルを拡大

旅行予約で仮想通貨が使える「TravelbyBit」エクスペディアと提携し、対応ホテルを拡大

米証券取引委員会:どの仮想通貨が有価証券か?判断基準となる「ガイダンス提供」計画

米証券取引委員会:どの仮想通貨が有価証券か?判断基準となる「ガイダンス提供」計画

注目度の高い仮想通貨ニュース

著名作家Jeff Booth:ビットコインは「世界の準備通貨」になる可能性が高い

著名作家Jeff Booth:ビットコインは「世界の準備通貨」になる可能性が高い

総合格闘技団体PFL「Socios.com」で公式ファントークン発行へ|投票イベントなどを開催

総合格闘技団体PFL「Socios.com」で公式ファントークン発行へ|投票イベントなどを開催

Apple Payと互換性のある「バーチャルVisaカード」発表:仮想通貨決済企業Crypterium

Apple Payと互換性のある「バーチャルVisaカード」発表:仮想通貨決済企業Crypterium

Zaif:取り扱い廃止通貨の「出金スケジュール」変更へ|出金可能時期は2020年末まで

Zaif:取り扱い廃止通貨の「出金スケジュール」変更へ|出金可能時期は2020年末まで

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月11日〜17日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月11日〜17日

日本暗号資産市場社:ICB購入でイーサリアムがもらえる「ETH山分けキャンペーン」開催

日本暗号資産市場社:ICB購入でイーサリアムがもらえる「ETH山分けキャンペーン」開催

LINE:中央銀行デジタル通貨の「開発支援」を計画|独自技術活かしたカスタマイズCBDC

LINE:中央銀行デジタル通貨の「開発支援」を計画|独自技術活かしたカスタマイズCBDC

暗号資産、税金制度変更の可能性は?金融庁「2021年度 税制改正要望項目」を公開

暗号資産、税金制度変更の可能性は?金融庁「2021年度 税制改正要望項目」を公開

【Cardano/ADA】Ouroborosの論文「2015年〜2019年で最も引用された論文の1つ」に選出

【Cardano/ADA】Ouroborosの論文「2015年〜2019年で最も引用された論文の1つ」に選出

トレザーの新たなデスクトップアプリ「Trezor Suite」ベータ版公開:SatoshiLabs

トレザーの新たなデスクトップアプリ「Trezor Suite」ベータ版公開:SatoshiLabs

カンボジア中央銀行:CBDC「Bakong(バコン)」運用開始|日本企業が共同開発

カンボジア中央銀行:CBDC「Bakong(バコン)」運用開始|日本企業が共同開発

Zaif:販売所取引サービスで「グループ会社発行の3通貨」取り扱い開始

Zaif:販売所取引サービスで「グループ会社発行の3通貨」取り扱い開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す